ジェームズ・ポージーの12thシーズン【NBA_Pacers】

2011年05月19日 23:30

若手中心のペイサーズにとって重要なベテラン、
インディアンハットが何よりも大切で、オバマ大統領と
対面したいと思っているポージーおじさん、略してポジさん。

マイアミとボストンで2回の優勝経験のあるジェームズ・ポージーに
ペイサーズが期待したものは経験とベテランとしてのリーダーシップで
若い選手たちを手助けすることであった。コーチがオブライエンの時は
コンスタントにベンチから出場していましたが、ボーゲルに変わると
出番はなくなってしまいました。
10-11 James Posey
ナイスディフェンダーでありチャージングを貰うプロ、オフェンスでは
しっかりとした役割があった。ペイサーズのポジションの事情により、
ポージーはPFでの出場が多かった。それがディフェンスの際に
サイズ不足とリバウンド能力が足りず、あまり機能する事がなかった。
彼はこれまでのキャリアで殆どをウイングプレイヤーとして
活躍してきたが、ペイサーズはウイング過多。

そして彼のオフェンスの役割とは3PTを打つ事。
今シーズン241本のFGの内、実に212本が3PTだった。
3PTを打つ確立が88%でこれは1シーズンにおける
NBAレコードらしいです。

彼にとってインディアナは良い場所とはなり得ていませんが、
来シーズンも契約が残っています。彼が生き残るには
ブルース・ボーウェンの様に、ディフェンスと3PTの
スペシャリストとして存在感を示さなければなりません。
若手の成長で今後も厳しくなると思いますが、
ベテランならではの味が必要になるときもありますからね。

優勝請負人がプレイオフまで導いてくれたのかもしれません。
彼から教わる事は何でも吸収しておいて欲しいですね。

昨シーズン 77G 2GS 22.5min
 5.2pts 4.3reb 1.5ast FG.365 3PT.335 FT.825
今シーズン 49G 17.1min
 4.9pts 3.0reb 0.7ast FG.336 3PT.316 FT.733

Day33_イースタンカンファレンスファイナル ゲーム2【NBA】

2011年05月19日 12:39

今日もTNT放送でレジー・ミラー、スティーブ・カー、
マーブ・アルバート実況解説の元、イースタンカンファレンスファイナル
ゲーム2がシカゴで行われました。
ロドマンも観戦していたようです。
CFG2_TNT.png

序盤はブルズがFG0/8で調子が上がりませんでしたが、
気がついたら8-8の同点になっていました。ヒートもあまり
調子良くなかったようですね。レブロンのアリウープミスから
リバウンドを拾ったデンがそのまま一人で持って行きダンクを
沈めたシーンがハイライトでも見ることができます。

第3Qを71-65とヒートが6点リードで終えましたが
ギブソンが得点を重ねて残り7分で73-73の同点に追いつきます。
そこから両者得点が止まり、均衡を破ったのはレブロンの3PT。
CHIは2回のオフェンスのチャンスをミスし、レブロンが更に2点追加。
残り3分15秒で78-73と5点リード。
コーバーの3PTが外れましたが、レブロンがトラベリング。
その直後、ギブソンがレイアップを決めて更にファールを貰いました。
しかしこのFTを落としてしまい、3点差のまま。ウェイドにファールを
してしまい、FTで2点追加。更にレブロンがデンからスティールし、
結果的に2点決められ残り1分半で82-75とMIAがリードを広げます。

ローズはドライブも苦しく、3PTを放ちますが、ウェイドにブロック
されてしまい、レブロンが時間を十分に使いミドルを決めると84-75。
残り47秒では少し厳しい時間になってきます。

結局ラスト2分半、CHIはポイントを加えることができず。
レブロンに最後を持って行かれてしまいました。

MIA☆ 85 - 75 CHI
 これで1勝1敗のタイとなったこのシリーズ。
 MIAに取っては修正もしてきてホームに戻ることができるという
 好材料が揃っています。
 こちらの対決も面白くなりそうですね。
 MIA レブロン・ジェームズ 29pts 10reb 5ast 3stl
 CHI デリック・ローズ 21pts 6reb 8ast

