4/23 6ゲーム last spot【NBA】

2012年04月24日 19:03

今日は6ゲームが行われました。
CHA 73 - 101 WAS
DET 97 - 103 IND
PHI 105 - 87 NJN
TOR 86 - 92 MIL
CLE 101 - 109 MEM
POR 89 - 124 SAS

 スパーズ:8連勝 48-16
 グリズリーズ:5連勝 40-25
 ウィザーズ:4連勝 18-46
 シクサーズ:3連勝 34-30
 バックス:3連勝 31-33
 ネッツ:5連敗 22-43
 ラプターズ:5連敗 22-43
 ブレイザーズ:6連敗 28-37
 ボブキャッツ:21連敗 7-57

直接対決を前にシクサーズが今日の試合に勝利し、
イーストのプレイオフ進出を決めました。バックスは最後まで
粘りましたがあと一歩届かず。また、ウエストは明日
ジャズとサンズの直接対決があります。これは楽しみですね。

スパーズが8連勝ということで、この後も伸びれば最大10連勝で
シーズンを終えることになります。すると4月の成績も14-2。
ペイサーズは現在12-2で残るは1試合のみ。最大連勝も7と
SASに及びません。Coache of the Month をどうにかしてボーゲルに
とって貰いたいのですが・・・

ポイント
 P.ジョージ(IND) 27 / K.アービング(CLE)、B.ジェニングス(MIL) 25
アシスト
 J.ウォール(WAS) 14 / A.イグダラ(PHI) 9 / R.フェルトン(POR) 7
リバウンド
 E.イリャソバ(MIL) 15 / J.ジョンソン(TOR) 13 / G.モンロー(DET)他 12

Game 65 vsピストンズ【NBA_Pacers】

2012年04月24日 15:44

昨日今シーズンの3位が確定したペイサーズは
ホームでデトロイト・ピストンズとの対戦がありました。
ジョージ・ヒル、ダニー・グレンジャー、ロイ・ヒバートの3人のスターターが
お休みとなり、スターターはA.J.プライス、ポール・ジョージ、ダンテ・ジョーンズ、
デイビッド・ウエスト、そしてまさかのジェフ・ペンダーグラフという布陣でした。

恐らくフルメンバーと思われるスタート5人のDETに対して
序盤から良い勝負をしていました。5分24秒にダンテがレイアップを決めて
早くもスタート5人が得点を決めると、ベンチから出てきたハンズブローが
チップショットを決めて10-17とリードを広げます。DETにも取られますが、
ジェフ君のダンクと近距離からのジャンパーが決まり第1Qだけで6ポイント。
いつもはガベージタイムにちょろっと出てくるだけでしたが、予想以上に
チームとの相性がよさそうでした。
しかし本来の5人と比べるとやはりディフェンスが弱く、26-26で終了。

第2Q、一度追い抜かれてしまいますが、8分33秒にバルボサの3PTが
決まって34-35と再逆転。更にスティールからポールがレイアップを決めて
お互いにミスが続くとリバウンドを粘ったIND、ポールの3PTが決まり
34-40とします。しかしチャーリー・ビラヌエバの連続3PTがあり、
41-41と追いつかれてしまいますが、フェセンコのオフェンスリバウンドから
ウエストのミドルへ繋ぎ、またリードを保ちます。26.5秒、
グレッグ・モンローにレイアップを決められて同点とされましたがフェセンコが
FTを2本を貰いこれを奇跡の2本成功、残り5秒でDETオフェンスになりましたが
ポールがスティールして攻撃させず。54-56で前半を終えました。

第3Q、最初のシュートをマキシールに決められますが、
ウエストのステップバック、ポールのFT2本でリードを奪います。
ジェフ君がプライス、ポールからそれぞれアシストを受けてダンクを
決めたりウエストのショットが相変わらず安定していて63-69と
6点リードになります。DETはルーキーのブランドン・ナイトが3PTを
沈め、3点差に追いつきますが、そこから両者得点が止まり始めます。
終盤にバルボサがカウントを含む5点を取って67-75としましたが、
プリンスの3PT、ナイトの3PT、更にコリソンのTOからファストブレイクで
プリンスに決められて75-76と1点差まで詰められて第3Qが終了しました。

第4Q、モンローがレイアップを決めて逆転されます。
INDはブローが外しましたが、ルーがリバウンドを粘って
プットバックレイアップを決めます。また無得点の時間が続き、
9分31秒にランス・スティーブンソンがスティールから
ポール経由のレイアップを決めて77-80とします。しばらく
1〜3点差を繰り返しましたが、オースティン・デイに
3ポイントプレイを決められて84-84とされます。

