ゲーム1の試合後の様子【NBA_Pacers】

2011年04月18日 16:15

試合後のロッカールームは落ち込むというより、
フラストレーションが貯まっていたようです。

45分間一度も追いつかれずにやってきて
残り1分で負けですからね。

ダレン・コリソンは前半に限っては今シーズンベストのプレイ。
タイラー・ハンズブローはブーザーに打ち勝ち、
ロイ・ヒバートは前半はインサイドを支配していた。

前半はコリソンとヒバート、後半はブローとダニー。
とそれぞれの活躍が見られましたが、後半に後一人
好調なプレイヤーがいれば結果も変わったかもしれません。

次はリバウンドを改善して貰いたいですね。オフェンスリバウンド
21本はいくら何でも取られすぎでした。

フランク・ボーゲル
「ローズにやられたね。多くのリバウンドはローズのドライブに
 対応して、ボックスアウトにうまく動けなかった。それを拾われて
 ポイントに繋げられてしまったよ。」

ロイ・ヒバート
「スイープなんてさせないよ。次の試合は取らなければいけない。
 我々は勝利に飢えている。ゲーム1の時よりも更にね。」

フランク・ボーゲル (日曜日の練習後のインタビュー)
「彼らは土曜日の試合前、自信を持って練習をしていたよ。
 そして、それは今も続いている。
 あの試合で自信を無くしたなんてことは全くないよ。」

ダニー・グレンジャー
「ローズに21本もFTを打たれたり、40ポイントも決められたりしては
 いけない。それらの数字は我々の負けを表している。
 これを食い止めるのが次の試合での最優先事項だよ。
 もちろん他のプレイヤーが優れていることは分かっている。
 でも優先事項はデリック・ローズだ」

そしてダニーはローズについてこう言っています。
「It's like a crazy stalker ex-girlfriend」
妙に納得出来ますね。敵プレイヤーとしてあれだけ
嫌なプレイヤーはそう多くいません。ローズの成長っぷりは
恐ろしいです。

ペイサーズにとっては残り3分までは間違いなくベストゲームでした。
そこからやられてしまった訳ですが、決めきれなかったペイサーズと
いうよりも、そこからでも勝てるブルズの実力とも言えます。

シーズン1勝3敗でしたが、その1勝もオーバータイムにせずに
勝てる試合をわざわざ延長までもつれての勝利となるくらい
非常に際どいゲームでした。つまり、これが単純な実力差です。

リーグ1位のブルズからプレイオフで1勝するということは
自分たちのベスト以上のプレイをしなければいけないという事ですね。
誰かがベストならいいという訳ではなく、全員がベストの
プレイを出来なければ勝てません。

実際は分かりませんが、ボーゲルさんの発言を信じるとすれば
まだ気持ちは切れていない様子。
1試合の中でジキルとハイドプレイヤーオブザイヤーを体現
してしまったヒバート。彼が試合を通して存在感を示すことが
できれば面白くなりそうです。

あとは試合終盤の攻めの弱さを克服しないといけませんね。
これはシーズンを通しての課題なのでそろそろ次のステップへ
進みたいものです。

平均観客数ワースト1位【NBA_Pacers】

2011年04月18日 15:16

今年はプレイオフ進出を決めたにも関わらず、シーズンの
平均来場客数がリーグでビリだったそうです。

ESPNによると、コンセコフィールドハウスに駆けつけた
ファン(もちろん相手チームも含む)は平均13538人。
昨シーズンの平均は14202人、664人も減ってしまいました。

きっとこれはレブロン、ウェイドが同じチームになってしまった為、
キャブス戦の満員が見込めずにヒート戦だけ満員になったという
事実が響いているとも思われます。元々ラプターズ戦は
そこまで客入り良かった記憶はないのでボッシュは関係ないです。
Conseco Fieldhouse

さて、この13538人というのはコンセコのキャパの74.5%だそうです。
30位はペイサーズ、29位は13890人のキングスで、14000人以下は
この2チームだけだそうです。移転が決定的なキングスより下とは。
サクラメントは他のチームを呼び寄せてでもNBAチームを
存続させるつもりという声明を出していたそうですが、
サクラメント移住という可能性はあるのでしょうか。。。
今シーズンが始まる前に暫定的に解決した問題ではあるのですが。

99-00シーズンから徐々に減り続けている観客数。
NBAファイナルに進出したシーズンは毎試合18345人の
満員状態だったそうです。
まぁ満員で20000人入らないという時点で、仮に100%でも
他の2万人以上入るチームとは大きな差がつきますね。
都市、会場が狭い上に客が入らないとなると、それは貧乏チームに
なってしまいますよね。

ちなみにリーグ1位はブルズで平均21791人だそうです。
これは2位のブレイザーズの20510人より1000人以上アップという
素晴らしい動員数です。

今年はプレイオフに進めたから来シーズンは客増えるといいですね。
この様子だとゲーム3の客席に赤い服がいっぱいいそうで怖いです。
ホームなんだからホームらしく一色に染まっていて欲しいですね。

Pacers drop to last in attendance in NBA

Day2_プレイオフ1stラウンド 4ゲーム【NBA】

2011年04月18日 12:03

昨日は勢いでタイトルを付けたため、○日目っていうくくりが
正しいのか分かりませんが、取りあえずこのまま行ってみようと
思います。試合が無かった日はカウントしないルールで
やってみます。

