1/30 9ゲーム【NBA】

2012年01月31日 14:21

気がついたらオールスターまで1ヶ月を切っていました。
本日は9ゲームが行われております。

<Player of the week 1/23-1/29>
東 レブロン・ジェームズ 29.0pts 7.5reb 6.0ast 4勝0敗
西 ラッセル・ウエストブルック 22.0pts 7.3ast 4.0reb 3.3stl 3勝0敗

ORL 69 - 74 PHI
CHI 98 - 88 WAS
NOH 95 - 109 MIA
DET 82 - 103 MIL
SAS 83 - 73 MEM
MIN 120 - 108 HOU
POR 89 - 93 UTA
DAL 122 - 99 PHX
OKC - LAC

 ヒート:5連勝で16-5
 マブス:3連勝で14-8
 グリズリーズ:4連敗で10-10
 ピストンズ:5連敗で4-18

<怪我>
UTA アル・ジェファーソン 右足首の炎症で欠場
WAS アンドレイ・ブラッチェ 左ふくらはぎ負傷で3-5週間欠場
NYK カーメロ・アンソニー 足首、手首、親指負傷 1/31 DET戦微妙
TOR レアンドロ・バルボーサ 足首負傷 1/31 ATL戦出場見込
MIN J.J.バレア 左ハムストリング負傷 2/1 IND戦微妙
POR ニコラス・バトゥム 膝負傷 2/1 CHA戦微妙
NJN マーション・ブルックス 右足小指骨折 2月上旬まで欠場

マジックが4連敗。ロースコアで点差こそ5点ですが、
第4Q残り3分の時点で51点しか取れていませんでした。
3分で18点取ったというのはお見事ですが、ファールゲームを
しかけて3PTがよく決まったという感じのようですので
あまり参考にならないかと。ドワイトもブルズでも問題ない発言を
し始めたようですし、トレードOKのチームが本当に広がっている
ようです。

1/29 8ゲーム【NBA】

2012年01月30日 18:31

本日は8ゲームが行われました。
CHI 93 - 97 MIA
CLE 88 - 87 BOS
TOR 94 - 73 NJN
IND 106 - 85 ORL
SAS 100 - 101 DAL
ATL 94 - 72 NOH
LAL 106 - 101 MIN
LAC 109 - 105 DEN

 ヒート:4連勝で15-5
 マジック:3連敗で12-8

ポイント
 レブロン(MIA)、コービー(LAL) 35 / D.ローズ(CHI)他 34
アシスト
 A.ミラー(DEN)、D.コリソン(IND) 10 / J.カルデロン(TOR) 9
リバウンド
 コービー(LAL) 14 / ドワイト(ORL)、B.グリフィン(LAC)他 13

<契約>
CHI マイク・ジェームズ 解雇

Game 19 @マジック【NBA_Pacers】

2012年01月30日 15:44

本日は数日前にホームで敗戦したオーランド・マジックと
アウェイで対戦があります。既に試合中ですが、チェックするのは
後になりそうなので、取りあえずこれだけ先に投稿。

ほとんどの試合の開始前に元INDのオースティン・クロージア
質問に答えてくれる時間があります。

今日もその時間があったのでヒバートの足の具合を聞いてみたら
返信をもらえました。
 From Austin Powers
レジー・ミラーからの返信に続き、コンタクト成功です(笑)嬉しい。
そしてヒバートの足首は大丈夫とのこと。更に嬉しい。

第1Q、ORLはTOを連発しますが、INDもシュートがあまり決まらず。
Jリッチに3PTを決められ4-9になった所でタイムアウト。先日のBOS戦では
タイムアウトを的確に取られて流れを断ち切られてしまった為、INDも
追い上げ場面でも早めのタイムアウトを取ったのでしょうかね。
そして、この段階でレフリーにNo.17 ジョー・クロフォードを確認。。。

しかしタイムアウト明けのオフェンスも失敗。
ORLも失敗した後、INDはヒバートがドワイト相手にミスしますが
オフェンスリバウンドを拾い、ボールを回してダニーの3PTがヒット。
更にコリソンがスティールし、後ろから走ってきたダニーにパスを
してレイアップを決め、9-9の同点に追いつきました。更に
コリソンとダニーが囲んで連続スティールからDCのレイアップで逆転。
ORLはいきなり6個のTOから6失点、INDは7-0のランを成功させました。