DCのレイアップはブロックされ、DETボールへ。
しかしバルボサがスティール、ファストブレイクでブローが
レイアップを決め、カウントワンスローも決めて3点リード。
デイのフェイダウェイが外れた後、またしてもDCのレイアップが
ブロックされますが、INDボールのまま。ポールがファールを貰い
2本決めてこの日21点とチームを牽引します。

更に5分32秒にはトップでボールを貰ったポールがディフェンスの
隙を突いて一気にゴール下へドライブしダンクを決めて84-91。
しかし、まだまだ終わらないDET。ビラヌエバが3PTを沈めて
87-91とすると、ブローのショットがミスし、ビラヌエバが
フローティングショットを決めて89-91の2点差にされます。

INDはウエストがジャンパーをミスしましたが、自らチップを決めて
89-93へ。ゴードン、ウエストがミスし、ナイトにFTを与えますが
ここは1/2。INDはブローがダブルドリブルを取られ、モンローが
レイアップを決めて92-93と1点差に追いつかれると、
今日父親(祖父?)が観戦に来ていたハンズブローがレイアップを決めます。

タイムアウト後、リバウンドを粘られプリンスに決められて再度1点差へ。
1分48秒、ウエストがミドルを決めて94-97。前のPHI戦に続き、
ここぞという所でウエストが良く決めてくれます。結局ゴードンに
2本のFTを決められて1点差となりますが、無得点時間が続き、
41秒にはモンローにFTを与えてしまいましたが、これを2本ミス。

29秒にウエストがシュートを放ちましたがミス、しかしリバウンドを取ったのは
ブローでした。すぐさまファールゲームとなり、FTラインに立ちます。
これを2本決めて3点リード。DETは3ポイントではなく、モンローが
レイアップに来ましたがDCがファール。このFTも1/2と決まらず
この後2回ポールがFTを貰いましたが4本全て決めてINDの勝利。

スターター3人がお休みで今日観戦に行った人は気の毒だと思いましたが、
好ゲームとなりました。いつも以上にチームバスケという印象です。
ジェフ君も比較的自由にプレイしていて活き活きとしていました。
マクロバーツ枠の後釜として期待していましたが、身長もありますし、
彼以上の存在になれるかもしれません。楽しみです。
[Game 65 vsピストンズ【NBA_Pacers】]の続きを読む

4/22 9ゲーム【NBA】

2012年04月23日 17:57

本日は9ゲームが行われました。

<怪我>
MIN ケビン・ラブ 脳しんとう シーズン残り全休
NYK タイソン・チャンドラー 左膝 休養
GSW アンドリュー・ボーガット 足首の手術へ

NYK 113 - 112 ATL
OKC 106 - 114 LAL
SAC 114 - 88 CHA
HOU 88 - 97 MIA
TOR 73 - 76 DET
CLE 98 - 114 SAS
GSW 93 - 88 MIN
ORL 74 - 101 DEN
NOH 98 - 107 LAC

 スパーズ:7連勝 47-16
 マジック:3連敗 36-28 
 ラプターズ:3連敗 22-42
 ボブキャッツ:20連敗 7-56

ポイント
 カーメロ(NYK) 39 / K.デュラント(OKC) 35 / C.ポール(LAC) 33
アシスト
 C.ポール(LAC) 13 / J.J.バレア(MIN) 12 / K.ウォーカー(CHA)他 11
リバウンド
 G.モンロー(DET) 17 / N.ペコビッチ(MIN) 16 / J.ヒル(LAL)他 15

Clinched the 3rd seed【NBA_Pacers】

2012年04月23日 11:44

本日のゲームでニックスがホークスを激戦の末(見ていませんが)撃破。
マジックナンバー1となっていたペイサーズの3位シードがATLの敗戦により確定。

ファンですらシーズン前に予想できなかったこの快進撃。
ボーゲルのコーチオブザマンス、イヤーも夢ではないかもしれません。
デイビッド・ウエスト、ジョージ・ヒルといった一流選手の補強、
更にシーズン途中にリアンドロ・バルボサの補強とチーム作りを的確に
進めてきましたが、ここまでフィットするとは思いませんでした。
GM賞みたいなのも狙えるのでは?

