サバイバーシリーズ【NBA_Pacers】

2011年04月25日 16:48

まさしく首の皮一枚で繋がり、こんな状況のペイサーズ。
続く
4戦とも同じようなゲーム運びで負けるかと思いましたが、何とか
1勝を手にしました。第4Qに崩れるペイサーズが弱すぎるのか、
最後に追い上げができるブルズが強いのか。恐らく両方とも
正解だと思いますが、最後までエンジンのかかり切らないブルズ
というのもあるのかもしれません。

レギュラーシーズンのCHI-INDの対戦は以下の通り。
 12/13 IND 73 @CHI 92
 1/14 CHI 99 @IND 86
 1/29 IND 89 @CHI 110
 3/18 CHI 108 @IND 115
ペイサーズの1勝3敗は何度か書いたとおりですが、その得失点差は
-19点、-13点、-21点、+7点と勝った試合を含めても平均-11.5点。

しかしプレイオフに入ると、
Game1 IND 99 @CHI 104
Game2 IND 90 @CHI 96
Game3 CHI 88 @IND 84
Game4 CHI 89 @IND 84
順に、-5点、-6点、-4点、+5点と平均-2.5点です。
第3Qまで勝っていて最後に負けた試合とは言え、上出来です。
レギュラーシーズンとは違った彼らがいます。
0423_Game4 Pacers

特に第4戦ではローズ対策がうまく行ったのではないでしょうか。
怪我の影響もあるかもしれませんが、ポール・ジョージと
ダンテ・ジョーンズは良くやってくれています。

ダンテ・ジョーンズ
「我々は彼(ローズ)に心地よくプレイさせないようにしていきたい。
 レイカーズのクリス・ポールに対するディフェンスのようなものだ。
 成功する時もあるし、失敗する時もある。我々はこの勢いを維持して
 ゲームプランを実行するだけだ。」

ダンテが相手PGをマークするのは初めてではありません。
ナゲッツ時代に2009年プレイオフでも経験しています。
この2年間、ロスター入りすらしていないことも多かったですが
そんなダンテについてダニーの発言。
「リーグでも有数のディフェンシブプレイヤーだ。彼はリーグで
 最高のウイングディフェンダーの一人だ。ローズは好きな時に
 得点を取ることができるが、ダンテがそれを難しくするだろう。」
[サバイバーシリーズ【NBA_Pacers】]の続きを読む

Day9_プレイオフ1stラウンド 4ゲーム【NBA】

2011年04月25日 12:59

今日は4試合が行われています。
ファーストラウンドを最初に突破したのはセルティックス。
シクサーズはヒートに勝利し、スイープを免れました。また、
イースト4、5位対決でアップセットが起ころうとしています。

BOS☆☆☆☆ 101 - 89 NYK
 ボストンのスイープはラリー・バードがいた頃以来の
 出来事ということです。ニックスはビラップスが出場
 できないことが響いたのでしょうか。7年ぶりのプレイオフも
 0勝で終えることになってしまいました。
 マディソン・スクエア・ガーデンにはドラフト候補生の
 ケンバ・ウォーカーや元ニックスのラリー・ジョンソン、
 チャールズ・オークリー、そしてスパイク・リー等が
 観戦していたようです。
 BOS レイジョン・ロンド 21pts 5reb 12ast
 NYK カーメロ・アンソニー 32pts 9reb 3ast
 0424_BOSNYK.png
---
MIA☆☆☆ 82 - 86 PHI
 なんとシクサーズ、残り1分切ってからの大逆転劇で勝利。
 残り46.9秒、ホリデーの3PTが決まり、82-81と1点差に
 せまると、ヒートはウェイドがショットを外します。
 残り8.9秒、今度はルイス・ウィリアムスの3PTが決まり、
 82-84と逆転。最後はレブロンが打ちましたが、ブランドがブロック。
 こぼれ球をターナーが拾い、残り2.3秒でFTを2本沈めて4点リード。
 そのままPHIが勝利となりました。
 MIA レブロン・ジェームズ 31pts 7reb 6ast
 PHI エルトン・ブランド 15pts 11reb
---
ORL☆ 85 - 88 ATL☆☆☆
 レギュラーシーズンも3勝1敗と勝ち越しているホークスが
 マジック相手に王手をかけました。
 第4Qに同点にしたり、追い越すチャンスを作りながらもATLに
 逃げ切られてしまいました。ORLはドワイト以外に
 アリーナスが伸びましたが、スターターのターコルーが伸びず。
 ATL ジャマール・クロフォード 25pts 3reb 6ast
 ORL ドワイト・ハワード 29pts 17reb
---
LAL☆☆ 88 - 93 NOH☆☆
 第4Qから突き放しにかかったホーネッツでしたが、レイカーズも
 粘ります。残り30秒辺りで2点差にまで詰め寄りますが、
 残り9秒、ジャレット・ジャックがジャンプショットを決めて86-90と
 4点リード。この後、ガソルにダンクを決められましたが、ファールを
 もらったジャックがFTを2本とも沈めて4点リードをキープ。
 ジャックのショットとFTがで逃げ切り成功となりました。
 NOHはCP3がトリプルダブル。
 LAL コービー・ブライアント 17pts 6reb 8ast
 NOH クリス・ポール 27pts 13reb 15ast


New