Ready for Playoffs【NBA_Pacers】

2011年04月14日 16:17

5年ぶりのプレイオフ進出を決めたインディアナ・ペイサーズ。
対戦相手は今シーズントップシードを獲得したシカゴ・ブルズ。
マイケル・ジョーダンvsレジー・ミラーの因縁があるように
思えますが、プレイオフではあのシリーズ1度だけしか対戦
したことがありません。

全てのポジションで劣勢ではありますが、レギュラーシーズンの
最後の試合はオーバータイムの末勝利しています。
相性最悪のままプレイオフに突入せずに済みましたが、
ブルズはラスト21試合で19勝だそうです。
怪我人続出ながらも最高勝率で終えた今シーズンは
まさしく新生ブルズの誕生でした。
Ps.png
そんなチームと当たるのが運がよいのか悪いのか分かりませんが
どうせならぼろぼろにやられてしまうのもいいと思います。
その中で足りないものをそれぞれが感じてくれればですが。

プレイオフの日程も決定しました。
少なくとも2試合はインディアナで試合を行う事ができますが、
3回やるには2回勝たないといけません。ブルズも1試合くらい
ミスをする可能性は0ではありませんが、2勝は相当厳しそうです。

時間は現地時間、右が日本時間。赤が@CHI、青が@IND。
Game1 4/16(土) PM1:00 / 4/17(日) AM2:00
Game2 4/18(月) PM9:30 / 4/19(火) AM10:30
Game3 4/21(木) PM7:00 / 4/22(金) AM8:00
Game4 4/23(土) PM2:30 / 4/24(日) AM3:30
Game5 4/26(火) / 4/27(水)
Game6 4/28(木) / 4/29(金)
Game7 4/30(土) / 5/1(日)

ゲーム2,4,7がTNT放送なのですが、レジー来ませんかね?
やはりLAでの仕事優先でしょうか。。。

4/13 15ゲーム【NBA】

2011年04月14日 13:25

今日は全てのチームがレギュラーシーズン最終戦を行い、
15ゲームが開催されました。

プレイオフに入ると客席にいるジャック・ニコルソンや
スパイク・リー、レオナルド・ディカプリオ等を探す作業も
始まります。楽しみです。

スパーズが破れ、ブルズが勝利したため、ブルズが
トップシードでホームコートアドバンテージを獲得です。

 NYK 102 - 112 BOS
 ATL 85 - 96 CHA
 WAS 93 - 100 CLE
 IND 74 - 92 ORL
 DET 104 - 100 PHI
 MIA 97 - 79 TOR
 NJN 92 - 97 CHI
 NOH 89 - 121 DAL
 HOU 121 - 102 MIN
 MIL 110 - 106 OKC
 DEN 103 - 107 UTA
 POR 86 - 110 GSW
 MEM 103 - 110 LAC
 SAS 103 - 106 PHX
 LAL 116 - 108 SAC

ブルズ:9連勝で62-20
ヒート:4連勝で58-24
マブス:4連勝で57-25
バックス:3連勝で35-47
ホーネッツ:3連敗で46-36
ネッツ:5連敗で24-58
ホークス:6連敗で44-38
ウルブズ:15連敗で17-65

ポイントリーダー
 K.ブライアント(LAL) 36 / E.ハウス(MIA)、C.バディンジャー(HOU) 35
アシストリーダー
 Mチャルマーズ(MIA) 13 / J.ファーマー(NJN) 12 / G.ドラギッチ(PHX)他 11
リバウンドリーダー
 J.マグロワ(MIA) 19 / S.ダレンベア(SAC) 18 / J.J.ヒクソン(CLE)他 13

ゲーム82 @オーランド【NBA_Pacers】

2011年04月14日 11:56

今シーズンも今日で終わりです。最終戦はアウェイでマジックと対戦。
勝敗よりも調整になればいいなという感じでしたが、チームとしての
まとまりはあまり無かったような感じで、ORLもシュートが好調とは
言えなかったのでこの点差で済んでいますが、特に見所のない試合でした。

終盤にオースティン・クロージアから
「今もこの試合を見続けている人がいるとしたら、それは
 真のペイサーズファンだ」
とtweetさせるほどの内容。
INDが9/25、ORLが8/26と3PTの練習会みたいな感じでしたね。

ヒバートは9分の出場で5ファール。0ポイント3リバウンドでした。
NBA.comのパワーランキングでジキルとハイドプレイヤーオブザイヤーと
称されていただけのことはあります。

ダニーは最初からお休みでダンテがスタメン出場。
こういう消化試合的な場合は若手の活躍に期待したかったですが、
ハンズブローもポールもいまいち。
サブのMDJとラッシュの調整にはなったかな?というのが
せめてもの救いです。

あまり出番のなかったソロモン・ジョーンズも登場しましたが
ネタか?と言うくらい酷かったですね。リバウンドは6個取っていますが
FGは0/6。フリーでダンクを狙えるのにレイアップのできそこない
みたいなシュートを打って外し、リバウンドは取ってファールを
貰ったものの、FTは1/2。トータルでもその1点のみ。
来期契約してくれるチームがあるか不安になりますね。

T.J.フォードはブザービーターで決めたシュート1本のみ。
今季で契約が最終年の5人のうち2人はこんな感じでした。

あとの3人はジェフがお休み。MDJが16ポイント。一人で11連続得点、
その間11-2のランという流れを作り、いい調整。
McBobは7ポイント5リバウンドと良くも悪くもなく。
今日の全体的な出来をみれば上出来ではあります。

リバウンドで35-55と惨敗してしまったのが残念ですが、
久しぶりのプレイオフが待っていますので、これが
最終戦でなくて良かったです。

LPBBも終盤故障したのか、映像が映らず。
いつのまにかGame Endとなっていました。
[ゲーム82 @オーランド【NBA_Pacers】]の続きを読む


New