儚い羊たちの祝宴 / 米澤穂信

2011年08月18日 17:40

米澤穂信の儚い羊たちの祝宴を読みました。

 優雅な読書サークル「バベルの会」にリンクして起こる、邪悪な5つの事件。
 恐るべき真相はラストの1行に。衝撃の暗黒ミステリ。

と、ありますが、それぞれが短編で何となく繋がっているだけです。
そしてラスト1行は誇張しすぎかと思います。残りわずかで真相が
明らかになるのは確かですが、ここまでハードル上げなくても、と感じます。

とは言え、それぞれの作品はどれも好みです。
特にStory Sellerにも収録されている「玉野五十鈴の誉れ」。
これ素晴らしいですね。個人的には大好きです。

収録作品は以下の5つ
・身内に不幸がありまして
・北の館の住人
・山荘秘聞
・玉野五十鈴の誉れ
・儚い羊たちの晩餐
 
以下ネタバレを含む感想です。
[儚い羊たちの祝宴 / 米澤穂信]の続きを読む


New