Game 18 @セルティックス【NBA_Pacers】

2012年01月28日 12:20

今日のボストンでのセルティックス戦はNHK BS1でも放送が
ありました。LPBBでも見れますが、テレビで見る事が出来るのは
久しぶりなのでこちらで観戦。

今日はあまり時間がないので短縮してまとめます。
・ピアースが前のORL戦に続きポイントフォワードとして活躍
 3PTにドライブにアシストと好き放題やられてしまいました。
・バスやウィルコックスの活躍でペイサーズのバランスアタックを
 BOSにやられてしまった
・セカンドチャンスポイントを多く与えてしまい、TOも多く
 最大16点差を付けられてしまった
・一度は同点にしたものの、そこから11-0のランでやられてしまった
 それでも何とか食らいついていたのはよかった。
・FTが30/31(26本連続成功)だったものの、3PTが1/19と壊滅的
 最もこのFTを外していればもっと惨敗だっただけによく粘った
・ヒバートが相手の足に乗ってしまい右足首を捻挫したものの復帰
 今後悪化しないことを願うのみ

他にもあったかもしれませんがこんな所でしょうか。
マジック相手に良い形で勝利してきたセルティックスはさすがに
強かったです。ロンドとアレンがいませんでしたが、ピアースが
素晴らしかったですね。

最後の最後までやり抜いたINDで、スティール狙ってまで
ポイントを取る姿をみっともないと思う方もいるかもしれませんが、
ああいう泥臭い試合を最後までできるのは良いのではないでしょうかね。

@LAL、ORL、@CHI、@BOSを2勝2敗で終える事が出来ましたし、
まだホームで6試合しかやっていませんので、まだ行けると思います。
ここまで出来過ぎな感じもありますが、実力は間違いなくついていますし
楽しみなチームになりました。
[Game 18 @セルティックス【NBA_Pacers】]の続きを読む

ポール・ジョージtwitterでの質疑応答【NBA_Pacers】

2012年01月27日 22:09

ボストンへの移動が済み、暇な時間だったペイサーズの
ポール・ジョージがtwitterでファンからの質問に応えていました。

Q.お手本とするプレイヤーは?
A.Tマックとペニー

Q.小さい頃好きだった選手は?
A.コービー、Tマック、ペニー

Q.マイケル・ジョーダンの一番好きな所は?
A.一つを選ぶのは難しいね

Q.このオフに本当に身長が伸びたの?
A.本当だよ

Q.ロードで好きな場所は?
A.ステイプルズセンターとMSGとボストンだよ

Q.今シーズンのチームの一番好きな所は?
A.チームケミストリー

Q.今シーズンのペイサーズはどこまでいけると思う?
A.トップ4を狙えると思う

Q.パンケーキとワッフルはどっちが好き?
A.ワッフル(笑)

Q.NBA2Kシリーズでペイサーズ以外にプレイするのはどこ?
A.ペイサーズ一択だね

Q.なんで24番なの?
A.小さい頃から好きな数字なんだ

Q.バスケット以外に好きなことは?
A.ペイントボール、ボーリング、魚釣りかな

Q.初めてダンクしたのはいつ?
A.14歳だったかな

Q.今シーズンもプレイオフに行けると思う?
A.もちろん。このチームに上限はないよ

Q.小さい頃はどこのチームのファンだったの?
A.クリッパーズとウォリアーズだよ(両方ともカリフォルニアですね)

Q.チームで一番面白いのは誰?
A.ダンテとAJだよ

Q.現役選手で1オン1するとしたら誰としたい?
A.コービー

何か質問しようとしたのですが、いいのが浮かばず
ヒバートのマスクはどう思う?と聞いてみましたが返答は
ありませんでした(笑)

1/26 2ゲーム【NBA】

2012年01月27日 15:30

昨日と明日は13ゲームありますが、今日は2ゲームのみ。
両方ともMEM-LAC戦はTNT放送でスティーブ・カーと
レジー・ミラーが解説をしていたようです。

BOS 91 - 83 ORL
MEM 91 - 98 LAC

 セルティックス:3連勝で8-9

マジックは最大27点リードしていましたが、後半に大崩れし、
第4Qは8点しかとれずにセルティックスに逆転負けを喫しました。
前回の56点に続き、いやな負けが続きました。苦手なのでしょうかね。
ペイサーズと明日対戦のあるBOSがこんな活気のつく勝ち方をされては
困ります。今シーズンホームとアウェイで2勝していますし、
アウェイでLALとCHIを破ってきた勢いもありますから是非とも
勝利でお願いしたいところです。

