1/24 5ゲーム【NBA】

2012年01月25日 12:51

本日は5試合が行われています。
先ほどのORL@IND戦でドワイト・ハワードが
マジックのフランチャイズポイントリーダーとなりました。
これまで1位だったのはニック・アンダーソンでした。
NYK 111 - 78 CHA
ORL 102 - 83 IND
CLE 85 - 92 MIA
TOR 99 - 96 PHX
MEM 84 - 97 POR

 キャブス:4連敗で6-10
 ボブキャッツ:5連敗で3-15

ポイント
 A.バルニャーニ(TOR) 36 / C.ボッシュ(MIA) 35 / R.アンダーソン(ORL) 24
アシスト
 S.ナッシュ(PHX) 14 / J.カルデロン(TOR) 11 / H.ターコルー(ORL) 8
リバウンド
 M.キャンビー(POR) 22 / T.チャンドラー(NYK) 17 / R.ヒバート(IND)他 12

<契約>
MEM クインシー・ポンでクスターとの3年目のオプション行使
NOH ザビエル・ヘンリーのオプション行使
NOH グレイビス・バスケスのオプション行使
PHX ロビン・ロペス 契約延長せずに制限付FAとなる見込み
WAS フリップ・サンダースを解雇

<怪我>
CHA D.J.オーガスティン 右足つま先負傷 4試合欠場予定
CHI ルオル・デン 左手首の靱帯損傷 今の所手術の予定なし
PHX グラント・ヒル 左目の上をカット 途中退場
CLE トリスタン・トンプソン

<ロスター>
SAC タイラー・ハニーカットをDリーグから招集

Game 16 vsマジック【NBA_Pacers】

2012年01月25日 12:16

今日はホームでオーランド・マジックと対戦がありました。
ORLは連戦、しかもBOSに大敗。ペイサーズはホームここまで
5勝負け無しと追い風。

序盤はダニーのシュートも好調でヒバートもドワイト相手に
インサイドで勝負できていました。そしてドワイトが早々2ファール
となり、INDは第1Qを22-29と7点リードで終えました。
ヒバートとダニーが10ptsずつ稼ぎ出しました。
AREA55 vs ORL
第2Q、ドワイトは頭から出てきてINDはルーをぶつけます。
これはまずいと思っていると何とドワイトから3つめのファールを
貰い再度ベンチに追いやります。残り5分まではリードを
キープできていたのですが、ターコルーに3PTを決められ、
Qリッチにプットバンクダンクを許し、アンダーソンに3PTを
決められて41-39と逆転されてしまいました。
その後はINDも点を決め返し、何とか45-45で前半終了。

第3Q、ORLが有利に試合を進め、残り4分55秒に
ヒバートがFTを2本決めて60-56と4点ビハインドまで迫りましたが、
ターコルーに3PTを決められて63-56。
INDはシュートが決まらず、オフェンスリバウンドを取っても
決めきれません。一方のORLはデイビスが2本連続インサイドで
得点。67-56とされてしまいます。
第3Qなんとか9点ビハインドで終えようとしましたが、
Qリッチにブザービーター3PTを決められてしまい、74-62。

第4Q、ダンテのカウントワンスローとハンズブローが
レイアップを決めて76-67とまた9点差に迫りましたが、
INDは連続TO。その間ORLは点をしっかり決めて80-67。

この後INDは得点が止まり、またJリッチに3PTを決められ、
残り4分38秒に91-71と20点差を付けられてしまいました。

INDは明日もシカゴで試合があるため、主力をここで下げます。
ORLは前半休んだ為か、ドワイトがラスト1分までずっと出ていました。

ORLはこの試合ずっと成功していたボールを回して3PTを
最後まで続け、102-83でINDは今シーズン初のホーム敗戦となりました。

途中までは良かったのですけどね。
上にも書いた通り、ORLがボールを回して3PTを多発。
序盤はそれが外れていましたが、打たせすぎてしまい、
確率は良くないながらもそれが大きな点数となって現れました。

INDはディフェンスの一歩目からついて行けず、ORLに
好き勝手やられてしまいました。前の試合にボロ負けしたからと言っても
ここまで11勝5敗でやってきているイーストの強豪チームです。
INDは何とか11-4でここまできましたが、元の実力というか
積み上げてきたものは違いますからね。

