Game 1 vsピストンズ【NBA_Pacers】

2011年12月27日 14:37

コンセコフィールドハウスからバンカーズ・ライフ・フィールドハウスへ
名称を変えたペイサーズの本拠地。デトロイト・ピストンズを迎えての
開幕戦が行われました。

コンセコフィールドハウスでのゲーム数No.1のジェフ・フォスターは
ベンチでお休み。スーツ姿が決まっていました。ちなみに、ジェフ378、
JO254、クロージア248、ダニー227、レジー226だそうです。

今日は選手紹介から映してくれました。
選手紹介
その後ブーマーが天井へと吊されていきました・・・

スターターは
DET ゴードン、スタッキー、プリンス、ジェレブコ、モンロー
IND コリソン、ポール、ダニー、ウエスト、ヒバート
試合前

そして試合開始。
INDの今季初得点はウエストでした。
モンローが早々に2ファールでベンチへ。苦手意識があるだけに
ラッキーでしたが、2つ目のファールは微妙な感じでしたかね。
その後、ポールも2つめのファールでベンチに戻ります。
変わって出てきたのはジョージ・ヒル。ハンズブローも
出てきて、ランスも登場。ランスはオフェンスファールを取られた
ものの、アグレッシブに良いドライブをしていました。

そしてポジション取りがいいのか、ウエストがオフェンスもディフェンスも
リバウンドを取りまくります。ヒバートの所にもボールが落ちてきて
前半だけでリバウンド16-30と圧倒します。インサイドで勝負できている為
FTも多く貰えていました。第2Q終盤にポールとコリソンが連続で
3PTを決めて38-52で前半終了。

後半はダニーtoヒバートのダンクで3ポイントプレー、
モンローが5ファールでプレイタイムを伸ばせず、ウエストが
リバウンド取りまくってると思ったらハンズブローも負けじと
インサイドで存在感を示し始める、ジョージ・ヒルのスティールから
ファストブレイク、ダニーの3PTで最大24点差へ。

第1Qであれだけ多かったTOもそれ以降は減って、48分で10個と
INDにしては上出来の結果に。DETはリバウンドを取ったと思ったら
ハンブルでTOしたり、フリーでも打ち切れなかったり、
最後はチームオフェンスというよりも個人技に走ってしまい、
本調子ではないようでした。点差程、実力に差があるとは思えません
でしたが、リバウンドがたくさん取れて3PTの確率も悪く無かった為
ラッキーだったと思います。

また、二人のジェフがDNPだった為、インサイドが3人しかいませんでしたが、
ファールトラブルに巻き込まれる事なく、何とか凌いでくれましたね。
アマンドソンは出場のチャンスかと思われましたが、出てきませんでした。

ヒバート、ウエスト、ブローしかインサイドがいないため、
3人ともダブルダブルという良い結果が出ましたが、怪我には
注意してもらいたいですね。ウエストが7、ブローが5つのオフェンシブ
リバウンドを取っていて、ジェフイズムを感じます。

5人が二桁得点、FTも20/25、リバウンドが53と良いところも目立ちますが、
FGが32/87ではこの先簡単にはいきそうにありません。
TOを減らしつつ、FGの精度を上げていって貰いたいですね。

ひとまず初戦を勝利で終えたので一安心です。
[Game 1 vsピストンズ【NBA_Pacers】]の続きを読む

インディアナ開幕ロスター【NBA_Pacers】

2011年12月27日 00:32

ペイサーズの開幕ロスターを背番号順にポジション、
昨年のスタッツをチェック。

1 SG ダンテ・ジョーンズ 6.3pts 1.4reb

2 PG ダレン・コリソン 13.2pts 5.1ast

3 PG ジョージ・ヒル 11.6pts 2.5ast

6 PG ランス・スティーブンソン 3.1pts 1.8reb

10 C ジェフ・フォスター 3.3pts 6.3reb

12 PG A.J.プライス 6.5pts 2.2reb

17 PF ルイス・アマンドソン 4.3pts 4.0reb

21 PF デビッド・ウエスト 18.9pts 7.6reb

24 SG ポール・ジョージ 7.8pts 3.7reb

29 PF ジェフ・ペンダーグラフ 2.7pts 2.5reb

33 SF ダニー・グレンジャー 20.5pts 5.4reb

50 PF タイラー・ハンズブロー 11.0pts 5.2reb

55 C ロイ・ヒバート 12.7pts 7.5reb
Vogel.png
INDYSTARによると、プライスは第4のPGとなっています。
プレシーズンでもボーゲルはランスを起用していましたが、
プライスも勢いがある選手なのでランスがSGで使えるといいですね。
でかいPGとしても魅力ですが、ランスはもう少しシュートセレクションと
精度を向上させる必要があります。