<怪我>
MIL アンドリュー・ボーガット 左足首骨折 復帰時期未定
NOH エリック・ゴードン 右膝 3-6週間欠場
DEN アーロン・アフラロ 鼠径部負傷で明日のTOR戦欠場の見込
BOS レイ・アレン 足首負傷で明日のIND戦微妙(出場の見込あり)
TOR アンドレイ・バルニャーニ 左ふくらはぎ負傷 数試合欠場予定

<ロスター>
LAC エリック・ブレッドソーをリハビリ調整の為Dリーグへ

ペイサーズ関連ニュース【NBA_Pacers】

2012年01月27日 10:29

<契約>
ロイ・ヒバートとジョージ・ヒルはシーズン中の契約延長にサインせず。
オフシーズンに制限付FAとなります。ペイサーズはヒバートに5年契約
するつもりでしょうかね?他チームからは4年までしか貰えない上に、
チーム内で一人しか5年延長は結べないという新規約らしいですね。
ビッグマンが貴重とされる今、進化と活躍を続けるヒバート。
結構な金額になりそうですが何が何でもキープでしょう。
ヒバートもインディアナがホームだと言っているのでこのまま相思相愛で
無事延長に向かって欲しいです。
ヒルはどうでしょうかね。INDがこのまま好調をキープすれば
再契約までこぎつけるかもしれません。オフにエリック・ゴードンを
狙うという噂もありますが、地元コンビでチームを盛り上げる事が
できるでしょうか。

<温故知新>
レトロジャージ期間がペイサーズにもやってきます。
ABA発足45周年記念ということで全9チームがレトロジャージで
プレイをするそうです。INDは71-74年のブルーのロードユニフォームを
着るそうで、1月31日から開始とのこと。
IND retro
他にレトロジャージを身につけるのはCHA、DEN、LAC、MEM、MIA
MIN、NJN、SAS。

INDのレトロジャージ着用予定は以下の試合。
太字は両チームとも着用予定。
1/31 vsネッツ
2/1 @ウルブズ
2/11 vsナゲッツ
2/16 vsネッツ
2/19 vsボブキャッツ
2/22 @ボブキャッツ
3/26 vsヒート
3/31 @スパーズ

<謝罪>
ペイサーズのマスコット、ブーマーが高校の体育館で
パフォーマンスをしていた所、ダンクでボードを破壊という
なんともいたたましい事件が起きてしまいました。
幸い怪我人はいなかったようですが、ブーマー自ら
修理に出向いたとのことです。
修理と破壊の映像はこちら

修理中のブーマー。
Boomer.jpg Boomer2.jpg
本気で悪いと思ってるのでしょうか・・・・・

1/25 13ゲーム【NBA】

2012年01月26日 17:24

本日はLA対決を含む13試合が行われました。
ダラスでチャンピオンリング贈呈式が行われたそうです。
NJN 97 - 90 PHI
CHA 75 - 92 WAS
NYK 81 - 91 CLE
MIA 101 - 98 DET
IND 95 - 90 CHI
MIL 105 - 99 HOU
NOH 91 - 101 OKC
MIN 105 - 90 DAL
ATL 83 - 105 SAS
TOR 111 - 106 UTA
DEN 122 - 93 SAC
LAC 91 - 96 LAL
POR 93 - 101 GSW

 ナゲッツ:5連勝で13-5
 サンダー:3連勝で15-3
 キングス:3連敗で6-13
 ボブキャッツ:6連敗で3-16
 ホーネッツ:9連敗で3-15
 Mark as GSWHC
ポイント
 D.ウィリアムス(NJN) 34 / レブロン(MIA)、S.カリー(GSW) 32
アシスト
 M.エリス(GSW)、C.ポール(LAC)、R.ルビオ(MIN) 12
リバウンド
 E.イリャソバ(MIL)、K.ハンフリーズ(NJN) 19 / S.ダレンベア(HOU) 18

<契約>
DEN ダニーロ・ガリナリ 4年42ミリオンで契約延長
DEN コスタ・クーフォス 3年9ミリオンで契約延長
MIN ケビン・ラブ 4年60-62ミリオンで契約延長
CHA ジェラルド・ヘンダーソン 4年目のチームオプション行使
NYK トニー・ダグラス 4年目のチームオプション行使
MEM クインシー・ポンデクスター 3年目のチームオプション行使

Game 17 @ブルズ【NBA_Pacers】

2012年01月26日 14:42

今日はシカゴでブルズと対戦。
今シーズンホームで8勝0敗と負け無しのCHIに対し、ペイサーズは
昨日ホーム無敗記録をマジックに破られたばかり。
リーグ唯一となったホーム無敗チームへの厳しい挑戦でした。

