タフスケジュールのはじまり【NBA_Pacers】

2012年03月05日 15:25

7年振りの6連勝と波に乗るペイサーズですが、ここからちょっとばかり
厳しい日程が続きます。オールスター期間を含めると10日間で2試合のみ
という恵まれた日程でしたが、それも終わり。

明日から日程、対戦相手共に厳しい戦いが始まります。
3/5 @CHI IND:1日休み後 CHI:連戦
3/6 vsATL IND:連戦移動込 ATL:2日間休み後
3/7 休
3/8 休
3/9 休
3/10 @MIA IND:3日間休み MIA:2日間休み
3/11 @ORL IND:連戦移動込 ORL:2日間休み
3/12 休
3/13 vsPOR IND:1日休み POR:2日間休み
3/14 vsPHI IND:連戦 PHI:2日間休み

と、明日のブルズ以外は相手チームは2日間のお休み後の試合となります。
INDは移動もありますので体調管理も重要になってきます。
3連休はなくても良かったのでもうちょっと分散してくれると
助かったのですが・・・

また、この日程の後、1日明けてアウェイ&ホームでニックスとの
試合があります。8日間で6試合という鬼スケジュールです。
更にその翌週には今シーズン2回目のback-to-back-to-backsが
待ち構えています。3連戦中は更に11日で8試合。

どこまで上位をキープできるか頑張り所ですね。


何はともあれ明日は敵地でブルズ戦です。
前回INDが勝利後に大喜びしてしまったせいでMVPがキレています。
ノアも「明日ロイ・ヒバートが喜ぶ事はない。勝利に喜ぶ姿を見たいなら
我々の勝利の喜びを見ればいいよ。」と敵対心100%です。

たかが1試合の勝利であそこまで喜ぶとはどうかしてる発言をしたローズですが、
レギュラーシーズンとは言え、強敵相手の敵地での勝利は価値があります。
そんな事言いながらも、次の対戦が待ちきれないとか言ってしまうのは
その1戦の価値を理解しているという事なんでしょうか。
ジョーダンもコービーも負けず嫌い度は他の追随を許さないものだと
思いますが、ローズもなかなかのものです。
しかも頭に血が上って冷静なプレイができないというプレイヤーでも
ありませんし、困ったものです。

ダニー・グレンジャー
「我々は引き下がらないよ。ディビジョンのライバルとの戦いなんだ。
 我々はチャレンジが好きだし、それを辞めることなんてありえない。」

プレイで見せてくれると助かります。
INDがまた勝つ事があれば面白い事になると思いますが、
正式なライバルになれるでしょうか。

3/4 8ゲーム デロンとレジーの共通点【NBA】

2012年03月05日 13:18

本日は8ゲームが行われております。
BOSのロンドが18pts、17reb、20astとPGとは思えない
トリプルダブルを達成したと思ったらNJNのデロン・ウィリアムズが
リーグのシーズンハイ、個人、そしてフランチャイズのキャリアハイの
57ポイントを稼ぎ出しました。

シャーロットで57点。。。ん?
レジー・ミラーのキャリアハイもシャーロットで57点。
意外な共通点が生まれましたが、共通点はこれだけではありませんでした。

・デロンとレジー、二人ともFGを16/29で決めている。
・二人とも3PTが4/11
・二人とも21本のFTアテンプト(レジーは2本ミス、デロンはパーフェクト)
・レジー:8アシスト、5リバウンド、デロン:7アシスト、6リバウンド
だからどうという訳ではありませんが、面白い共通事項が生まれたものです。


さて、本日の結果です。
NYK 111 - 115 BOS
MIA 83 - 93 LAL
GSW 75 - 83 TOR
NJN 104 - 101 CHA
CHI 96 - 91 PHI
LAC 105 - 103 HOU
SAC 88 - 96 PHX
DEN 99 - 94 SAS

 ブルズ:6連勝 31-8
 セルティックス:4連勝 19-17
 レイカーズ:3連勝 23-14
 ロケッツ:3連勝 21-17
 ナゲッツ:3連勝 21-17
 サンズ:3連勝 17-20
 キングス:3連敗 12-25
 ボブキャッツ:5連敗 4-31

ポイント
 D.ウィリアムズ(NJN) 57 / D.ローズ(CHI) 35 / P.ピアース(BOS) 34
アシスト
 R.ロンド(BOS) 20 / T.ローソン(DEN) 11 / C.ポール(LAC) 10
リバウンド
 J.ノア(CHI) 18 / R.ロンド(BOS)、M.ゴータット(PHX) 17


New