ポール・ジョージのダンクコンテスト【NBA_Pacers】

2012年02月26日 20:05

今日はシューティングスターや、スキルスチャレンジ、
3ポイントコンテスト、そしてダンクコンテストが
行われました。

ペイサーズからはポール・ジョージが参加し、
ロイ・ヒバートとダンテ・ジョーンズが
アシスト役として登場。

1本目
ダンテとヒバートが並び、ダンテがトスを上げて
ポールが二人を飛び越えるダンクに挑戦しましたが
うまくいかず、ポールが自分でボールを運び
二人を越えるダンクを決めました。
1st Dunk

2本目
先程のダンクを終えた後、ロッカーに下がったポール。
着替えが予想されましたが、一見そこまでの
変化はなし。近寄るとユニフォームにシールが
貼られているような。するとゴール付近にライトが
運ばれてきて、ポールが照明を落としてくれと
頼みます。会場が暗くなり、蛍光剤で光るポールが
ブラックライトにより浮かびあがります。
観客も少し沸き上がり、走り込んで
360度ウインドミルを叩き込みました。
2nd Dunk
が、蛍光の反射がいまいちで暗くて見えにくかった
です。要改良ですがなかなか面白いアイデア
だったと思います。

YOUTUBEではトロンダンクという題名で動画が投稿されていました。

3本目
バードの協力は得られなかったので笑顔のステッカーを貼りながらダンク。
しかし2回失敗してしまい、ボードには笑顔のバードステッカーが2枚(笑)
このままバードで埋め尽くされるのも悪くないと思いましたが、それしか
用意してなかったようで最後は比較的普通のダンクになってしまいました。
3rd Dunk

優勝は逃しましたが、twitterのフォロワーが
かなり増えたようなのでポールにとっては
良い経験になったのではと思います。

2本目のダンクについてはクリス・ポールが
「今までに見た事がないクリエイティブなダンクだ」
とtwitterでつぶやいていましたね。


New