CHIはギブソンとデンが怪我により欠場。
INDはいつも通りのスターティング5でしたが、
RIPとヒバートの二人のマスクマンが存在するという
なかなか面白い顔合わせとなりました。

第1Q、ローズがレイアップを外して始まります。
INDはウエストが中に入っていってポイント。
続くCHIはノアがレイアップにいきましたが、ヒバートがブロック。
直後ポールもローズにブロックされましたが、ウエストがスティールし
ヒバートがフックを決めて幸先の良いスタートとなりました。

INDはシュートの調子がよく、ヒバート、ウエスト、ダニーが
それぞれ決めます。CHIもシュートが外れてもリバウンドが強く
ノアがチップで押し込んだりローズに3PTが当たって12-14と
逆転されてしまいます。しかしダニーが2本の3PTを決め、
第1Qを24-23で終了しました。ローズがブザービーターを
決めましたが、時間が過ぎた後で助かりました。。。

第2Q、最初はシュートが入ったのですが、TOにブロックに
シュートミスであっという間に逆転されてしまいました。
ポールがなんとか点を重ねますが、CHIはブリュワーが大当たり。
残り5分35秒から14得点も稼ぎ出しました。最後はコリソンが
ローズにブロックされ、ファストブレイクでRIPが持ち込んだところで
ヒルがファールをし、カウント。一気に44-54と離されて前半終わり。

先日に続いてまた第1Qだけ頑張れるパターンかと思いました。
更に昨プレイオフでその強さを嫌と言うほどたたき込まれた為、
半ば諦め気味でした。

第3Q、コリソンのレイアップとノアのダンクが決まった後、
ヒバートがフックで2点、ローズのジャンパーがミス、ポールの3PTで
51-56まで詰め寄りました。3秒バイオレーションでFT1本取られましたが、
ローズのパスをヒバートがスティール。ダニーのダンクが速攻で決まり、
ノアのレイアップをウエストがブロック。またしても速攻で
ダニーがレイアップを決め55-57と2点差にすることに成功。

タイムアウト後、ノアとブリュワーに決められて55-61まで
また離されてしまいましたが、ダニーとウエストが連続で
プットバックレイアップを決める等してまた61-63の2点差へ。
お互いに点を決め、ハンズブローがレイアップを決めて66-67。
1点差にまで迫った所でローズのフェイダウェイが決まってまた3点差。

追いつけそうで追いつけない状態が続きましたが、コリソンのレイアップ、
RIPのレイアップをヒバートがブロック、タイムアウト後、ブリュワーの
ジャンプショットも落ちて、ヒバートのフックで70-69と遂に逆転。

直後にローズのカウントで2点ビハインドとなりましたが、ハンズブローが
スカラブリニ相手にインサイドで得点を決めて72-72の同点へ。
RIPがミドルを決め、ブローがルーズボールファールでFTを2本貰って
両方とも決めてまた同点。残り40秒を切り、お互いにラストチャンス。
CHIはローズが3PTを打ったもののミス。INDはウエストがレイアップミス
したものの、リバウンド争いでウエストがアシクにファールされFT。
1本しか決められませんでしたが75-74と逆転して第3Q終了となりました。

第3Qに10点差をひっくり返し、1点のリードを奪うことに成功。
多少笛がINDよりに傾きましたが、ディフェンスが良くなり、
CHIもシュートがなかなか決まらなかったのが点数となって現れました。

第4Q、CHIのオフェンスが先だったのですがアシクがFTを2本とも外し、
INDはウエストがミドルを決めます。CHIはスティールしながらも
バックコートバイオレーションでTO。助かったINDはポールが
コーヴァーをかわしてジャンプショット。79-74とします。
ノアにプットバックダンクを決められた後、ウエストがブーザーを
交わしてダンク。ベンチも立ち上がって盛り上がります。

しかしタイムアウト後、ブーザーに2本連続でジャンパーを
決められ、81-80となります。ウエストがコーヴァーからファールを
貰い、FT1/2で82-80。CHIはワトソンがミドルを外して今度は
ブローがFTを貰います。しかしこれも1/2しか決められず、83-80。

残り8分、まだローズを戻さず、ブーザーがショットミス。
ヒルも3PTをミスし、ワトソンのシュートがミスしましたが、
リバウンドを取り切れず、アウトオブバウンズでCHIポゼッション。
すると7分18秒、ローズがコートに復帰。お互いにオフェンスに失敗し、
CHIオフェンスとなりますが、ブーザーがゴリゴリ押し込んだ結果
チャージング。ウエストがうまくとりました。

