2/1 11ゲーム、2/2 6ゲーム【NBA】

2012年02月03日 21:53

昨日と今日の試合の分をまとめてチェック。

<Rookie of the Month>
東:CLE カイリー・アービング 18.1pts 4.9ast FG.511 3PT.411
西:MIN リッキー・ルビオ 11.4pts 8.9ast 2.24stl

<Coaches of the Month>
東:CHI トム・シボドー 18勝5敗
西:OKC スコット・ブルックス 16勝4敗

2/1
CHI 82 - 98 PHI
WAS 103 - 109 ORL
TOR 64 - 100 BOS
DET 96 - 99 NJN
MIA 97 - 105 MIL
PHX 120 - 103 NOH
OKC 95 - 86 DAL
IND 109 - 99 MIN
HOU 91 - 99 SAS
CHA 68 - 112 POR
LAC 107 - UTA 105

2/2
MEM 96 - 77 ATL
CHI 105 - 102 NYK
NOH 81 - 93 SAS
POR 92 - 95 SAC
DEN 112 - 91 LAC
UTA 101 - 119 GSW

 スパーズ:3連勝で15-9
 ホーネッツ:4連敗で4-19

ポイント
 A.スタウダマイヤー(NYK) 34 / M.エリス(GSW) 33 / D.ローズ(CHI) 32
アシスト
 D.ローズ(CHI)、J.ティンズリー(UTA) 13 / S.カリー(GSW) 12
リバウンド
 L.オルドリッジ(POR)、D.リー(GSW) 14 / J.トンプソン他 12

<契約>
ORL ラリー・ヒューズ 解雇
ORL イシュ・スミス 契約
NJN ラリー・オーウェンス 解雇
NJN キース・ボーガンズ 契約

<怪我>
ATL ジェイソン・コリンズ 左肘捻挫
NJN アンソニー・モロー 左足首負傷
CHA ジェラルド・ヘンダーソン 右ハムストリング負傷 2-4週間欠場
DAL ショーン・マリオン 膝の過伸展

Game 21 @ウルブズ【NBA_Pacers】

2012年02月03日 14:08

昨日は高熱の為試合を見る気力もなくダウンしていました。
ようやく熱も下がって来たので昨日の試合をチェック。
熱があるにも関わらず試合に出場したマイケル・ジョーダンや
ダーク・ノビツキーの精神力の強さを改めて人間離れしていると
実感したものです。

前日はホームでネッツ戦、移動して連戦でミネソタでウルブズと
戦いました。この試合からダーコ・ミリチッチとJ.J.バレアが復帰、
更にマイケル・ビーズリーも復帰後に活躍したとあり、ラブ&ルビオの
ラインも気になるチームでした。

序盤はペイサーズもTOが多かったものの、幸いMINもシュートの
確率を良くなく、TOも多めで第3Qまでは接戦となりました。

第3Q残り8分55秒、リドナーのジャンプショットで53-52と
1点差に詰められた後、ダニーがFT2本、レイアップ、3PTと
一人で7ポイント連取し、60-52とリードを広げました。

その後お互いに得点を重ねた後、残り23秒、リバウンド争いで
ラブがダニーにハードファール。ラブは試合序盤からファールを貰えず
イライラしていた為、ここでちょっと発散してしまった感じでした。
自分がリバウンドを取り損ねたのもあり、ダニーに奪われたため
カッとなったのでしょうか。クローズラインを受けた感じだったと語った
ダニーは激高しラブにつかみかかりテクニカル。ラブよりも
そばにいたビーズリーの方が怒ってましたがダニーはこれで
乗ってしまいました。既に第3Qだけで15ポイントを取っていましたが、
このファールで得たFTを2本決めて17点、トータル24ポイント。

最後にバレアにレイアップを決められて76-70、INDの6点リードで
第3Qを終えました。

第4Q、INDは5点連取し81-70と二桁得点差へ。
ダニーがFT2本決めた後、ルーのスティールからファストブレイクで
ダニーのレイアップ。この後INDはTOが続き、バレアに4点取られ
9点差に詰められた所でダニーが3PTを決めて88-75。
更に6分34秒にはダニーの4ポイントプレイが決まり94-77と
リードをどんどん広げました。しかしベンチメンバーを出すほどの
余裕はなく、最後までほぼスターターが出場することになりました。

確かにINDよりの笛が多かったのでラブのイライラも分かりますし、
ダニーは今シーズンテクニカルが増えている気がするので
気をつけてもらいたいです。

試合後にヒバートがダニーについて
「彼を怒らせるとどうなるかわかるよね」
とコメントしていました。今日は良い方に傾きましたが、
TOR戦では一つ目を貰った事を忘れていて二つ目を貰って
退場という粗相をしている為、あまり怒りすぎないで貰いたいです。

ダニーは第3Qで17ポイント、第4Qで12ポイントの計36ポイント。
レジー・ミラーばりの後半上がり調子でした。
[Game 21 @ウルブズ【NBA_Pacers】]の続きを読む


New