とうとうINDの開幕が明日に迫りましたが、
ウエストがスターターで登場する予定とのことで、
プレシーズンとは違ったゲームを見せる事ができるのでしょうか。

オフの補強も積極的に動き、期待の持てるチームとなりましたが、
目標は今年も勝率5割でプレイオフ出場でしょうかね。
急に勝てるチームになるとは思えませんし、66試合戦って
来シーズンが勝負ではないかなと思います。

今年はルーキーがいませんが、若いチームにとっては好条件かと
思われます。只でさえポールやランスに経験を積ませないといけないのに
更にルーキーがいるとプレイタイムが十分に与えられません。
昨年ヒバートに散々いじめられた2年目選手は可哀想ですが、
2年目の伸び盛りの選手達に存分に時間を与えられるのは
いいことだと思います。

ダニーもウエストの加入でオフェンスでの負担を減らす事ができますし、
ポールやハンズブローの得点能力も期待できるようになってきたので、
ディフェンスにも力を入れてもらいたいですね。

また、現在13人しかいませんので、ビッグマンとSGの補強も
視野に入れていると思われます。過密スケジュールの為、怪我も
予想されますので、早めに手を打ってもらいたいですね。

INDの開幕まであと少し。GO PACERS!

12/25 5ゲーム【NBA】

2011年12月26日 11:33

今年は全部の情報を追うか決めていませんが、開幕戦くらいは
チェックしておきましょう。今年もタイトルの日付は現地時間の日付で
やっていきます。また、シーズンを通して基本的にネタバレ前回です。
NHK BSやWOWOWで録画して見る方はご注意下さい。

BOS 104 - 106 NYK
 MSGにはもちろんスパイク・リーの姿がありました。
 試合は第4Q残り5分でBOSが6点リードしていましたが、
 ダグラスやメロの3PTで残り3分で100-100の同点へ。
 残り16秒でメロがFTを貰って106-104と逆転。
 BOSは最後KGがショットを打ちましたがミス。
 直後ビル・ウォーカー口撃(?)に首を攻撃して応戦するKG。
 これは特にお咎め無しになるのでしょうかね。
 また試合中にニックスのシャンバートが怪我で退場。

MIA 105 - 94 DAL
 レブロンへのアリウープパス→ディフェンスがいたので
 近付いてきたウェイドにパス→アリウープ成功。
 この流れは必見かと。ハイライトで見れます。

CHI 88 - 87 LAL
 コービーがすごいフェイダウェイを決めたと思ったら、
 ローズが変態ティアドロップを決めて逆転。
 最後のコービーのシュートをデンがブロックして
 ブルズが逆転勝利。

ORL 89 - 97 OKC
 KDママ(?)と髭のハーデン。
 詳細はkduさんのブログで。

LAC 105 - 86 GSW
 デアンドレ・ジョーダンのブロック8個。
 INDからトレードで移籍したブランドン・ラッシュは
 28分プレイ。彼にとっては良いトレードとなりましたね。

ポイント
 C.アンソニー(DEN)、L.ジェームズ(MIA) 37 / R.ロンド(BOS) 31
アシスト
 R.ロンド(BOS) 13 / C.ポール(LAC) 9 / M.エリス(GSW) 8
リバウンド
 D.ハワード(ORL) 15 / U.ハスレム(MIA) 14 / D.リー(GSW) 12
 

<怪我人情報>
NYK イマン・シャンバート 膝の捻挫で2-4週間欠場見込み
DAL ショーン・マリオン 左手小指を骨折
NBA デビッド・スターンがDAL戦でブーイングを受け心に傷

<契約>
BOS マイケル・ピートラスと1年1.2ミリオンで契約

ついに開幕!【NBA】

2011年12月26日 02:13

寝ようと思いましたが、ロックアウトで待った日数を考えれば
数十分なんて短いものなので第1Qだけ見て寝る事にしました。
寝不足必須ですが、今週は3営業日で終わりですしね。

セルティックス スターティング5
BOS5.jpg
ニックス スターティング5
NYK5.jpg
2011-12シーズンの初得点はレイジョン・ロンドのFTによる得点でした。

2011-12シーズン開幕直前【NBA】

2011年12月26日 01:47

遂にNBAの新シーズン開幕まであと僅か。
あと十数分で開幕戦のNYK vs BOSが始まりますが、もう寝ます(笑)
11-12 season
今年もLPBBを存分に堪能したいです。