ポールがスルスルとディフェンスをかいくぐってダンク。
6分8秒で85-80。CHIがタイムアウトを取ります。

ここでINDもスターターに戻し、ゲームの正念場となります。
RIPが外したものの、リバウンドを取られて結局ローズに
バンクショットを押し込まれてしまいます。
INDはポールがシュートをミスしましたが、ダニーが
リバウンドを取ってすかさずレイアップ。これでまた5点リード。

ブリュワーに中に入られたものの、レイアップをウエストがブロック。
ウエストのショットミスをヒバートが拾いましたが、押し込めず。
ローズが無理矢理レイアップに行ったところ、コリソンがブロックし
INDボールに。スクリーンを使って走り込んできたダニーがミドルを
決めて89-82の7点リードとなりました。

しかし残りはまだ4分もあります。そして相変わらずリバウンドを
取られて失点を続け、残り1分33秒にはブリュワーのFTが2本決まって
90-88まで追い詰められてしまいました。2分半で1-6のランと
されましたが、1分12秒、ウエストがフローティングジャンプショットを
決めて92-88。RIPがシュートをミスしましたが、ウエストがハンブルして
再度CHIボール。ここでリバウンド取れてればもう少し楽になったのですが、
ボールを入れてすぐにRIPへファール。2本のFTが決まってまた92-90へ。

残り57.7秒、決めないと厳しくなる場面でここまでシュートを
決めて来たウエストがミス。CHIは残り25秒にローズからパスを受けた
どフリーのスカラブリニが3PTを打ったものの決まらず。
アウトオブバウンズになりかけたボールをCHIが拾おうとしましたが、
ボールをゲットしたのはコリソンでした。

そのままファストブレイクに繋げようと走り出しましたが、
FTライン付近でまさかの転倒。しかしなんとかポールに渡し、
転んだコリソンに集まったローズとスカラブリニをよそに
ゴール下でヒバートが両手を挙げて待ち構えていました。
すかさずパスを回しヒバートがだめ押しのダンク。
残り13.1秒で94-90と4点リードに成功。
ビッグマスクマンが良く最後まで走り抜きました。
Hibbert vs CHI
そして最後もCHIにシュートをさせずダニーがスティール。
FTは1/2でしたが試合は95-90で終了。
CHIにシーズン初のホーム黒星を与えました。

試合後、ボーゲルがブライアン・ショウの胸をダブルパンチ。
うれしさが滲み出ていました。第2Qで終わりかけたこの試合、
最大10点ビハインドからの逆転勝利となりました。
第4Qは一度も同点にさせないという、CHIのお株を奪うような
試合でした。これで日本でも生放送のあるBOS戦に良い流れを
持ってきてくれると信じています。

レギュラーシーズンの1試合ですが、ペイサーズにとっては
とても大きな1試合となったのではないでしょうか。
比較的楽な勝利もありましたが、今日がシーズンのベストゲーム
でしょうね。
[Game 17 @ブルズ【NBA_Pacers】]の続きを読む

2年目プレイヤーのスタッツチェック【NBA】

2012年01月25日 16:40

今シーズンはペイサーズにルーキーがいないためか、
カイリー・アービングやリッキー・ルビオその他数名しか
ルーキーを把握していません。その為、2年目選手のスタッツを
チェックしてみました。昨日の試合までの成績となります。

ポイント
 1. LAC ブレイク・グリフィン 21.0
 2. WAS ジョン・ウォール 16.2
 3. DET グレッグ・モンロー 15.2
 4. SAC デマーカス・カズンズ 14.6
 5. WAS ジョーダン・クロフォード 11.3
 6. IND ポール・ジョージ 11.1

アシスト
 1. WAS ジョン・ウォール 7.2
 2. UTA ゴードン・ヘイワード 3.3
 3. NOH グレイビス・バスケス 3.1
 4. NYK ランドリー・フィールズ 3.1
 5. PHI エヴァン・ターナー 3.1
 9. IND ポール・ジョージ 2.3

リバウンド
 1. LAC ブレイク・グリフィン 11.5
 2. SAC デマーカス・カズンズ 10.8
 3. DET グレッグ・モンロー 9.4
 4. TOR エド・デイビス 6.2
 5. PHI エヴァン・ターナー 6.1
 10. IND ポール・ジョージ 5.2

10位指名にしてはそこそこな当たりだった感じでしょうかね。
今シーズンは3PTが好調なポール。あとはTOを減らしてくれると
ダニーの後を任せることができるようになりそうです。


New