2/14 9ゲーム リンの活躍は続く【NBA】

2012年02月15日 16:18

本日は9ゲームが行われました。ペイサーズが残念な試合をしている中、
トロントではまたもやジェレミー・リンがやってくれたようです。
3点ビハインドの時にカウントワンスローを決めて同点にし、
残り0.5秒で決勝の3PTを決めて雄叫び。チームを6連勝に導きました。
ここまで活躍を続けるのはすごいですね。。。TOが多くても勝ちますか。

NYK 90 - 87 TOR
MIA 105 - 90 IND
SAS 99 - 95 DET
SAC 115 - 121 CHI
HOU 83 - 93 MEM
UTA 85 - 111 OKC
PHX 92 - 109 DEN
WAS 124 - 109 POR
ATL 78 - 86 LAL

 スパーズ:8連勝 20-9
 ニックス:6連勝 14-15
 ヒート:4連勝 23-7
 ペイサーズ:4連敗 17-11
 LBJ gift
 試合後にシューズをプレゼントする優しいレブロン。
 この試合、倒れたコリソンを起こしてあげるなどいい人の部分が目立った。

ポイント
 N.ヤング(WAS) 35 / N.バトゥーム(POR) 33 / J.ウォール(WAS) 29
アシスト
 L.デン(CHI)、J.リン(NYK) 11 / J.ルーカス(CHI)他 9
リバウンド
 D.カズンズ(SAC) 17 / A.バイナム(LAL) 15 / M.ゴータット(PHX) 14

<記録>
DET ベン・ウォレス ドラフト外選手として史上最多の1055試合に出場

<怪我等>
POR ラマーカス・オルドリッジ 左足首捻挫 途中退場
IND ダニー・グレンジャー 右足首捻挫 途中退場
SAC ジマー・フレデッテ 胃腸炎 今日のCHI戦欠場
BOS ケビン・ガーネット 股関節屈筋 明日のDET戦微妙

<契約>
CHI マイク・ジェームズ 10日間契約
NJN アンドレ・エメット 10日間契約
NJN キース・ボーガンス 解雇

<オールスター>
CHI 東のヘッドコーチが確定

Game 28 vsヒート【NBA_Pacers】

2012年02月15日 12:49

今日はホームに3連戦最後の試合となるマイアミ・ヒートを
迎えました。対するペイサーズは今日から3連戦が始まります。
過去2試合を圧勝してきたMIAはスターターも疲れていない様子。
INDとしては不安な試合でした。

第1Qの最初コリソンが早いトランジションでレイアップを
決めるとスティールを決めて良いスタートを切りました。
が、よかったのはここまででした(早)

その後は中学生と大学生の試合の様でした。
INDはそこそこインサイドで勝負できていたのですが、そこまで
入ってもシュートを決められないのか、というショットを連発。
一方のMIAはBIG3を中心にポンポン決めて来ます。

あっという間にダブルスコアになり、33-16で第1Q終了。
第2Qにはいっても勢いは変わらず、前半だけで68点も
取られてしまいました。第3Qを90-58で終えると
第4Q早々にガベージタイムとなりました。

最終的な点差こそ15点ですが、最大35点もリードされて
INDのオフェンスは全く機能せず。BIG3に目がいきがちですが、
MIAは控えも本当に強いですね。

また、ダニーが足首を捻って途中でロッカーへ。
そのまま戻らずday-to-dayとの事です。明日のCLE戦は
アービングが復帰というのにこちらはエースを欠いてしまうのでしょうか。
ヒバート並の回復力で出てきて貰いたい所です。

と、今日のINDには全く良いところがありませんでしたが、
そんな中でもルー・アマンドソンがいつもより良い働きをしてくれました。
第4Q、7分12秒にプライスからのアシストを受けてダンクを決めると、
直後にボッシュのダンクをブロック。
更に3分56秒にもダンクをかまし、直後ジュワン・ハワードのシュートを
妨害。(ブロックにはなってませんでした)。攻守に渡って活躍。

そして今日の試合で一番目立ったのはジュワン・ハワードでした。
ガベージタイムに出てきたと思ったらパスミスやらチャージングで
TO連発。良いところが全くないまま1分33秒にA.J.プライスとの
ジャンプボールになります。しかしこのジャンプで負け、ランスが
ファストブレイクでレイアップを決めます。

するとこの次のINDのオフェンス時にランスにジュワンが付きました。
ランスが抜いてレイアップに行こうという所で腕を振り下ろして
ハードファール。更に自らランスに詰め寄りトラッシュトークだか
なんだか顔を近づけているとテクニカルを貰います。

この時点で勝ちも決まってるこの試合で若造相手に
なにやってるんだろうと思いましたが、直後、ランスが
ジェームズ・ジョーンズにファールをすると、ジュワンがランスの元に
走って近付きまた文句。すかさず2つ目のテクニカルが吹かれて
退場。6分で4TO、2個のテクニカルで退場です。
一体このベテランは何をしているのでしょうか。

前から血の気の多い部分が目立っていて、あまり好きでは
ありませんでしたが、更に品格を失いました。今シーズンは
優等生だと思っていたシェイン・バティエもブレイク・グリフィンに
ユニフォームを引っ張った挙げ句挑発していましたね。
このおっさんが悪の根源なのでは?

MIAはジュワン解雇して他のプレイヤー取った方がいいのでは
ないでしょうかね。晩年にここまで評判を落とすベテランも
珍しいと思います。
Paul vs MIA
[Game 28 vsヒート【NBA_Pacers】]の続きを読む


New