さて、次はブルズです。プレイオフからプレシーズンまで
嫌と言うほど対戦してきました。ローズも復帰しています。
アウェイですが少しでもヒヤッとさせられるように
頑張って貰いたいです。

その後はセルティックスと対戦。
NHK BSでの生放送がありますので、アウェイですが
ぜひ勝っていただきたい(笑)
[Game 16 vsマジック【NBA_Pacers】]の続きを読む

1/23 10ゲーム【NBA】

2012年01月24日 12:47

アメリカ時間1月23日は10ゲームが行われています。
ペイサーズは明日インディアナでマジックと対戦しますが、
そのマジックは今日もボストンで試合がありました。

《Player of the week 1/16-1/22》
東 ドワイト・ハワード 19.5pts 18.8reb 2.8ast 2.8blk 3勝1敗
西 マルク・ガソル 19.5pts 9.8reb 4.5ast 2.5blk 4勝0敗

<試合結果>
WAS 83 - 103 PHI
ORL 56 - 87 BOS
NJN 95 - 110 CHI
ATL 97 - 92 MIL
SAS 104 - 102 NOH
DET 79 - 99 OKC
HOU 107 - 92 MIN
PHX 87 - 93 DAL
SAC 89 - 101 POR
MEM 91 - 90 GSW

 グリズリーズ:7連勝で10-6
 ロケッツ:7連勝で10-7
 ブルズ:4連勝で16-3
 マブス:3連勝で11-7
 キングス:3連敗で6-12
 ウォリアーズ:3連敗で5-11
 ウィザーズ:3連敗で2-15
 ホーネッツ:8連敗で3-14

<怪我等>
MIN ウェス・ジョンソン 病気で欠場
BOS レイ・アレン 左足首負傷で欠場
BOS レイジョン・ロンド 右手首捻挫で欠場
CHI ルオル・デン 左手首負傷で欠場

<ロスター>
DAL ドミニク・ジョーンズをDリーグから招集
CLE クリスチャン・アイエンガをDリーグから招集

セルティックスはアレンとロンドを欠いた状態でしたが
マジックがチームFG24.6%(16/65)で大敗。さすがに
立て直して来るとは思いますが、アウェイで連戦の初戦を
嫌な形で落としました。IND戦の後1日明けて今度は
オーランドでBOSと再戦があります。リベンジできるでしょうか。

またホークスvsバックスの最後を見ましたが、
元INDのMDJが3PTミスと次のオフェンスでもTOで
同点に追いつくことが出来ずに試合を落としてしまいました。
昨日はヒートに勝っただけに勢い付けたいところでしたが、
ホークスがそうはさせませんでした。

また、シクサーズが相変わらず快勝しています。
あの得点差はなんなのでしょうか・・・プレイオフが楽しみな
チームですね。かつてのDETのようにディフェンスとチーム力で
ファイナルに進んだりするかもしれません。

Game 15 @LAレイカーズ【NBA_Pacers】

2012年01月23日 16:03

本日はLAでレイカーズと対戦。今日はステイプルズセンターで
ダブルヘッダーだったようで、クリッパーズの試合が終わってから
客席とコートをLAC仕様からLAL仕様に早変わりして行われた様です。

LALには元ペイサーズのジョシュ・マクロバーツ、トロイ・マーフィー、
そして解明したメッタ・ワールド・ピースがいます。
ジョシュさんはMcBobというあだ名を気に入ってなかったという
話があったので呼べなくなってしまいました。残念。

さて、試合の話です。
第1Qは散々でした。LALにオフェンスリバウンドを取られる、
FTを与えまくる、ヒバート2ファールでファールトラブル、
そしてコービーの肘が当たり(プレイ中の流れで)鼻を骨折(?)という
情報が入り、戻ってくるかは不明ということになりました。

お互いにシュートは外れていたのですが、FT分の得点が
開いていきました。それでもLALはFTを落としまくっていたので
大差にはならずに済みました。
INDは最後までいいところが出ず、第1Qを13点ビハインドの
14-27で終えることとなってしまいました。

