Day32_ウエスタンカンファレンスファイナル ゲーム1【NBA】

2011年05月18日 16:31

ダーク・ノビツキー、ケビン・デュラントという両方とも
しっかりとしたエースの存在するチーム同士の対決が見物の
ウエスタンカンファレンスファイナルの第1戦が行われました。

実況解説はマーク・ジャクソン、ジェフ・バン・ガンディ
マイク・ブリーンの3名。
WCFG1_ESPN.png
両チームとも青がチームカラーなので、ぱっと見どちらの
ホームか分かりません。今年のNBAファイナルはどこが
進んでも赤対青になっているので面白いものですね。

OKC 112 - 121 DAL
 その両エースがしっかりと仕事をしました。
 特にノビツキー。どうディフェンスすればいいのか分からない程
 絶好調でした。FG12/15、FT24/24で3PT無しで48pts。
 FTの24本ノーミスはプレイオフ新記録だそうです。すごい集中力
 ですね。更にベンチからテリーが24pts、バレアも21ptsと
 層の厚さを見せつけました。終盤のノビツキーはディフェンスが
 いてもいなくても関係無くポンポン決めていました。
 しかし、サンダーもデュラントが40ptsとエースの維持を見せました。
 ウエストブルックはFGが3/15と不調ながらFTを多く貰い20pts。
 本来ならもっと大差で負けていてもおかしくないゲームだったと
 思います。それを最後5点差にまで詰めたサンダーの強さ。
 これは相当面白いシリーズになりそうです。
 OKC ケビン・デュラント 40pts 8reb 5ast
 DAL ダーク・ノビツキー 48pts 6reb 4ast 4blk

気になる本を見つけた

2011年05月18日 15:50

不思議の足跡―日本ベストミステリー選集という本。
940円と文庫本にしてはちょっと高めだけど、15名の作家の
短編が収録されているらしい。

個人的に伊坂さんと米澤さんが入ってるだけでも買い。
Story Seller3が読み終わる頃に購入予定。

 伊坂幸太郎、石持浅海、恩田陸、鯨統一郎、桜庭一樹
 柴田よしき、朱川湊人、高橋克彦、畠中恵、平山夢明
 松尾由美、道尾秀介、宮部みゆき、山田正紀、米澤穂信
不思議の足跡―日本ベストミステリー選集 (光文社文庫)

ドラフトロッタリー2011【NBA】

2011年05月18日 10:26

ペイサーズはプレイオフに進んだ為、今年は関係ありませんでしたが、
ドラフトロッタリーがありました。
今年のオッズは以下の通り。
2011odds.png
順位が低ければ確率も高い訳ですが、順番通りにはなりません。
そして今年のドラフト順は以下の通りです。

1位 キャブス (クリッパーズから得た権利)
2位 ウルブズ
3位 ジャズ (ネッツから得た権利)
4位 キャブス
5位 ラプターズ
6位 ウィザーズ
7位 キングス
8位 ピストンズ
9位 ボブキャッツ
10位 バックス
11位 ウォリアーズ
12位 ジャズ
13位 サンズ
14位 ロケッツ

何と順当にいけば8位のキャブスが2.8%の確率を見事に引き当てて
1位指名権を獲得。レブロンの二の舞にならないフランチャイズプレイヤーが
育つといいですね。1位と4位で再建もやりやすくなるのではないでしょうか。
2年前のウルブズの様に偏ったピックをしなければですが・・・

2位は25%の1位のチャンスがあったウルブズ。残念ではありますが、
3位以降に転落しなかっただけでも良かったですね。

本来3番手のはずだったラプターズは5位へ転落。
3位を獲得したのは元々6番手のジャズ。こちらも
ネッツからトレードで獲得した権利でした。これはデロン・ウィリアムズと
引き替えに得た権利なのでせめてもの置き土産になってくれて
良かったです。

自分たちの順位では2番手だったキャブスは4位を獲得。
まぁこれは1位を手にしているので問題はないですね。
1位2位指名の独占もあったかと思うと少し残念ですが。


New