Day40_ウエスタンカンファレンスファイナル ゲーム5【NBA】

2011年05月26日 15:00

ウエストの頂上決戦ゲーム5が行われました。
WCFG5_ESPN.png
最大8点のリードを奪い、第4Qは76-72のサンダー
リードで迎えました。ここまでOKCはデュラントが16pts、
ウエストブルックが25pts、マブスはノビツキーが17ptsでした。

お互いに点を決めつつ、OKCがリードをキープしていました。
残り5分49秒にコリソンがダンクを決めて90-83と7点リード
しましたが、そこからDALはFTで得点を繋ぎ、4分を切った所で
92-90と2点差にまで追いつきます。

OKCはウエストブルックのレイアップミスがありましたが、
リバウンドを自分で拾いタイムアウト。明けて次のオフェンスで
デュラントが23pts目となるフローティングジャンプショット。
お互いに1本ずつミスをし、OKCのオフェンスでハーデンがTO。
その後マリオンが決め手94-92と2点差。

デュラントのフェイダウェイは外れましたが、ウエストブルックが
リバウンド。チャンドラーからファールを貰いましたが、まだFTには
ならず。再度組み立て直したい所でしたがウエストブルックの
バッドパスでノビツキーがスティール。
1分21秒にノビツキーが3PTを打ちましたがミス。
しかしチャンドラーがリバウンドに絡んでいた為か、
ハンブル(だったでしょうか?)。テリーがボールを手し、
マリオン→ノビツキーとボールが回り今度は3PTを決めて
94-95と逆転に成功。
DALファンではない自分も見てて鳥肌が立ちましたよ。
ノビツキーがいる限り終わるまでOKCは油断できないとは
思っていましたが実際にこのクラッチショットを決めるとは。
すごいです。

OKCはメイノーのシュートが外れ、コリソンがオフェンスリバウンドを
獲りましたが、パスが外れてボールがマリオンへ。
そしてそのままファストブレイクでダンク。更にファールを貰って
3ポイントプレイで94-98と4点差へ。

次にOKCはウエストブルックがFT2本貰って両方とも決めます。
残り39秒でDAL2点差。ノビツキーがファールを誘いながら
シュートを打ちましたが、笛もなく外れました。
しかしマリオンがボールを弾き、キッドがボールをキャッチ。
すぐさまノビツキーに渡しファールゲームへ。
もちろんこれを2本決めたノビツキー。96-100と
リードを4点に広げてサンダーのラストプレイ。

デュラントの3PTミス、ウエストブルックがリバウンド、
ハーデンの3PTもミス、テリーがリバウンドで速攻のダンクへ。
これは得点になりませんでしたが、OKC選手はその場で呆然と
したまま敗戦。DALがNBAファイナルへの切符を手にしました。

今日はFGもその他のスタッツもそれほど大差がありません。
勝負所で強いDALが一歩も二歩も上だったという事でしょうかね。
第4Qのノビツキーとマリオンは素晴らしかったです。
最後リードを保てずに敗戦を繰り返してしまったOKC。
デュラントの落ち込み具合も相当なものだったと思われます。
10-11 Kevin Durant
OKC☆ 96 - 100 DAL☆☆☆☆
 OKC ラッセル・ウエストブルック 31pts 8reb 5ast
 OKC ケビン・デュラント 23pts 9reb
 DAL ダーク・ノビツキー 26pts 9reb
 DAL ショーン・マリオン 26pts 8reb 3ast 3blk
[Day40_ウエスタンカンファレンスファイナル ゲーム5【NBA】]の続きを読む

Day39_イースタンカンファレンスファイナル ゲーム4【NBA】

2011年05月25日 14:45

イースタンの頂上決戦第4戦目が行われました。
ECFG4_TNT.png
第4Qをブルズリードで迎え、最初にFTの1点で69-63と
6点位リードでしたが、レブロンのレイアップとマイク・ミラーの
3PT、ジャンプショットで7点連取し、68-69とヒートが
リードを奪い返します。