ジョシュ・マクロバーツの4thシーズン【NBA_Pacers】

2011年05月19日 10:25

ダニーとブローの仲間入り、バットマンが好きで
バスケをやっていなかったら英語、歴史等の高校教師に
なりたかったというジョシュ・マクロバーツ。
ペイサーズの派手なダンカーとしてお馴染みですね。
インディアナ産まれ、高校もインディアナ州と
地元プレイヤーでもあります。

今シーズンは彼にとって飛躍的な1年となりました。
これまで42試合がシーズン最高でしたが、今シーズンは72試合に出場。
しかも51試合がスターター、そしてプレイタイムも10分程伸びました。
バードがMcBobの身体能力を買っているという話を何度も
していましたが、それがようやく実感できました。
過去3シーズン分の倍くらいの成績を今シーズンだけで残しています。
10-11 Josh McRoberts
ハンズブローがスターターになり、McBobはベンチスタートへと
変わりましたが、どちらから出場しても仕事をこなせることを証明。
スターター出場時:23.6min 7.6pts 5.5reb FG.537
ベンチから出場時:18.8min 6.9pts 4.8reb FG.574

2月9日のボブキャッツ戦では12pts、9reb、7astと
トリプルダブルまであと一息という活躍もみせました。

身体能力が高く、パス能力も高いMcBob。たまに自分でボールを
運んでTOという癖を直したいところですが。彼はまだ24歳。
4年目にしてようやくプレイタイムが増えてきた所なので
まだ成長の可能性は十分に秘めています。

公式HPの記事ではMcBobとの再契約は間違いないと書いてあります。
ブルズとの最終戦で肘を振り回して一発退場となりましたが、
そこは特におとがめ無しでしょうかね。ただ、彼にそこまで多くの金額を
賭けられないだろうともありますので、他に興味を持っているチームも
少なからずあるでしょうし、実際に再契約に至るかは分かりません。

個人的にはジェフが引退してしまった場合はMcBobにある程度のお金を
使ってもいいかなと思います。ヒバートブロー、ジェフがいる場合には
もう一人ベテランビッグマンが欲しいですし、McBobがそこに被ると
プレイタイムが貰えなくてかわいそうです。ジェフがいなくて、
ヒバート、ブロー、McBob、ベテランセンターであれば十分な布陣に
成り得るのではないでしょうか。体調を考えてジェフを3番手センター
という手もありますね。

昨シーズン 42G 3G 12.5min
 4.3pts 3.0reb 1.0ast FG.521 FT.500
今シーズン 72G 51GS 22.2min
 7.4pts 5.3reb 2.1ast FG.547 FT.739
プレイオフ 5G 15.8min
 5.0pts 3.6reb 1.2ast FG.333 FT.818
シーズン中の対ブルズ戦 4G 2GS 15.8min
 9.0pts 4.2reb 0.2ast FG.609 FT1.000

雑記-20110519

2011年05月19日 01:41

日本時間では5月20日ですが、アメリカ時間の5月19日は
ペイサーズがピストンズに破れ、レジー・ミラーの引退が
確定した日です。あれから6年。今もペイサーズファンで
いることができて幸せです。
---
録画したERを連日見ていてようやくシーズン14が終わり
最終シーズンへ突入。(ネタバレ含みます)
ルカがクロアチア出身ということが何度も出てくるうちに
米澤穂信の「さよなら妖精」を思い出した。

元ユーゴスラビアがスロヴェニア、クロアチア、
セルビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロ
マケドニアに別れたという事でしたが、この本の中でも
クロアチアは戦争状態。ルカの元妻と子供も確か
内戦で亡くしていたという設定もありましたね。

で、毎度シーズンの終わりには衝撃的な事件が起こって
終わる事が多いERですが、今回はシーズン15の開始にかけて
衝撃的な事件がありましたね。前にレイが両足無くしたのも
かなり衝撃を受けましたが、今度はグレッグが・・・

そんなに思い入れの強い役とは思っていませんでしたが
久しぶりに涙腺にきました。この重さもER独特ですよね。
シーズン3くらいからずっと見ているのも何か引きつけられる
ものがあるのだと思います。展開的にはそこまで代わり映えないし、
昔の先生に比べたら魅力的な人も大分減ってしまいました。
しかしそのシーズン毎にそれぞれの魅力があっていいですね。

最終シーズンはちょこちょこ昔の先生も絡んでくるという
話なので楽しみです。


New