ヴェンジェンス2011 対戦カード【WWE】

2011年10月23日 18:16

明日はWWE Vengence 2011が開催されますので
対戦カードをチェック。

WWE王座戦 ラストマンスタンディングマッチ
 アルベルト・デル・リオ vs ジョン・シナ

世界ヘビー級王座戦
 マーク・ヘンリー vs ビッグショー

トリプルH & CMパンク vs ザ・ミズ & R-トゥルース

US王座戦
 ドルフ・ジグラー vs ザック・ライダー

ランディ・オートン vs コーディー・ローズ

シェイマス vs クリスチャン

WWEタッグ王座戦
 エアブーン vs ドルフ・ジグラー & ジャック・スワガー

ディーバ王座戦
 ベス・フェニックス vs イブ

3日間に及ぶ交渉の結果、決裂【NBA】

2011年10月21日 10:09

3日間、計30時間に及ぶ話し合いの結果、前に進んでるかと思いきや
交渉決裂で、次回の予定は今の所なしということです。
おそらくもっと試合が削られる事になるでしょう。

デレク・フィッシャー
「これはエゴじゃない。たくさんの生活がかかっているんだ」
 Fisher.jpg

すでに100試合が消滅し、それだけでもたくさんの収入が無くなっています。
割合で騒いでる以上に両者の収入は減るのではないでしょうか。
妥当な所で決めて貰いたいですが、当事者にとってはそう簡単には
いかないのでしょうね。

過大評価・過小評価【NBA】

2011年10月20日 11:18

昨日と今日、オーナーと選手間で長時間の話し合いがされているようですが、
まだ決着せず。明日も続きをやるそうです。進展は分かりませんが、
前向きに進んでるといいですね。

さて、twitter上で紹介されていた過大評価と過小評価(by ESPN)を
見てみようと思います。

過大評価-Overpaid
      Player        理想  サラリー
マイケル・レッド 371万ドル 1830万ドル
ラシャード・ルイス 696万ドル 1957万ドル
ギルバート・アリーナス 591万ドル 1773万ドル
エディー・カリー 91万ドル 1159万ドル
ペジャ・ストヤコビッチ 380万ドル 1403万ドル
ビンス・カーター 795万ドル 1752万ドル
コービー・ブライアント 1545万ドル 2480万ドル
アンドレイ・キリレンコ 953万ドル 1723万ドル
トロイ・マーフィー 348万ドル 1165万ドル
ケニオン・マーティン 888万ドル 1654万ドル

過小評価-Underpaid
Player 理想サラリー
ケビン・ラブ 1466万ドル 363万ドル
ラッセル・ウエストブルック1474万ドル 401万ドル
ジョアキム・ノア 1359万ドル 312万ドル
セルフ・イバカ 1161万ドル 120万ドル
マルク・ガソル 1383万ドル 357万ドル
ステファン・カリー 1290万ドル 291万ドル
ブレイク・グリフィン 1518万ドル 535万ドル
デリック・ローズ 1536万ドル 554万ドル
エリック・ゴードン 1282万ドル 301万ドル
ブルック・ロペス 1196万ドル 241万ドル

移してて思ったのですが、これって過小評価というより、
才能開花が早かったリストですかね。ルーキー時の契約で
この金額なだけなので足下見られてるわけではない選手ばかりです。

次の更新時にこれくらい貰えるかもしれないというリストですね。
過大評価の方は怪我でリストに挙がった選手もいますし、それを
踏まえた上で眺めると面白いかもしれません。

NBA's most overpaid, underpaid

ダニー「コンセコ従業員集まれぇ~」【NBA_Pacers】

2011年10月18日 10:49

ペイサーズのエース、ダニー・グレンジャーが
コンセコフィールドハウスで働く人々をディナーに誘ったとのこと。

日時は近いうちに発表されるそうです。
ロックアウトにより仕事が無くなってしまっている人に対して
自分で出来ることを体現したようです。

ロックアウトはオーナーやプレイヤーをいったお金持ちにも
影響を与えますが、もっと重大な危機にあるのが、そこで働く人々です。
収入が少なくなればチームから解雇される人も出てくるかもしれません。

ホームで行われる41試合全てが無くなってしまえば、レストランやバー、
駐車場の係員、チケット販売の仕事をしている人の収入がなくなります。

この1回の食事会が彼らの助けになるとは限りませんが、
こういった試みは素晴らしいですね。

エースが率先してこういうことが出来るのは
チームとしてもいい傾向かもしれません。
ポール・ジョージとダンテ・ジョーンズも一緒に参加するようです。

協議の焦点-ロックアウト継続中【NBA】

2011年10月14日 12:08

今更ですが、選手側とオーナー側の争点を
Indystarが簡単にまとめていたのでメモ。

詳細に関しては調べていないのでよく分かりませんが、
大きく分けて3つ。

バスケットボール関連収入(Basketball related income)
 BRIと略されるバスケ関連収入。
 これはプレイヤーとオーナーで分ける為にプールされます。
 NBAの収入の大半を占め、以前の契約ではプレイヤー側が
 57%を得ていましたが、今回の協議では53%を求めています。
 当初オーナー側はプレイヤー側に47%という10%ダウンを提示
 しましたが、それが50-50になっても了承されず、現在53%という
 数字になっているようです。
 この10%の差で4000万ドルも変わるとのことです。
 (もしかしたら47%と53%の差かもしれません)

サラリーキャップ
 オーナー側はハードキャップ、もしくは
 厳しいラグジュアリータックスの導入を希望。


契約の期間
 オーナー側は再契約時には4年、FAとの契約は3年としたいそうです。
 プレイヤー側は再契約5年、FA4年を要求。
 昨年までは6年と5年が最長だったとのこと。

すでにハードキャップ導入は諦めたとかいうニュースもあった気がしますが、
現在は収入の取り分が主な話し合いの論点となっているのでしょうかね。
来週の会議で決まらなければクリスマスまでのゲームがカットという
ことになるとのことですが、決まるのでしょうか。

Key issues between the NBA and the players union

ヒバートがダンカンと一緒にワークアウト

2011年10月13日 16:35

Duncan.png
先週の話ですが、ペイサーズのロイ・ヒバートとジョージ・ヒルが
サンアントニオに行き、ティム・ダンカンやネネと一緒にワークアウトを
したそうです。
他にもスプリッターやウドカ、スパーズがピックした選手等が参加したとのこと。

おそらくジョージ・ヒルが連れて行ってくれたという感じなのでしょうかね。
こういった繋がりが出来るのは若い選手に取っては嬉しいですね。
Pacers Roy Hibbert and George Hill Worked Out with Tim Duncan

モダンタイムスの文庫が発売間近

2011年10月11日 15:11

伊坂幸太郎の「モダンタイムス」の文庫版が10月14日に発売されるとのこと。
上下巻で計1,280円(amazon)と文庫にしては割高ですが、
久しぶりの伊坂作品なので楽しみです。

「魔王」の続編ということなのでもう一度読み返しておくことにします。



New