逆転したりされたりでお互いに点を決めつつ、時間が
過ぎていきますが、CHIはちょっとTOが多かったですかね。
残り1分26秒にブリュワーのFTが2本決まり、85-84と
CHIリード。するとMIAはボッシュがジャンプショットを決め
逆転。CHIはローズがファールを貰いFTを得ますが、
1本目をミス。2本目を決めて85-85の同点。
結果論ですが、このFTミスが明暗を分けました。
ウェイドとローズがそれぞれシュートを外すと
MIAが残り23秒でタイムアウト。明けてボールはレブロンが
保持。ラストプレイに行った所、ブリュワーがナイスDで
レブロンからチャージングをゲット。CHIにチャンスが
回ってきましたが、ローズがボールを持ってシュートを
打ったものの届かずオーバータイムへ。
FTミスも痛かったですが、このシュートセレクションも
あまり良いとは思えませんでした。

オーバータイムはMIAが主導権を握り、逃げ切りに成功。
CHIは2連続TOが響いて後が無くなりました。

ヒートはベンチ陣に活躍が見られました。ここの所
目立っていたハスレムは2ポイントに終わりましたが、
マイク・ミラーが12pts、9reb、チャルマーズも9ptsと
スターターばかりが目立つヒートも層の厚みが見えました。
と言いたいところですが、今日コートに立ったのは8人。
オーバータイムに突入したのに8人のみとは疲労がたまりそうですね。

ブルズはローズ、デン、ブーザーの3人が20点オーバーだったものの、
ローズが7TOとアシストよりも1つ多く、オフェンスのリズムに
乗れず。FGも8-27と入らないのに打ちすぎでしたかね。

全部を見ていた訳ではないのですが、終盤のCHIのオフェンスは
ローズにボールを集めないと始まらない事が多く、MIAは
ディフェンスしやすかったのではないでしょうか。もちろん
ローズのドライブから派生するオフェンスというのは武器ですが、
もうちょっとパスを回しても良かったんじゃないかなと。
一人で27本は打ちすぎですね。3PTが1/9と外も入らず。

最近ローズのプレイスタイルがアイバーソンと
似てるのかなと感じます。もうちょっと周りを活かしても
いいんじゃないかな?と思うことが増えましたね。
彼の爆発力が発揮できればそれでもいいかもしれませんが。

MIA☆☆☆ 101 - 93 CHI
 CHI カルロス・ブーザー 20pts 11reb 3ast
 MIA レブロン・ジェームズ 35pts 6reb 6ast

第1回プレドラフトワークアウト【NBA_Pacers】

2011年05月25日 11:41

ペイサーズは木曜日に第1回目のプレドラフトワークアウトを
行うようです。トレードなども考えられますが、現段階で
6月23日に行われるドラフトでINDは15位の指名権を持っています。

まずはPFに2人の有力候補のPFを混ぜてきました。
他の4名はPGやコンボガードで、今のINDでは既に満員状態の
ポジションです。

ジャジュアン・ジョンソン(JaJuan Johnson) パデュー大4年
ジャスティン・ハーパー(Justin Harper) リッチモンド大4年
コーリー・フィッシャー(Corey Fisher) ヴィラノバ大4年
ダリウス・モリス(Darius Morris) ミシガン大2年
ジョシュ・セルビー(Josh Selby) カンザス大1年
クリス・ライト(Chris Wright) ジョージタウン大4年
上の二人が上位ピックが予想されるビッグマンだそうです。
なお、このワークアウトは公開されないとのこと。

JaJuan Johnson Purdue
 身長6-10 体重220 インディアナ州出身
 20.5pts 8.6reb 2.3blk
 チームメイトのE'Twaun Mooreと共に140試合で107勝の学校記録。
 1巡目候補で、ビッグ10プレイヤー・オブ・ザ・イヤー、
 オールディフェンシブチームを受賞。
 運動能力は間違いなしだが、NBAでインサイドが通用するかが課題。

Justin Harper Richmond
 身長6-10 体重225 バージニア州リッチモンド出身
 17.9pts 6.9reb FG.534 3PT.448
 スイート16まで進出し、カンザス大戦では22pts、9rebを記録。

Josh Selby Kansas
 身長6-3 体重195 メリーランド州出身
 評価の高いフレッシュマンの一人ではあるが、足の疲労骨折で
 9試合欠場し、シーズンを台無しにしてしまった。26ゲームにしか
 出場できず、20.4min、7.9pts、2.2astをマーク。
 身長が6-3とSGとしてはサイズが足りず、NBAではPGとしての
 能力も開花させる必要がある。