第2Qジョージ・ヒルが一人で5ポイントを稼ぎ出しますが、
MWPが中々の好調で3PTまで決め始めました。ここまで
ルー・アマンドソンがこける、リバウンドとれない、ダンクを
ミスするとミスを連発。ダブルジェフも使えない今控えは
彼しかいない、そしてヒバートが戻ってこれるか微妙という事で
絶望的な流れに。すると残り5分、鼻血止めの処置をした
ヒバートが戻ってきます。
するとINDに勢いがつき始め、シュートが入るようになります。
コービーには相変わらずタフショットを決め続けられましたが、
最後ウエストがブザービーター3PTを決めて49-52で
第2Qを終えることに。最初の出来から言えば100点に近い
復活劇でした。

そして第3Q、コービーに決められて49-54とされてしまいましたが、
ポールが3PTを決め、続いてバイナムのダンクをダニーがブロック。
更にダニーが3PTを決めてなんと55-54と逆転に成功。
バイナムとヒバートのフック合戦があった後、ダニーが更に
3PTを決めて60-56と4点リードにまで広げました。

しかしここからまたLALのターン。
17-8とやれれてしまい、68-73になってしまいました。
力負けするかと思いきや、ヒルが3PT、ヒバートがフックを決めて
73-73の同点に持って行きます。

ランスがFTを2本決めてリードを奪いましたが、第3Qの最後、
コービーがタフショットをブザーと同時に決めて77-78で終了。
Roy vs LAL
第4Q、バイナムに1本のFTを決められた後、マーフィーが3PTを
決めて77-82とまたリードを広げられてしまいます。
両者得点が入らない時間となり、ヒバートがレイアップ1本と
フック2本を決めて1点差まで迫ります。バイナムがガソルからの
パスでアリウープレイアップを決め、3点ビハインドになると
ヒバートからのパスでコリソンが3PTをヒット。86-86の同点へ。
更に直後のLALのオフェンス、フィッシャーからMWPへのパスを
ダニーがカット。同時にルーズボールファールを貰いINDボール。

ダニーがバイナムからファールをもらいFT。
ここを1本しか決めることができず、続いてバーンズにFTを2本
決められて87-88とまた逆転されてしまいます。

ヒバートがフックを外し、コービーもショットをミスした直後
コリソンが走っていたポールにパスをしてファストブレイクで
ダンクを決めます。しかし、セカンドチャンスでコービーに
レイアップを許しまた89-90の1点ビハインド。

残り3分19秒、今度はダニーが中に入っていってレイアップを決め91-90。
しかしまだ試合は動きます。ボールを回された後にバーンズに
フリーでダンクを許してしまい、更にコリソンが3PTをミス。
2分を切ったところでフィッシャーにジャンプを決められ
ここで3点ビハインドとなってしまいました。

INDはダニーがシュートをミスしましたが、ウエストが拾い、
ヒバートのフックへ繋げます。これで93-94。
続いてガソルがミスをし、残り1分15秒、ヒバートが
中へ向かうコリソンにパスを出し、コービーのブロックを超えての
レイアップを決めます。
DC vs LAL
LALはコービーが打てずにバーンズが3PTを打ちましたがミス。
残り47秒になり、タイムアウトを取ったINDでしたが、次のオフェンスで
コリソンが痛恨のTO。残り29秒でLALにボールを渡してしまいましたが、
フィッシャーがフローティングシュートをミス。アウトオブバウンズで
9.9秒INDボールに。ファールゲームとなり、コリソンがFTを2本
きっちり決めて97-94と3点リードへ。

数試合前にフィッシャーが3PT決めたのを見ていたため、最後まで
分かりませんでしたが、コービーがちょっと遠くから打った3PTは
外れてダニーがリバウンド。ファールをもらってFTを1/2で決めて
4点リード。ここはしっかり2本決めて貰いたかったですけど
終盤シュートを決めていましたし、今日も頑張ってくれました。
中盤はFTで何とか繋いでいましたし、エースとしての仕事は
立派に果たしてくれたと思います。

最後ガソルに2点を決められましたが、全員の力で勝利をてにしました。

第2Q中盤までは負けを覚悟し、途中からヒバートの成長具合に感動し、
最後は全員バスケでLAL相手に勝利。明らかに昨シーズンのペイサーズとは
違います。崩れた試合を立て直す事ができるようになりました。

最後のレイアップを決めたコリソンも素晴らしかったですが、
パスを出したヒバートのセンスもなかなかのものです。
お互いにアイコンタクトがしっかり決まってました。
鼻血で少しゲームを止めた時間もありましたが、ヒバートは
冷静でしたね。
[Game 15 @LAレイカーズ【NBA_Pacers】]の続きを読む