バスに3PTを決められますが、ORLはパスミスでまたTO。
INDのシュートはブロックされたものの、ボールはDCの元へ転がり
潜り込んでレイアップを決めて13-12。そしてお互いにミスと得点を
重ねた後、ターコルーへのパスをDCがカットしまたファストブレイク。
ダニーがレイアップを決めながらファールを貰ったもののFTはミスで17-14。
ORLは開始7分で9個のTOとひどい立ち上がりとなりました。

第1QのFGはINDが13/27 48.1%、ORLが9/16 56.2%と
確率こそ負けていましたが、攻撃回数の差でINDが29-22と
リードをして終了しました。

第2Q,ORLはラリー・ヒューズが出てきましたが、息が合わずに
誰もいないところへパス。INDはパスを回してフリーになったルーが
ようやくダンクを決めてくれました。(今シーズン何度外したことか・・・)
この得点で32-22と10点リードを奪うことに成功します。
更にブローのシュートミスをORLがリバウンドを取り切れないでいると
ヒルがすかさず拾って自身8点目のレイアップを決めて12点リード。
ORLがタイムアウトを取りました。先日のBOS戦と違って非常にキレがありました。

ルーがインサイドでもう1本決め、ダンテの3PT、そしてヒルから
ハンズブローへのナイスパスでダンクが決まり、相手を無得点には
抑えられないながらもINDは自分たちのオフェンスを成功させていきます。

ライアン・アンダーソンに3PTを決められ、ルーがチャージングを取られた直後、
ヒルがデュホンからスティールし、カウントワンスローのレイアップを決めます。
このFTを決め、44-29。ヒルは既に12ポイント、4アシストと大活躍。

スターターを戻すとINDの得点が止まり、46-43の3点差にまで
迫ってきます。INDはタイムアウトを取り落ち着かせます。好調の
ヒルを戻したINDはディフェンスに苦しみながらもDCがフローターを決めます。
しかしボール回しの末、ターコルーに3PTを決められ48-46の2点差へ。
そしてヒバートのファールでFTを与えた後、ドワイトにダンクをかまされて
遂に48-49と逆転されてしまいました。
更に得点を許し、INDはシュートを決められないまま、48-51で前半終了。
ORLはあれだけ酷かった出だしからあっという間に立て直しに成功したのでした。
[Game 19 @マジック【NBA_Pacers】]の続きを読む

ロイヤルランブル2012結果 ネタバレ注意【WWE】

2012年01月30日 11:18

本日はアメリカ時間PM8時からセントルイスで
Royal Rumble 2012が行われています。結果が含まれておりますので
ネタバレにご注意ください。

世界ヘビー級王座戦 Triple Threat Steel Cage Match
 ビッグショー vs マーク・ヘンリー vs ダニエル・ブライアン
 ブライアンがショーにレベルロックをかけているとタップしそうになる。
 それをヘンリーがカット。ショーがヘンリーにノックアウトパンチ。
 ブライアンがケージに登り、ショーも追いかける。少しの間そこで戦い、
 ブライアンがショーの手から逃れて離脱。
 勝者:ダニエル・ブライアン


ベス・フェニックス & ナタリヤ & ベラツインズ
 vs ケリー・ケリー & アリシア・フォックス &タミーナ & イブ・トーレス
 勝者:ベス、ナタリヤ、ベラツインズ組

ジョン・シナ vs ケイン
 勝者:ダブルカウントアウト

ドリュー・マッキンタイア vs ブローダス・クレイ
 勝者:クレイ

WWE王座戦
 ドルフ・ジグラー vs CMパンク
 勝者:CMパンク

ロイヤルランブルマッチ 登場順
 1. ミズ
 2. アレックス・ライリー
 3. R-トゥルース
 4. コーディ・ローズ
 5. ジャスティン・ガブリエル
 6. プリモ
 7. ミック・フォーリー
 8. リカルド・ロドリゲス
 9. サンティーノ・マレラ
 10. エピコ
 11. コフィ・キングストン
 12. ジェリー・ロウラー
 13. エゼキエル・ジャクソン
 14. ジンダー・マハル
 15. グレート・カリ(復帰?)
 16. ヒュニコ
 17. ブッカーT
 18. ドルフ・ジグラー
 19. Hacksaw Jim Duggan
 20. マイケル・コール
 21. カルマ
 22. シェイマス
 23. Brian G.James
 24. ジェイ・ウソー
 25. ジャック・スワガー
 26. ウェイド・バレット
 27. デビッド・オタンガ
 28. ランディ・オートン
 29. クリス・ジェリコ
 30. ビッグショー