Darius Morris Michigan
 身長6-5 体重190 カリフォルニア州LA出身
 平均15.0pts、6.7ast

Chris Wright Georgetown
 身長6-8 体重217 オハイオ州出身
 平均12.9pts 5.3ast
 シーズン最後の3試合を左手骨折で欠場。NCAAトーナメントで
 復帰したもののFGは3/13と落ち込み、チームも敗戦。

Corey Fisher Villanova
 身長6-0 体重202 ニューヨーク州ブロンクス出身
 オールビッグイースタン・セカンドチームに選出されたフィッシャーは
 15.6pts、4.8astを記録。トップPGとしてボブ・クージーアワードの
 最終候補まで残ったが、シーズンの最後の月を右膝の炎症で悩まされた。

ランス・スティーブンソンのルーキーシーズン【NBA_Pacers】

2011年05月25日 10:27

マイヒーローはスーパーマン、小さい頃はハル・ベリーが
好きだったというランス・スティーブンソン。

シンシナティ大でビッグイーストルーキー・オブ・ザ・イヤーを
受賞したランス。能力は十分と言われながらも素行の悪さで
2巡目までピックされませんでしたが、良い子ちゃん路線だった
ペイサーズがまさかのピック。しかし最初の57試合では出番が
全くありませんでした。
10-11 Lance Stephenson
HCが変わったことにより、3月にようやくNBAデビュー。
7試合連続で出場を果たし、13.1min、4.6pts、2.7astと
そこそこの働きをみせましたが、その7試合の内6試合を
落としています。負けが決まってから出場時間をたくさん得た
試合もあったと思いますが、基本的に彼のせいで負けたという
ことではないと思います。

プレイでは潜在能力を見せつけたランスでしたが、コーチに
間違った方向での議論をしたり、ベテランのチームメイトに対して
反感を買う態度を取ったりと、やはり問題を起こし始めます。

ついにシーズン後半には第4のPGとされてしまい、プレイオフでの
出場のチャンスを自ら失ってしまいました。経験を積ませるためには
ランスに出て貰ったほうがチームの為ではあるのにも関わらず
既に戦力外で放出予定のフォードよりも優先度が低いとは
かなり厳しい罰ですね。

ラリー・バード自身は彼について一定の理解を示し、
ロッカールームでの問題はリーダーシップを取れる人間が
いないことも関係しているとし、ランスが態度を改めれば
NBAで通用するだろうと期待をしているようです。

身長6-5のビッグサイズのPGとして成功すればペイサーズにとって
大きな利点になるはずです。ミドルシュートの改善をし、
チームメイトとの関係を修正、レイアップを確実に決めたり、
ファールの貰い方を覚えれば2巡目選手として大当たりとなる
可能性を秘めています。楽しみな選手です。

今シーズン 12G 9.6min
 3.1pts 1.5reb 1.8ast FG.333 FT.786

映画版カイジを見た

2011年05月24日 16:49

録画してあったカイジ 人生逆転ゲームを見た。
アニメの鉄骨渡りしか見たことが無かったけど、
何となく見始めた割に面白かった。

ジャンケンの最後でカイジがおっさんをかばわなければ
終わってたと思うけど、原作だとどうなんだろう。
二人で握ってて二人とも別室行きならカイジが奪って
おっさんを助ければよかったのに。

でもそうすると最後に繋がらない訳か・・・

そういえば、あまりざわざわしなかったような。

香川照之がいい演技してた。
藤原竜也は何を見てもあの感じだけどどうなの?
特に壊れた時に何を喋ってるのか分からない。
字幕が必要という意味では酷い。

amazonのレビューでは原作ファンはガッカリという
意見が多いようですね。2もやるようですが、テレビで
やるなら見ようかな~という程度でしょうか。
カイジ 人生逆転ゲーム 通常版 [DVD]
藤原竜也、天海祐希、香川照之、山本太郎、光石研
松尾スズキ、佐藤慶、松山ケンイチ、吉高由里子

Day38_ウエスタンカンファレンスファイナル ゲーム4【NBA】

2011年05月24日 15:02

ウエスタンカンファレンスのゲーム4が行われました。
WCFG4_ESPN.png
試合開始以降一度も逆転されることなくリードを保って来たサンダー。
第4Q残り5分6秒にコリソンのオフェンスリバウンドから
デュラントが3PTを決めて84-99と15点リード。
この時点でデュラントは29pts、ノビツキーは26ptsでした。

