Day41_イースタンカンファレンスファイナル ゲーム5【NBA】

2011年05月27日 16:54

キングの異名は伊達じゃない。

2日連続でこんな劇的な逆転勝利でNBAファイナル進出を
決めるなんてことが起こりえるのでしょうか。
マブスの休暇はあまり多く取れませんでした。
ECFG5_TNT.png
ロースコアでブルズがリードをしながら迎えた第4Q。
カート・トーマスがリバウンドにミドルショットに
堅実なプレイでチームに貢献。ノアとブーザーは
出ていませんでしたが、彼とギブソンでインサイドを
守っていたようでした。

残り3分14秒、65-77とブルズが12点リード。
ローズからのスティールを含み、ウェイドが
4点連取。この時ファールを貰いましたがFTはミス。
CHIはギブソンがシュートを外してしまい、ヒートは
レブロンが3PTを決めて72-77の5点差に詰め寄りました。

しかしローズが難しいターンアラウンドのフェイダウェイを
決めて7点差に戻します。この調子でいけばブルズが
逃げ切れるかと思いましたが、1分30秒、ウェイドがローズから
ファールを貰って4ポイントプレイを決めてしまい76-79。
直後、ローズがシュートを外しMIAはレブロンが3PTを
沈めます。2分間で14-2のランを成功させ、残り1分で
79-79の同点になってしまいました。

CHIのシュートが外れている間にウェイドのFTミスを
除き、5本連続でシュートを決めたMIA。ウェイドの4ポイントも
奇跡でしたが、レブロンの勝負強さは素晴らしいですね。

とは言っても同点に追いつかれただけで、CHIは負けた訳では
ありません。しっかり決めてしっかり抑えればまだ勝てます。
しかしその直後の大事なオフェンスでローズがレブロンに
ボールを奪われてしまい、時間を使われた後にしっかりと
2点を追加されてしまいました。
残り30秒を切り、CHIはやはりローズで攻めるしかありません。
MVPローズはゴール下に切り込み、レブロンからファールを
貰うことに成功。FTを2本得ました。1本目を決めて、
「このあと同点になったらMIAは2点と3点どちらを狙うのか」
と考えていたら何とFT二投目を外してしまいMIAボールで
タイムアウト。

ウェイドの4ポイントプレイ時のファールと言い、
エースが痛恨の連続ミス。MIAの時間稼ぎの後
ボッシュにファール。ファールする相手としてはそこまで
悪くありませんでしたが、これをきっちり2本決められて80-83。

ラストプレイにはコーバーがボールを貰った際に手間取り、
時間を浪費。最後にローズが打ちましたが、レブロンが
横から出てきてボールに触れたため、3PTは入らず。

残り3分からの大逆転劇でヒートがNBAファイナル進出。
冒頭にも書きましたが、昨日もノビツキーが同じ様な事をして
ファイナル進出を決めています。
頂上決戦も0秒になるまで何が起こるか分かりませんね。

MIA☆☆☆☆ 83 - 80 CHI
 MIA レブロン・ジェームズ 28pts 11reb 6ast 3stl
 CHI デリック・ローズ 25pts 5reb 8ast

試合後のローズ
「全て自分の責任だ。TO、ショットミス、ファール・・・
 多くを学んだよ。今出来ることは全てやった。
 シリーズは終わったんだ。」
[Day41_イースタンカンファレンスファイナル ゲーム5【NBA】]の続きを読む


New