2/10 12ゲーム リンリン電話がリンギントゥナイ~【NBA】

2012年02月11日 21:44

今日は失意のIND戦を含む12試合が行われました。
ペイサーズとシクサーズが連敗ということで、今シーズン
連敗のないチームはブルズのみとなりました。
BOS 74 - 86 TOR
LAC 78 - 77 PHI
MIA 106 - 89 WAS
CHI 95 - 64 CHA
ATL 89 - 87 ORL
NJN 92 - 109 DET
MIL 113 - 112 CLE
LAL 85 - 92 NYK
IND 92 - 98 MEM
POR 94 - 86 NOH
DAL 104 - 97 MIN
OKC 101 - 87 UTA

 ブルズ:5連勝 23-6
 ニックス:4連勝 12-15
 ピストンズ:4連勝 8-20
 ジャズ:3連敗 13-12
 ネッツ:5連敗 8-20
 ホーネッツ:8連敗 4-23
 ボブキャッツ:13連敗 3-23

ポイント
 J.リン(NYK) 38 / A.ジェイミソン(CLE)、コービー(LAL) 34
アシスト
 R.セッションズ(CLE) 16 / J.カルデロン(TOR) 14 / J.キッド(DAL)他 10
リバウンド
 J.スミス(ATL) 19 / ドワイト(ORL) 18 / T.ブッカー(TOR) 15

<怪我>
NOH クリス・ケイマン 左足首負傷 day-to-day
SAS マニュ・ジノビリ 左手骨折からネッツ戦で復帰予定
CLE カイリー・アービング 脳しんとうで2/15のIND戦までは欠場予定

<契約>
CLE ベン・ウゾー 10日間契約
---
さて、お寒いタイトルですが、ニックスのジェレミー・リン。
ブレイクが2試合続いた時点では、「そのうち対策されて元に戻るだろう」
と高を括っていたのですが、いやいや止まりませんね。
メロとアマレがいない中NYKを牽引しています。

ここ4試合で28.5pts、3.8reb、8.0ast、1.8stlと活躍。
4.3TOはちょっと多めですが、それでも4連勝ですからね。
プレイヤー・オブ・ザ・ウィークも狙えるのではないでしょうか。

1試合だけブレイク、1シーズンだけブレイクという選手もいますので
まだ彼についてどうこう言えませんが、少なくともこの1週間の
話題をさらっていったのはリンでしたね。

アマレが戻って来てもリンが活かせばいい話だと思いますが、
メロが帰って来たらどうなりますかね。

Game 26 @グリズリーズ【NBA_Pacers】

2012年02月11日 11:00

ペイサーズは1日休みを挟んでメンフィスでグリズリーズと対戦。
今日からMEMはトニー・アレンが戻ってくるとのこと。
そしてINDはジェフ・フォスターが遂に復帰しました。

第1Q、INDはTO連発でFTも外し、1-8という酷いスタートを切ります。
しかしダニーの2本の3PT等で一度は15-13とリードを奪いましたが
22-22で第1Qを終えました。

第2Q、MEMはマリース・スペイツが好調を維持し、
得点にリバウンドにディフェンスと活躍をみせます。
INDはFT多く貰う物のあまり決める事ができず、シュートを
外し始めていたMEMと互角の勝負をします。
FGが決まらず、FTも2本決める事ができず、MEMに
リードを許し始めます。しっかり決めていればリードを
奪えている展開なのですが非常にもったいないです。

少し立て直してFGも決まる様になりましたが、やはりFTは
1本しか決められず。一旦4点リードを奪ったものの、結局
47-47で前半終了。最後にロングパスをしてカットされましたが
ああいうプレイは止めてもらいたいですね。
どんなに遠くからでも打てば入る可能性が0ではないので
無理に近づいて奪われるよりも自分達で打った方がよいです。

第3Q、相変わらずTOが減らず自分達のオフェンスができません。
一時リードを広げられましたが、コリソンの3PTで逆転したりと
まだ試合を決定づけさせません。FTは少し入る様になりましたが、
TOで攻撃回数が少ないというのが残念です。こんなIND相手に
良い勝負をしてくれている今日のMEMなのでTOをなくすか
FTを決めていれば、、、と思うばかりです。最後はまたボールを
奪われて攻撃出来ずに73-73で終了。

第4Q、序盤にINDがリードを奪う展開になりましたが、
3ポイントプレイを決められて2点ビハインド。ポールがFTを2本決めて
9分半で77-77の同点となりました。しかしダニーが5ファールで
ベンチへ。しかし12-2のランを仕掛けられ77-86と一気に離されました。
そこから踏ん張って5分18秒にダンテが3PTを決めて84-86。更に
MEMに24秒ギリギリで打たせてミスを誘い、ウエストがインサイドで
決めて86-86の同点になりました。

メイヨに2本のFTを決められ2点ビハインド。INDはダニーがミス。
MEMはパスを焦りTO。ヒバートがオフェンスリバウンドから
ファールを貰ってFT1/2で87-88。ガソルにファールを与えましたが
彼もFT1/2で87-89。残り3分を切りました。

ヒバートとスペイツがそれぞれインサイドでミス。
更にウエストもミスして2分を切ります。
ここでトニー・アレンに簡単に決められ87-91。
ポールのレイアップがミスし、リバウンドを獲ったヒバートでしたが
シュートはガソルに抑えられてジャンプボールに。それをMEMボール
とされてしまい、残り1分30秒。
ガソルに簡単に抜かれてファールしたもののFT2本決められて87-93。

ウエストが決めて1分を切った所で89-93。
時間を使われてシュートはミスしたもののリバウンドが獲れずに
MEMボール。ファールにいかざるをえなくなり89-95。
タイムアウト後、ダニーが3PTを決めますが、追いつける事もなく。
最後の最後まで気合いの入らないまま今シーズン初の連敗。

FT決めていれば勝てた試合でしたし、TOが多すぎました。
明日はホームでナゲッツと対戦です。ホームとはいえ、こちらは
連戦、DENは1日休養。厳しい戦いになりそうです。

オールスターセンター対決?
そんなものはマーク・ガソルの圧勝でしたよ。っと。
[Game 26 @グリズリーズ【NBA_Pacers】]の続きを読む


New