1/22 5ゲーム【NBA】

2012年01月23日 11:28

アメリカ時間1月22日は5ゲームが行われています。
本日最後の試合はIND@LAL。ペイサーズINDファン獲得のチャンスです。
BOS 100 - 94 WAS
TOR 91 - 103 LAC
CHA 87 - 97 NJN
MIL 91 - 82 MIA
IND 98 - 96 LAL

レイカーズ:3連敗で10-8
ボブキャッツ:4連敗で3-14
ラプターズ:8連敗で4-13

ポイント
 P.ピアース(BOS) 34 / コービー(LAL) 33 / レブロン(MIA) 28
アシスト
 C.ビラップス(LAC) 14 / P.ピアース(BOS)、P.ガソル(LAL)他 10
リバウンド
 D.ジョーダン(LAC) 16 / レブロン(MIA) 13 / J.ウォール(WAS)他 10

<怪我>
IND ロイ・ヒバート 鼻骨折
BOS レイ・アレン 左足首負傷で途中退場

1/21 10ゲーム【NBA】

2012年01月22日 23:27

今日は10ゲームが行われました。
大差のついた試合もありましたが、最後まで接戦だった試合もあり
数試合のラストだけを覗きましたが楽しめました。
CLE 94 - 121 ATL
DEN 119 - 114 NYK 
PHI 92 - 113 MIA
POR 91 - 94 DET
OKC 84 - 74 NJN
CHA 89 - 95 CHI
SAC 95 - 128 MEM
DAL 83 - 81 NOH
SAS 102 - 105 HOU
MIN 98 - 108 UTA

グリズリーズ:6連勝で9-6
ロケッツ:6連勝で9-7
ナゲッツ:4連勝で12-5
ブルズ:3連勝で15-3
ヒート:3連勝で11-4
キャブス:3連敗で6-9
ボブキャッツ:3連敗で3-13
ニックス:6連敗で6-10
ホーネッツ:7連敗で3-13

ポイント
 D.ガリナリ(DEN) 37 / C.ボッシュ(MIA) 30 / レブロン(MIA)他 28
アシスト
 T.パーカー(SAS) 13 / A.ミラー(DEN) 12 / R.ルビオ(MIN) 11
リバウンド
 E.オカフォー(NOH) 17 / K.ハンフリーズ(NJN) 16 / O.アシク(CHI)他 15

<怪我>
PHI スペンサー・ハウズ 左アキレス腱負傷
CHI ジョアキム・ノア 左足首捻挫
CHI ルオル・デン 手首捻挫
ATL カーク・ハインリック 左肩の手術から復帰間近
NJN ダミオン・ジェームズ 右足の手術で復帰時期未定
DAL ダーク・ノビツキー 痛めている右膝と調整の為あと3ゲーム欠場予定

1/20 11ゲーム【NBA】

2012年01月21日 20:29

今日はIND-GSWの最後も興奮しましたが、MIN-LACも
すごかったですね。11試合が行われています。
POR 94 - 84 TOR
ATL 76 - 90 PHI
DEN 108 - 104 WAS
PHX 79 - 71 BOS
MIL 100 - 86 NYK
MEM 98 - 81 DET
CHI 114 - 74 CLE
LAL 80 - 92 ORL
SAC 88 - 86 SAS
MIN 101 - 98 LAC
IND 94 - 91 GSW

グリズリーズ:5連勝で8-6
ナゲッツ:3連勝で11-5
ウルブズ:3連勝で7-8
ピストンズ:4連敗で3-13
ニックス:5連敗で6-9
ラプターズ:7連敗で4-12
MIL-NYK.jpg
ポイント
 B.ジェニングス(MIL) 36 / メロ(NYK) 35 / L.オルドリッジ(POR) 33
アシスト
 J.カルデロン(TOR) 13 / M.コンリー(MEM)、J.ホリデー(PHI) 11
リバウンド
 ドワイト(ORL) 、L.オルドリッジ(POR) 23 / R.ヒバート(IND)他 16

<怪我>
CHI ジョン・ルーカス 鼠径部負傷
CHI タジ・ギブソン 左足首捻挫で都中退場
LAC カロン・バトラー 過伸展右膝(?) Hyperextended right knee
BOS レイジョン・ロンド 右手首負傷で欠場
DEN ネネ 右足かかと打撲で欠場


New