INDは残り2試合をホームでDET、CHIと戦いますが、無理をする必要が
なくなりました。コーチは主力の温存と、休ませることでゲーム感を
失うという2つの悩みを抱えることになります。

しかし、今日の"Metta World Piss"を見ると休ませるのがいいかもしれません。
今日のゲームで両方プレイオフチームであるにも関わらず
メッタ・ワールド・ピース(元ロン・アーテスト)が、みんなの人気者
22歳のジェームズ・髭・ハーデンにガッツポーズと見せかけて
強烈なエルボーを放ったのです。首の辺りを強打されたハーデンは
その後の検査で一応無事だったそうですが、頭の衝撃は後から症状が
出ることもあると言いますし、怖いです。これによりMWPは恐らく
相当な処分を受けることになると思います。ハーデンがもし重症となったら
優勝候補の一角であるサンダーが崩れかねません。レイカーズ自身も
終盤に来て調子を上げているだけに、ロスターから一人欠けるのは
厳しいのではないでしょうか。プロらしからぬ行動。
彼は既に1チームを壊したのですが、まだ懲りないのでしょうか。
LAL、OKCの2チームを一気に壊しかねない行動だと思います。

DETにダーティーなプレイヤーは思いつきませんし、CHIも
プレイオフ直前で主力は温存でしょうからそんな馬鹿なこともないと思いますが。

と、おめでたい話なのにそれてしまいました。
これにより3位が確定し、後はマジック、ニックスのどちらと対戦するかが
鍵になります。今勢いのあるNYKは避けたいですね。ORLは主力がいなくなり、
楽な相手とは言えませんが、唯一可能性のある対戦相手だと思います。
今日ORLが負けて最後まで分からなくなりましたが、どちらもINDと対戦したい
はずです。ORL頑張って!
[Clinched the 3rd seed【NBA_Pacers】]の続きを読む

4/21 8ゲーム Last 1 spot【NBA】

2012年04月23日 02:15

ペイサーズ戦詳細での暴言、審判批判失礼いたしました。
選手やコーチが言うと罰金になるのでファンが代わりに言わせて頂きました。
本文中にも書きましたが、PHIのメンバーは素晴らしいゲームをしていました。

さて、4/21は8ゲームが行われました。
DEN 118 - 107 PHX
PHI 109 - 106 IND
WAS 86 - 84 MIA
DAL 83 - 93 CHI
POR 89 - 93 MEM
GSW 96 - 99 HOU
NJN 95 - 106 MIL
ORL 107 - 117 UTA

 グリズリーズ:4連勝 39-25
 ウィザーズ:4連勝 17-46
 ジャズ:3連勝 34-30
 ネッツ:4連敗 22-42
 ブレイザーズ:5連敗 28-36
 ウォリアーズ:8連敗 22-41

東はPHIが有利ながらもまだMILにもチャンスが残っています。
西はDEN、DALがプレイオフ進出を決め、8位の座を
UTA、PHX、HOUで争う事になりました。UTAが
一歩リード中です。

Game 64 vsシクサーズ【NBA_Pacers】

2012年04月22日 11:48

今日はフィラデルフィア・76ersとホームで対戦がありました。
が、シクサーズの選手が悪い訳ではありませんし、彼らは
素晴らしいプレイをしていましたが、今日の相手はシクサーズでは
なくレフリーズでした。

序盤からダニーのシュートが不調、オフェンスリバウンドを
取られるという良くない流れがありましたが、それ以上に
ジャッジが明らかにPHIよりでした。

疑わしきファールはPHIの場合:取る、INDの場合:取らない、
チャージングについても同じ事が言えました。
ダニーはイグダラのディフェンスにより、フリーでボールを持てず
ドライブしてもファールは貰えないので前半僅か2得点。

一時は13点のリードを奪われましたが、ポールの好調なシュートを
中心に追い上げ、最後はヒルのミドルで53-54とリードを
奪って前半を終えました。

前半はレフリーズに良く3ポイントプレイを決められてしまい、
あっという間に点を広げられましたが、ポールがよく頑張りました。

しかし第3Qその流れを活かせず、レフリーズにやられて10点ビハインドへ。
ずるずると時間は進み、3分10秒にダニーが4点目を決めても75-65。
ここから第4Qにかけてセカンドユニット、特にハンズブローが奮起し
10分42秒に83-80まで迫りました。

そこから離されては追いつきを繰り返し、3分51秒にイグダラの
ショットが決まって96-90となりましたが、ヒルのレイアップ、
スティールからヒルのレイアップとつなぎ96-94へ。

さらにこの後ヒルとイグダラのジャンプボールになります。
ここがレフリーズの真骨頂でした。明らかにイグダラが出したのに
確認もせずにレフリーズボールになります。
これには会場もブーイング。只でさえ不公平なジャッジが続いていたのに
この仕打ちです。しかしヤングは次のショットを外し、INDは
ウエストのチップショットで遂に同点にします。

この後、INDは逆転するチャンスを得ながらもミスが続き、
2点取られましたが、ウエストがタフショットを決めて29.8秒で
98-98の同点へ。最後ホリデーのショットをヒルがブロックし
ダニーがリバウンドを取ってタイムアウト。