 勝者:シェイマス


1/28 6ゲーム【NBA】

2012年01月29日 15:04

本日は6試合が行われました。
DET 74 - 95 PHI
WAS 102 - 99 CHA
NYK 84 - 97 HOU
LAL 89 - 100 MIL
SAC 93 - 96 UTA
MEM 84 - 86 PHX

 グリズリーズ:3連敗で10-9
 ニックス:3連敗で7-13
 キングス:4連敗で6-14
 ピストンズ:4連敗で4-17
 ボブキャッツ:8連敗で3-18
 SAC-UTA.jpg
ポイント
 T.エヴァンス(SAC) 31 / コービー(LAL) 27 / D.グッデン(MIL)他 23
アシスト
 K.ウォーカー(CHA) 11 / B.ディアウ(CHA)、M.コンリー(MEM)他 10
リバウンド
 P.ガソル(LAL) 15 / S.ダレンベア(HOU)、P.ミルサップ(UTA) 14

PHI アンドレ・イグダラ 10pts 10reb 10ast
CHA ケンバ・ウォーカー 20pts 10reb 11ast

<怪我>
CHA ジェラルド・ヘンダーソン 背中を悪化させ今日の試合を欠場
CHA D.J.オーガスティン つま先負傷で少なくとも2/8のボストン戦まで欠場

ロイヤルランブル2012 対戦カード【WWE】

2012年01月28日 21:18

久しぶりのWWE関連投稿。クリス・ジェリコが復帰したようですが
あまりチェックできていません。ロイヤルランブルマッチで優勝するのは
ジェリコなのでしょうか、それともまさかの復帰組の可能性があるのでしょうか。
アンダーテイカーの復活でも面白いですし、バティスタやブロック・レスナーが
いきなり出て来たら興奮してしまいますね。妄想でしかありませんが・・・

対戦カードは以下の通りです。

WWE Royal Rumble 2012
30人ロイヤルランブルマッチ


ジョン・シナ vs ケイン

世界ヘビー級王座戦 トリプルスレットスティールケージマッッチ
 ダニエル・ブライアン vs ビッグショー vs マーク・ヘンリー

WWE王座戦
 CMパンク vs ドルフ・ジグラー
 スペシャルレフリー:ジョン・ローリネイティス

1/27 13ゲーム【NBA】

2012年01月28日 18:14

昨日は2試合、今日は13ゲームが行われました。
CHA 72 - 89 PHI
IND 87 - 94 BOS
ATL 107 - 101 DET
NJN 99 - 96 CLE
NYK 89 - 99 MIA
MIL 100 - 107 CHI
ORL 67 - 93 NOH
WAS 76 - 103 HOU
SAS 79 - 87 MIN
UTA 101 - 116 DAL
TOR 81 - 96 DEN
PHX 71 - 109 POR
OKC 120 - 109 GSW

 ナゲッツ:6連勝で14-5
 サンダー:5連勝で16-3
 セルティックス:4連勝で9-9
 ヒート:3連勝で14-5
 サンズ:3連敗で6-12
 ピストンズ:3連敗で4-16
 ボブキャッツ:7連敗で3-17

ポイント
 K.デュラント(OKC) 37 / D.ローズ(CHI) 34 / K.アービング(CLE) 32
アシスト
 A.ミラー(DEN) 12 / R.ウエストブルック(OKC) 11 / R.ルビオ(MIN)他 10
リバウンド
 M.キャンビー(POR) 20 / ドワイト(ORL)、J.ノア(CHI)他 16

<ロスター>
NOH クリス・ケイマンのトレードに積極的

<契約>
LAC コートニー・フォートソン 解雇
NOH トレイ・ジョンソン 解雇
PHI フランシスコ・エルソン FA契約
ATL ドナルド・スローン 解雇


New