ペイサーズ 11-12シーズンプレビュー【NBA_Pacers】

2011年12月24日 21:50

ペイサーズの11-12シーズンのプレビュー記事があったので
なんとなく流し読みしてみました。

ジム・オブライエンの解雇により、指揮を執る事になったフランク・ボーゲルは
チームの運命を変え、その後20勝18敗で乗り切り、2006年以来の
プレイオフ進出を果たした。

2010-11シーズンの結果:37勝45敗 セントラル2位
加入選手
 F デビッド・ウエスト
 G ジョージ・ヒル
 F ジェフ・ペンダーグラフ
 F ルイス・アマンドソン

スターティング5
 PG ダレン・コリソン
 SG ポール・ジョージ
 SF ダニー・グレンジャー
 PF デビッド・ウエスト
 C  ロイ・ヒバート
  キーとなるリザーブ:タイラー・ハンズブロー、ジョージ・ヒル

フロントコート
 ウエストの加入はチームを良くするだろう。FAの中でベストの
 選択を出来たと考えられる。ウエストは18ポイント7リバウンドは
 計算できる選手で、2年20ミリオンというサラリーは決して高くない。
 昨シーズン終盤に怪我をしてしまったが、それまでの70試合で
 18.9pts、7.6rebをマークしいえきた。
 今年を健康に過ごせるのであれば、ペイサーズのセカンドオプションに
 なれるであろうし、その事によってダニーが活きる事にもなる。

 センターのヒバートは天性のパサーでもないし、ディフェンダーでも
 リバウンダーでもない。しかし、能力はあるし得点力が爆発すること
 がある。

バックコート
 コリソンはボーゲル指揮下において輝きを見せた様に見える。
 アシスト数が増えたし、今シーズンは元チームメイトのウエストも
 加入したので昨シーズンよりも増やすだろう。
 ディフェンス時のサイズとパワー不足は否めないが、オフェンスでは
 自身のショットとスピードを証明してきた。

 ポール・ジョージの終盤の成長はみんなを驚かせた。パス能力は
 そこまで光らないが、ショット、リバウンド、ディフェンスへの
 意欲はスターへの道を上っているように見受けられる。

ベンチ
 ペイサーズはリーグの中でも層の厚いチームと言えるようになった。
 ハンズブローはボーゲルがHCになってから数字が伸びた。
 ヒルはベンチから出てくるには完璧なコンボガードである。
 そしてジェフはベテランの味を示してくれる。

2011-12 Indiana Pacers Preview

ボンジ・ウェルズはロスターに残れず【NBA】

2011年12月24日 17:14

CHA メルビン・エリーを解雇
CHA タイラー・グリフィンを解雇

NJN アイム・ウドカを解雇

DEN マイケル・ラフィンを解雇

MIN ボンジ・ウェルズを解雇

さよならコンセコ、こんにちはバンカーズ【NBA_Pacers】

2011年12月24日 00:50

数日前から話がありましたが、ペイサーズの本拠地
コンセコフィールドハウスがバンカーズ・ライフ・フィールドハウスへと
その名称を変更しました。

これは昨年、会社名がConseco Inc.からCNO Financial Group.へと
代わり、Bankers Life は主製品の一つらしいです。(子会社?)
旧コンセコ社は1999年から20年の命名権を買っているようです。

元々のフォールドハウスのエントランス
CFH.png

既に変更されていました。
CFH to BLF

コート上の名前も変更中
CFH to BLF2

オカーがネッツへ【NBA】

2011年12月23日 22:58

<怪我人情報>
 NJN ブルック・ロペスが右足骨折で数ヶ月離脱
 DEN タイ・ローソンが左足首を捻挫 day-to-day
 DEN ネネが右膝の腱を負傷 day-to-day


SAC チャック・ヘイズと複数年契約

PHX マイケル・ピートラスを解雇

CLE マニー・ハリスを解雇

NJN デショーン・スティーブンソンと1年2.5ミリオンで契約

LAC レジー・エヴァンスと1年1.3ミリオンで契約

ATL ウィリー・グリーンと契約

UTA-NJN間でトレード
 UTA獲得 2巡目指名権
 NJN獲得 メメット・オカー

東京スカイツリー建設中65

2011年12月23日 17:45


光ってた

ケニオンマーティンはどこへ【NBA】

2011年12月22日 12:09

HOU ジェフ・エイドリアンと2年契約
HOU サミュエル・ダレンベアと契約

DAL ショーン・ウィリアムスと2年契約

POR アール・バロンを解雇

その他 ケニオン・マーティンが中国のチームからカットされNBA復帰可能へ

<怪我人情報>
LAL コービー・ブライアントが右手首を負傷 day-to-day
GSW ステファン・カリーが右足首を捻挫 レントゲン検査へ
MEM ダレル・アーサーが右アキレス腱断裂でシーズン全休へ
POR マーカス・キャンビーが左膝を負傷 MRI検査へ

プレシーズンゲーム2 @ ブルズ【NBA】

2011年12月21日 15:54

プレシーズン2戦目にして最終戦がシカゴで行われました。

ペイサーズはウエスト、ブルズはハミルトンが初出場。
PS2 David PS2 RIP
ブルズ+RIPは強い。RIPの動きや視野が広いというのももちろんですが、
予想以上にマッチしていましたね。今年はヒートとの頂上決戦が
面白そうです。
プレシーズンなのに恐らく満員の21659人が詰めかけた
ユナイテッドセンター。すごいですね。

CHIは39本のFG中、30本のアシストがついています。
ボールがよく回っていましたね。

点差はそこまで開いていませんが、勝てそうな雰囲気は
一度もありませんでした。FGが36.8%とまだ低いですが、
そんな中でもリバウンド44個とTO10は頑張りましたかね。

ペイサーズはハンズブローが2試合連続のダブルダブル。
オフェンスでハンズブロー頼みの時間がありましたが、
シーズンでは彼がベンチから出てくる予定です。
6thマンとしての活躍が期待されます。
PS2 Tyler
プレシーズンの対戦相手がNBAのトップチームの一つということで
調整はあまりできなかったかもしれませんが、開幕前に痛い目に
会っておくのも悪くありません。

開幕戦は苦手なモンローにジェレブコが復活したピストンズです。
新生ペイサーズはウエストをスターターで気分一新できるのでしょうか。
[プレシーズンゲーム2 @ ブルズ【NBA】]の続きを読む


New