ここからOKCのシュートが入らなくなり、マブスはFTなどで
ジワジワと点数を縮めていきます。一桁得点差にされた所で
ウエストブルックがようやく決めて残り2分33秒で91-101と
再び10点差に戻しました。

次のDALのオフェンスはノビツキーが3PTを決めて94-101。
テリーがウエストブルックにファールをしてFTを2本与えて
しまいましたが、これを2投外してノビツキーがジャンプショット。
更にOKCはウエストブルックがシュートを放つもののミス。
またもやノビツキーのフェイダウェイが決まり、98-101と
残り1分26秒で3点差まで詰め寄ってきました。

OKCのオフェンスとなりますが、マリオンがデュラントから
スティール。デュラントはこれで8個目のTO。テリーの
レイアップはセフォローシャがブロックして凌ぎましたが、
OKCはウエストブルックがシュートを打ちましたが外れて
しまいました。そのリバウンド争いの際にウエストブルックが
マリオンにファールをしてしまい、FTを2本献上。
しかしマリオンは2本目を外し、残り39.5秒で99-101。

OKCはタイムアウト後、セフォローシャが3PTを打ちましたがミス。
DALのラストオフェンスとなりましたが、コリソンがノビツキーに
ファールしてしまい、このFTを2本とも決められて101-101。
デュラントの3PTはマリオンにブロックされ、オーバータイムへ。

この時点でデュラント29ptsは変わらずですが、ノビツキーは
38ptsと12点上乗せしています。

オーバータイムでは残り2分過ぎまでは105-105と接戦でしたが、
残り40秒にキッドの3PTが決まり108-105とDALリード。
この直前にデュラントが9個目となるTO。
OKCはウエストブルックがシュートを打ちましたがミス。
ファールゲームになりましたが、DALはFTを外さず、
OKCはFGを決めることができず終了。

DAL☆☆☆ 112 - 105 OKC
 DAL ダーク・ノビツキー 40pts 5reb 3ast
 OKC ケビン・デュラント 29pts 15reb 4ast 9TO
 今日はOKCが取ったと思いましたが、DALが驚異の追いつきで
 見事王手。終盤のエースの差が出ましたね。
 OKCはウエストブルックも6TOでチーム合計25個。
 一方のDALは13と約半分。第4Q4分34秒にハーデンが
 ファールアウトしてからOKCは止まってしまいました。
 OKCは後が無くなった所で次はダラスでの試合となります。
 ホームで1勝もできずにカンファレンスファイナルを終えてしまう
 のでしょうか。

Day37_イースタンカンファレンスファイナル ゲーム3【NBA】

2011年05月23日 15:33

1勝1敗で迎えたカンファレンスファイナル第3戦が
マイアミで行われました。
ECFG3_TNT.png

今日はボッシュが好調だったようです。
レブロンとウェイドが合わせて39ポイントでしたが、
ボッシュは一人で34ポイント。プレイオフのキャリアハイだとか。
打たされたという感じではなく、動きの中でも
ミドルでもポイントを決めていて今日はチームを
引っ張ったと見てもいいのではないでしょうか。
ハスレムも大事な所でのシュートを決めていましたし、
得点源が分散されるとヒートは強いですね。
レブロンかウェイドがドライブすればディフェンスも
そちらに寄りますし、フリーになる選手が出てきますからね。

ブルズは終盤にギブソンが諦めずにオフェンスリバウンドを
取ってしっかり決めていましたが、MIAの攻撃の手も
休まることはありませんでした。

インサイドで有利かと思われるCHIですが、ブーザーの
頑張りとは反対にノアが1ポイントと沈黙。どうも
揃って活躍という感じになりません。

リバウンドは41-32でCHIが9個リードしましたが、
MIAはチームのFGが50.7%と好調。
MIAの2勝1敗となり、次もマイアミで試合が行われる為、
ブルズの次の試合は厳しくなりそうです。

CHI☆ 85 - 96 MIA☆☆
 CHI カルロス・ブーザー 26pts 17reb
 MIA クリス・ボッシュ 34pts 5reb


New