50-50の何がダメなのか【NBA】

2011年10月28日 17:42

NBAのロックアウトの理由が利益分配だけという訳ではありませんが、
大きな争点となっているのは間違いないようです。

当初57%-43%を要求していたという選手側。
対するオーナー側は47%-53%を要求。
この割合が50%-50%になっても同意することがありませんでした。

そして今は52.5%-47.5%という数字になっているようです。

Mayさんのブログによると、今日の話し合いで必ずしも52.5%に
こだわるということはないという態度を示したそうです。
が、52.5%という数字にこだわっていた理由というのは何でしょうか。

 1.当初の57%から4.5%もマイナスしている。これ以上は無理だ。

 2.50-50というのはオーナー側の最初の要求からはお互いに3%プラスマイナスで
 均衡が取れているように見えるが、選手側の要求からは7%の±でフェアじゃない。

 3.52.5%というより、オーナーと選手の配分が同率以下なのが嫌だ。

等が考えられます。勝手に想像しただけですが。
そこで、3の場合についてもう少し妄想。

 a.オーナー49%、選手51%だったら納得するのか。
 b.オーナー49%、選手50、寄付1%ではどうか。
 c.オーナー49%、選手50、優勝チームへ1%では?

リーグとして、1選手への最高サラリーを決めてしまっても面白いと思いますが、
選手側は納得しないでしょうね~

ロックアウト終了へ前進?【NBA】

2011年10月28日 10:03

前回の3日間の話し合いで決着がつかず、その後の予定は立っていない
という事でしたが、昨日またオーナーとプレイヤー側の話し合いがあり、
またもや長時間になったため、2日連続で行われているらしいです。

yahoo.comでは前向きな見通しとか、重要な進捗があったなどと書かれて
いますが、これまでも肩すかしを食らってきたので正式に決まるまでは
喜べないですね。

レブロンらが世界ツアーを辞退したということで
今回の話し合いで決着がつくのではという予測もあるようなので
期待はしたいですけどね。

仮に話し合いが終わり、シーズンに向けて動き出した場合、
トレードやFA交渉がいきなり動く可能性もあるので一気に忙しくなりますが
恐らく全部は追えないので手を抜いてやっていきたいと思います。
---追記---
本日のミーティングは7時間半で終了し、また明日再開とのこと。
NBA, players make progress toward deal


New