今日は昨日試合の無かった8チームが試合を行い、
これで全ての第1試合が行われた事になります。

MEM☆ 101 - 98 SAS
 この試合も残り3分から怒濤の展開があったようです。
 残り2分41秒にパーカーのFTが2本きまり94-90とスパーズの
 4点ビハインド。グリズリーズはガソル弟がFTを得ましたが
 まさかの2投ミス。するとボナーに3PTを決められ94-93。
 そしてトニー・アレンがファールを受け、FTを打ちますが、
 こちらも2本ミス。SASはパーカーのシュートが外れたものの、
 オフェンスリバウンドを取ったダンカンからボナーへボールが
 渡り、2連続で3PTをヒット。残り1分28秒で94-96と逆転。
 MEMは経験不足がここで出てしまったのか、次のオフェンスで
 TO。ヒルがFTをもらい、こちらは2本決めて98-94。
 負けパターンになりそうな所をガソルがレイアップを決めて
 なんとか2点差へ。パーカーのショットが落ちると残り23.9秒に
 シェイン・バティエがなんと3PTを決めて99-98と再逆転。
 10.9秒にヒルの打った3PTは外れ、アレンがFTを獲得。
 今度は2本決めて101-98。SASはジェファーソンがフリーで
 3PTを打ちましたが外れてゲームセット。
 流れを持って行かれた所でまた呼び戻したMEM。
 フランチャイズ史上初のプレイオフ勝利です。
 MEM ザック・ランドルフ 25ポイント 14リバウンド 3アシスト
 SAS ティム・ダンカン 16ポイント 13リバウンド
 Game1 MEM vs SAS
---
NOH☆ 109 - 100 LAL
 さてさて、こちらも第4Q残り3分で96-92と接戦。レイカーズが
 4点ビハインドの所、ホーネッツはジャレット・ジャックが
 決めて98-92。更にコービーがTOでボールを失うと、クリス・ポール
 がシュートを決めて100-92。残り1分48秒で8点リードとします。
 LALはシュートが決まらず、NOHにはFTでポイントを稼がれ、
 残り1分を切っても10点差。オドムが2本の3PTを決めていますが、
 NOHも攻撃の手を緩めず、リードを保って敵地で先勝。
 NOH クリス・ポール 33ポイント 7リバウンド 14アシスト 
 LAL コービー・ブライアント 34ポイント 4リバウンド 5アシスト
---
NYK 85 - 87 BOS
 前半はニックスが12点リードで折り返しましたが、第4Qの
 早い時間にセルティックスが追いつきました。お互いに外さず
 点を取り合う時間があり、残り1分13秒にJOのレイアップで82-82。
 すると、残り37.8秒、NYKはダグラスが3PTを決めて3点リード。
 タイムアウト明けのBOSのオフェンスはインバウンドパスからの
 KGのアリウープ。時間を使わずに1点差にすることに成功。
 NYKの攻撃はメロが痛恨のオフェンスファールで、またBOSボール。
 完全なフリーとは言えない所からレイ・アレンが3PTをヒット。
 残り11.6秒で85-87とBOSが逆転に成功。NYKはタイムアウトが
 残っておらず、ボールを運んでメロにボールを渡すと、ドライブせずに
 ちょっと遠い位置から3PTを打ちました。しかしこれは外れ、
 ボールも跳ねていたためファールにいけず。残り1分を切ってからの
 劇的な逆転劇でBOSが1勝を手にしました。
 BOSはJOがFG6/6のパーフェクトで12pts、4blk。22分の出場の中で
 効率良くプレイできたようです。そして同じく元INDのトロフィーさん。
 今日は出場できず。使われないんですかね。。。
 ロンドが10pts、9reb、9astでトリプルダブル間近でした。
 NYK アマレ・スタウダマイヤー 28ポイント 11リバウンド
 BOS ケビン・ガーネット 15ポイント 13リバウンド 3スティール
---
DEN 103 - 107 OKC
 この試合、前半はナゲッツが優勢でしたが、第3Qにサンダーが追いつき、
 終盤までシーソーゲームとなりました。第4Q残り6分13秒に
 ウエストブルックのジャンプショットが決まって90-98と
 8点リードになり、OKCに流れが行ったかと思われました。
 しかしそこからDENが9-0のランで逆転に成功。
 デュラントとガリナリがそれぞれ決めて残り3分で101-100,
 DENリードとなりました。この試合も3分を過ぎて接戦。
 今年のプレイオフは熱すぎますね。
 そこから2分間、お互いに得点を重ねることが出来ませんでしたが、
 残り1分5秒にパーキンスがティップを決めてOKCが1点リード。
 DENはケニオン・マーティンがミドルを打ちましたがミス。
 OKCはタイムアウト明け、ウエストブルックがジャンパーを決めて
 101-104と3点リードへ。
 DENはフェルトンが苦しい体勢で3PTを打ちましたが外れて
 ファールゲームへ。最後にガリナリがFTを2本貰って両方とも
 決めましたが、ひっくり返すことはできず。
 接戦の末、ホームでサンダーが勝利しました。
 サンダーはデュラントとウエストブルックのダブルエースが
 二人で72点を取り、最後もしっかり締めました。
 DEN ネネイ 22ポイント 8リバウンド
 OKC ケビン・デュラント 41ポイント 9リバウンド


New