3/7 13ゲーム 接戦に快勝にアップセット【NBA】

2012年03月08日 16:06

ペイサーズは3日間お休みの為、当分暇となりますが、
今日は13ゲームが行われました。
カイリー・アービングはとうとう本物に成長してしまったようです。
HOU 98 - 116 TOR
BOS 71 - 103 PHI
LAL 101 - 106 WAS
UTA 99 - 93 CHA
ATL 86 - 89 MIA
LAC 100 - 101 NJN
CHI 106 - 104 MIL
PHX 104 - 115 OKC
POR 94 - 106 MIN
NYK 105 - 118 SAS
CLE 100 - 99 DEN
NOH 98 - 99 SAC
MEM 110 - 92 GSW

 ブルズ:8連勝 33-8
 グリズリーズ:5連勝 23-15
 ウルブズ:3連勝 21-19
 ニックス:3連敗 18-21
 ホーネッツ:3連敗 9-30
 ロケッツ:5連敗 21-19

ポイント
 A.ジェイミソン(CLE) 33 / E.イリャソバ(MIL)、T.パーカー(SAS) 32
アシスト
 S.ナッシュ(PHX) 13 / J.カルデロン(TOR)、M.コンリー(MEM) 12
リバウンド
 S.イバカ(OKC) 20 / B.グリフィン(LAC)、T.ブッカー(WAS) 17

<怪我等>
SAC デマーカス・カズンズ 食中毒
MIL ルーク・バー・ア・モウテ 右膝負傷
PHI タデウス・ヤング インフルエンザ

どんどん橋、落ちた / 綾辻行人

2012年03月08日 00:50

綾辻行人の「どんどん橋、落ちた」を読みました。
綾辻さんの作品は「十角館の殺人」以来2冊目でしたが、
こちらはちょっと質の違う小説でした。

あらすじ
 ミステリ作家・綾辻行人に持ち込まれる一筋縄では解けない難事件の数々。
 崩落した〔どんどん橋〕の向こう側で、殺しはいかにして行われたのか?
 表題作「どんどん橋、落ちた」や、明るく平和なはずの“あの一家”に不幸が訪れ、
 悲劇的な結末に言葉を失う「伊園家の崩壊」など、5つの超難問“犯人当て”作品集。

 
収録作品
 どんどん橋、落ちた
 ぼうぼう森、燃えた
 フェラーリは見ていた
 伊園家の崩壊
 意外な犯人

通常の小説とは異なり、犯人当てゲーム的なこの本。
以下ネタバレ含む感想です。
[どんどん橋、落ちた / 綾辻行人]の続きを読む


New