シーズン終了【NBA_Pacers】

2011年04月28日 15:41

昨日の敗戦後のツイートなどを拾ってみました。

ポール・ジョージ
「素晴らしい1年だった。ありがとうインディ。強くなって帰ってくるよ」
「終末はカリフォルニアだ」

ダレン・コリソン
「前向きに考えよう。ペイサーズにとって良いシーズンだった。」
「来シーズンもプレイオフに戻ってくるよ。でも今はこのオフシーズンに
 自分のスキルを磨くつもりだ。やってやるさ。」
「そして今シーズンサポートしてくれたファンのみんな、ありがとう。
 来シーズンまた会えることを楽しみにしているよ、」

ロイ・ヒバート
「我々をサポートしてくれた全てのペイサーズファンに感謝を伝えたい。
 あなたたちはreal Pacers fanだ。特にエリア55に集まってくれたみんな、
 今シーズン本当にありがとう。」

契約面についても少しだけ。
T.J.フォード、マイク・ダンリービー、ジョシュ・マクロバーツ、
ソロモン・ジョーンズ、ジェフ・フォスターがFAとなります。
A.J.プライスの来シーズンの契約は保証されていませんが、
プレイオフでの働きをみれば正式な契約は間違いないでしょうね。
また、ジャマール・ティンズリーのサラリーもようやく終わり、
オフには約30ミリオンのキャップが空きます。

---
来シーズンも残るプレイヤー
PG:コリソン プライス ランス
SG:ラッシュ ダンテ
SF:ダニー ポール ポージー
PF;ブロー
C:ヒバート
---

ラリー・バードがFAについて少し話をしています。
1.得点とディフェンスが出来る背が高くて、運動能力のあるPF
2.ダニーの負担を軽減できるもう一人のペリメータースコアラー
これが最重要事項だそうです。

またバードはポールについて、私が会った中で5本の指に入る
若いプレイヤーだとお褒めの言葉。3ポイントラインより中での
ポイントを取る方法を学ぶ必要があるとの助言も。

ロッカールームでの立ち振る舞いに問題のある(?)
ランス・スティーブンソンについては、「彼がアホな事を
しない限りサポートするつもりだ」

ロッカールームの問題に関して、オフコートでリーダーシップを
震える人物が必要でもある。これはここ数年間ずっと抱えている問題で
コート上のエースはダニーであるけど、リーダーシップが
ある訳ではない。チームメイトから尊敬されるプレイヤーが
チームをまとめ、ランスの成長も助ける人材が必要である。
[シーズン終了【NBA_Pacers】]の続きを読む

Day12_プレイオフ1stラウンド 3ゲーム【NBA】

2011年04月28日 14:12

今日は全ての試合で勝ちぬけの可能性がありましたが、
どれも熱い試合になったようです。
自分は銀行のATMで長時間待たされて、MEM-SASの
試合をリアルタイムで眺めることができませんでした。残念。
5件以上の場合は一度列の後ろに並びなおすように。

PHI☆ 91 - 97 MIA☆☆☆☆
 第4Qに入り、ヒートが10点リードしたので、これはこのまま
 進むのかなと思っていたら、残り3分で84-86の2点差にまで
 詰めていました。レブロンにFTを2本決められたらイグダラが
 ジャンプショット、ボッシュにFTを2本決められたらヤングの
 ジャンプショットと、クラッチタイムに入ってもミスりません。
 そしてウェイドがテクニカルを取られ、ホリデーがFTを決めて
 1点差にしましたが、ボッシュのFTは2本とも決まり、また3点差。
 ここでもイグダラが決めましたが、そこで力尽きてしまいました。
 しかし最後まであきらめずに追いすがる底力は見せていましたね。
 シーズン中盤から一気に立て直してプレイオフも楽々決めた
 シクサーズ。来シーズンも楽しめるのではないでしょうか。
 PHI アンドレ・イグダラ 22pts 10reb 4ast
 MIA ドウェイン・ウェイド 26pts 11reb 7ast
---
MEM☆☆☆ 103 - 110 SAS☆☆
 前半はスパーズペースで42-50と8点リード。
 しかし第3Q、グリズリーズは26-15とSASを黙らせ、
 残り2分半に逆転に成功。そのまま競り続け、第4Q
 残り10秒、ジノビリがレイアップで93-92と
 1点差に詰め寄ると、ファールをもらったザックが
 2本ともFTを決めて95-92とMEMが3点リード。
 残り2.2秒にジノビリが更にジャンプショットを決めて
 もう一度ザックにファール。残り1.7秒で97-94となり
 MEMの勝ちぬけかと思いましたが、ルーキー、
 ゲイリー・ニールの3PTが決まり、まさかのオーバータイム。
 延長は1分49秒まで103-103の同点とどちらも踏ん張りましたが、
 パーカーが2点を決めた後、MEMは得点が止まってしまいます。
 ファールゲームにもつれ込みましたが、SASが逃げ切りに成功。
 ルーキーのもたらした奇跡がチームを救いました。
 しかし、次はメンフィスでの試合。まだMEMに分があります。
 8位と1位とは思えないこの対決。MEMは良いチームになりましたね。
 MEM ザック・ランドルフ 26pts 11reb 6ast
 SAS マニュ・ジノビリ 33pts 6reb 6ast 4stl
---
DEN☆ 97 - 100 OKC☆☆☆☆
 リードチェンジ19回と、こちらも大接戦になったようです。
 第4Q残り4分15秒、ナゲッツが91-82と9点リードをしていました。
 そこからDENはFGが決まらず、サンダーはデュラントの3PTや
 ハーデンの3PTで91-91の同点に追いついてしまいます。
 マーティンがティップショットを決めるとデュラントがステップバック
 ジャンプショット。ローソンが2本のFTを決めると、デュラントが
 カウントワンスローで残り1分に95-96と逆転。フェルトンが
 FTで再逆転しましたが、デュラントもFTを得て再々逆転。
 残り35秒、ネネがレイアップに行くと、イバカが今日9個目の
 ブロック。タイムアウト明け、OKCはまたしてもデュラントが
 シュートを決めて97-100と3点リード。DENの残り9秒、
 スミスの3PTはデュラントにブロックされ、最後にアフラロも
 3PTを打ちましたがミス。OKCがセミファイナル進出を決めました。
 DEN ケニオン・マーティン 14pts 10reb
 OKC ケビン・デュラント 41pts 5reb
---
今日はどの試合もチェックできなかったのがとても残念です。
シクサーズ、ナゲッツも今シーズンが終わってしまいました。
各チームの選手、ファンの皆様、お疲れ様でした。


New