ネイト・ロビンソンが解雇【NBA】

2011年12月25日 10:24

OKC ネイト・ロビンソンを解雇

MIA エディ・ハウスを解雇

MEM ダンテ・カニングハムと契約

MEM-NOH間でトレード
 MEM獲得 クインシー・ポンデクスター
 NOH獲得 グレイビス・バスケス
 

【随時更新】2011年FA契約・トレードまとめ【NBA】

2011年12月25日 10:10

すでに取り上げたものをチーム順にまとめ。
例年通り、抜けやミスなどがあるかと思いますがご了承下さい。

FAまとめ
アトランタ・ホークス
 ウラジミール・ラドマノビッチと契約
 トレイシー・マグレディと1年契約
 ジャネロ・パーゴと契約
 ウィリー・グリーンと契約

ボストン・セルティックス
 マーキス・ダニエルズ、クリス・ウィルコックス、Greg Stiemsmaと契約
 ジェフ・グリーンと再契約

シャーロット・ボブキャッツ
 デリック・ブラウン 1年ミニマム契約
 メルビン・エリーと契約→解雇
 レジー・ウィリアムズと2年契約
 ビスマック・ビヨンボと契約へ
 タイラー・グリフィンを解雇

シカゴ・ブルズ
 ブライアン・スカラブリニと再契約
 リチャード・ハミルトンと3年15ミリオンで契約へ
 ジャネロ・パーゴを解雇
 キース・ボーガンズを解雇
 デリック・ローズが5年94ミリオンで契約延長

クリーブランド・キャバリアーズ
 バロン・デイビスをアムネスティルールで解雇
 アンソニー・パーカーと再契約
 マニー・ハリスを解雇

ダラス・マーベリックス
 ドリュー・ネイツェルと契約
 ブレンダン・ライトと契約
 ブライアン・カーディナルと契約
 ビンス・カーターと契約へ
 デロンテ・ウエストと1年契約
 ジェローム・ランドルと契約
 アンディ・ローティンスを解雇
 ペジャ・ストヤコビッチが引退
 ショーン・ウィリアムスと2年契約

デンバー・ナゲッツ
 デマール・キャロルと契約
 ネネと5年67ミリオンで再契約
 マイケル・ラフィンと契約→解雇
 アーロン・アフラロと5年43ミリオンで契約へ

デトロイト・ピストンズ
 ジョナス・ジェレブコと4年16ミリオンで再契約
 ダミエン・ウィルキンスと契約(詳細不明)
 テイショーン・プリンスと4年27ミリオンで再契約
 リチャード・ハミルトンをアムネスティルールで解雇
 カリーム・ラッシュを解雇
 ロドニー・スタッキーと3年25ミリオンで再契約

ゴールデンステイト・ウォリアーズ
 LACのデアンドレ・ジョーダンに4年43ミリオンのオファー→サイン→マッチ
 チャリー・ベルを解雇 
 クワミ・ブラウンと1年7ミリオンで契約
 ドミニク・マグワイアと契約

ヒューストン・ロケッツ
 ジェフ・エイドリアンと2年契約
 サミュエル・ダレンベアと契約

インディアナ・ペイサーズ
 デビッド・ウエストと2年20ミリオンで契約
 ジェフ・フォスターと契約
 ジェフ・ペンダーグラフと契約
 ジェームズ・ポージーをアムネスティルール解雇

LAクリッパーズ
 カロン・バトラーと3年24ミリオンで契約
 デアンドレ・ジョーダンのオファーにマッチ4年42.7ミリオンで契約
 アムネスティルールで解雇されたチャウンシー・ビラップスを獲得
 レジー・エヴァンスと1年1.3ミリオンで契約

LAレイカーズ
 ジェイソン・カポノと契約
 ジェラルド・グリーンと契約
 ジョシュ・マクロバーツと2年契約

メンフィス・グリズリーズ
 ジェレミー・パーゴと複数年契約
 マルク・ガソルのオファーシートにマッチ 4年58ミリオンで契約
 アイシュ・スミス(Ish Smith)を解雇
 ミッキー・ムーアを解雇
 ダンテ・カニングハムと契約

マイアミ・ヒート
 エディ・カリーと1年1ミリオンで契約(?)
 シェイン・バティエと3年9ミリオンで契約
 ジュワン・ハワードと再契約
 ジェームズ・ジョーンズと再契約
 マリオ・チャルマーズと再契約
 エディ・ハウスを解雇

ミルウォーキー・バックス
 マイク・ダンリービーJrと2年7.5ミリオンで契約
 バー・ア・ムーテと複数年再契約

ミネソタ・ティンバーウルブズ
 J.J.バレアと4年19ミリオンで契約
 ボンジ・ウェルズと契約→解雇
[【随時更新】2011年FA契約・トレードまとめ【NBA】]の続きを読む


New