最後はポールが試合を決めにかかりましたが、ディフェンスに
苦しめられて良い形で打てずにミスショット。ドライブして
ファールを誘っても良かったかもしれませんが、今日のレフリーでは
それも取られないという判断でしょうかね。

オーバータイム、ジャンプボールに勝ったものの、ポールが
スティールされてファストブレイク気味にルー・ウィリアムズに
3ポイントを決められてしまいます。しかもウエストのファール付き。
いきなり4点を取られたIND。これは厳しいとおもいましたが、
ウエストのレイアップ、レフリーズはセカンドチャンスを活かせずミス。
更にウエストがステップバックを決めてこの試合30点目。

同点にし、更にヒバートがFTを2本決めて2点リード。
この後、イグダラがシュートモーションに入っていない時点でのファール
なのにFTを得ます。結果的にこれを2本ミスしましたが、リバウンドを取られます。
その後のショットもミスして、INDは突き放すチャンス。

しかしミスが続き、1分9秒にまたしてもルー(敵)が3PTを決めて
105-104にされてしまいます。所がここでウエストがタフショットを決めて
逆転。館内のディフェンスコールが響き渡る中、ホリデーも
タフショットを決めて再逆転されてしまいます。

INDは攻め手が無く、ヒルが遠い所から3PTを打ちますがミス。
ロングリバウンドとなり、弾かれたボールでPHIのファストブレイクへ。
ホリデーにダンクを決められて12.4秒で109-106の3点ビハインドへ。

タイムアウト後、ポールがパサーとなりますが、5秒バイオレーションを取られます。
と言っても4.8秒くらいだった気がしないでもないです。
レフリーは明らかにPHIよりだったので気持ち早かったと思いますよ。
BSでの奥野神よりも分かりやすいPHiファンでした。

昨シーズンまでならここで終わっていたでしょう。
しかし今シーズンのINDは違います。レフリーズのインバウンド後のボールに
食いつきジャンプボールとします。
ヒルvsターナーの対決となり、今度は確実に取りタイムアウト。

再度同点にするチャンスを得たのです。
最後はダニーの3PTでチャレンジしましたが、今日は当たっていないだけに
ミス。ウエストがリバウンドを取りましたが、2点も決められず。
悔しい敗戦となりました。

第4Qのブランドのミドル連発、オーバータイムでのルー(敵)の
4点プレイと3ポイントなど、プレイによってやられた部分ももちろんあります。
リバウンドが取れず、クラッチタイムでのTOなど反省点もあります。
FTもいつもより決められませんでした。

が、今日ゲームを作ったのはシクサーズでもペイサーズでも
ありませんでした。
#55 Bill Kennedy, #58 Josh Tiven, #33 Zach Zarba
この3人のレフリーによる試合です。

オーバータイム、INDがリバウンドを取った際にブランドが
ヒバートを突き飛ばしましたがファールを取らず。
ラストプレイ直前にインバウンド後にヒバートがファールを
受けましたが、その時のファールを取られていればFTラインに
向かうはずでした。最初から最後までレフリーによる
妨害を受けましたが、ここまで競ったINDは良くやったのでは
ないでしょうか。ダニーが空気の中、ウエストが良くチームを
引っ張ってくれました。この試合を取れなかったのは残念ですが、
プレイオフに向けてタフな試合を経験できたのは良しとしましょう。

しかし、イライラする試合でした。
観客が一体となっていたのは最高でしたが(笑)

明日ATLが負けるか、次INDがDETに勝てば最終戦のCHI戦を
待たずしてホームコートアドバンテージが確定します。
まだまだチャンスはありますので、3位通過を狙って行きたいですね。
[Game 64 vsシクサーズ【NBA_Pacers】]の続きを読む

4/20 6ゲーム【NBA】

2012年04月22日 00:16

現地20日は6ゲームが行われました。
MEM 85 - 80 CHA
BOS 92 - 97 ATL
NYK 90 - 98 CLE
GSW 94 - 104 DAL
LAL 97 - 121 SAS
OKC 103 - 92 SAC

 スパーズ:6連勝 46-16
 グリズリーズ:3連勝 38-25
 ホークス:3連勝 38-25
 ウォリアーズ:7連敗 22-40
 ボブキャッツ:19連敗 7-55
 
今日ATLが負けるとINDの3位確定となるはずでしたが、
既に4位を確定させたBOSは主力を温存に入り、ATLが辛勝。
BOSがここに来てベンチ陣の成長を見せています。
JOは解雇されましたね・・・
またNYKも負けた為、ORLの6位の可能性が高まりました。


New