4/1 8ゲーム イーストは3位以下が混戦へ【NBA】

2012年04月02日 21:20

本日は8ゲームが行われました。

<怪我>
LAL アンドリュー・バイナム 左足首捻挫 

CHI 78 - 92 OKC
MIA 72 - 91 BOS
WAS 92 - 99 TOR
DEN 104 - 101 ORL
IND 104 - 102 HOU
NOH 75 - 92 PHX
MIN 106 - 119 POR
GSW 112 - 120 LAL

 サンダー:6連勝 40-12
 セルティックス:5連勝 30-22
 マジック:3連敗 32-21
 ホーネッツ:3連敗 13-40
 ウォリアーズ:5連敗 20-31

ポイント
 コービー(LAL) 40 / D.グレンジャー(IND) 32 / D.リー(GSW)他 27
アシスト
 R.ロンド(BOS)、S.ナッシュ(PHX) 14 / J.ウォール(WAS)他 11
リバウンド
 G.デイビス(ORL) 16 / R.ロンド(BOS)、C.ボッシュ(MIA)他 11

レッスルマニア28結果 ネタバレ注意【WWE】

2012年04月02日 18:57

今日はWWE Wrestlemania 28が行われました。
簡単ではありますが、結果をチェック。ネタバレですのでご注意下さい。
WMを結果のみで表示というのはやはり面白みにかけますが・・・

WWEヘビー級王座戦
 シェイマス vs ダニエル・ブライアン(with AJ)
 勝者:ブローグキックからのカバーでシェイマスの勝利 New Champ

ケイン vs ランディ・オートン
 勝者:チョークスラムでケインの勝利

IC王座戦
 ビッグショー vs コーディ・ローズ
 勝者:WMDパンチでビッグショー New Champ
    12人目のグランドスラム達成


イブ・トーレス & ベス・フェニックス
 vs マリア・メノーノス & ケリー・ケリー

 勝者:マリア&ケリー・ケリー

"End of Era " Hell in a Cell Match
 トリプルH vs アンダーテイカー スペシャルレフリーHBK
 アンダーテイカーが短い短髪モヒカンを披露。二人の対決だけでなく、
 ショーン・マイケルズがヘルズゲートを食らったりスイートチンミュージックを
 繰り出したりしたようです。椅子やスレッジハンマーも登場。
 勝者:トゥームストーンでアンダーテイカー
    最後は3人で肩を組んで退場


チームジョニー vs チームテディ
 勝者:チームジョニー

WWE王座戦
 CMパンク vs クリス・ジェリコ
 勝者:ウォールオブジェリコの後アナコンダバイスでパンク

ブローダス・クレイ on Stage

Once In A Lifetime
 ジョン・シナ vs ロック
 勝者:ロックボトムでロック

Game 52 @ロケッツ【NBA_Pacers】

2012年04月02日 13:33

昨日スパーズ相手に善戦したペイサーズは今日は
ヒューストン・ロケッツと敵地で対戦。
疲労が気になる所でしたが、序盤シュートが好調で
18-9のスタートに成功します。ダニーの3PTにコートニー・リーが
お返しをしてきましたが、更にダニーもお返しの3PTを決める等、
コリソンのアシストも第1Qだけで4つを記録しました。

しかし、HOUにはオフェンスリバウンドをよく取られ、
チャンスを多く与えてしまいます。27-23の4点リードとなり
第1Qが終了。

第2Q、ハンズブローとバルボサが点を重ね、32-23と
再びリードを広げました。HOUも迫ってきましたが、ダニーと
ウエストが踏ん張り、何とかリードをキープ。ダレンベアの
ダンクで42-42に追いつかれてしまいましたが、残り6秒にウエストが
ジャンプショットを決めて44-42の2点リードで前半終了。

序盤は好調でしたが、疲れのせいか、シュートミスが増えました。

第3Q、HOUの連続得点に加え、ブロックや、TOで主導権を奪われます。
ドラギッチの3PTが決まり、48-51になります。ヒバートとDCの
連続ブロックでディフェンスが成功するものの、オフェンスが失敗。
スコラにターンアラウンドバンクショットを決められて48-53。
するとダニーがここで3PTを決めて51-53。
5分6秒にヒバートのシュートで57-58まで詰めましたが、
そこからHOUがスコラの2点、パーソンズの3PTとスティールからの
ダンクを決められて57-65と離されました。

主導権を奪い返す事ができず、63-73の10点ビハインドで第3Q終了。

第4Q、ブローがFTで稼ぎ、バルボサもスティールからレイアップを
決めて詰め始めます。7分28秒にウエストが2本のFTを決めて75-80。
スコラがミス、INDはバルボサが横からのドライブ中にラインを踏みTO。
HOUは24秒バイオレーション、するとダニーが3PTを決めて78-80。

リーが外して5分33秒、またしてもダニーが3PTを決めて81-80と
逆転に成功しました。しかしパーソンズも3PTを決め返し、81-83。
ヒバートがフックで返して83-83の同点へ。

残り5分を切り、両チームともシュートを外すと、INDはウエストの
バッドパスでTO。ドラギッチに決められてリードを奪われましたが、
ヒバートがキャンビーからファールを貰い、FT2本でまた同点。

リーの3PTが外れ、ダニーがブロックされたボールを
ヒバートが押し込んで87-85。1分近く無得点となりましたが、
パーソンズがフェイダウェイを決めて87-87。
1分14秒、コリソンがミドルを決めてリードを奪いましたが、
リーも決めて59秒で89-89の同点。

厳しい時間となってきましたが、今日好調のダニーがミドルを決めて
38秒で91-89とリードに成功。
タイムアウト明け、HOUはパター村がシュートをミス。残り26秒で
INDポゼッション。DCがボールを運ぶとファールゲームになります。

これを2本決めると勝利が近付くというこの場面、普段なら高確率で
決めてくれるので安心していると1本目をミス。2本目は決めましたが、
残り19秒で3点リードと微妙な点差。

しかも3秒足らずでドラギッチに決められてしまい、すぐさまファールゲーム。
DCは1本目を決めましたが、2本目をまたミス。
ドラギッチにドライブされ、ポールがファールをしてしまい、FTを
2本決められて93-93の同点。最後ウエストがシュートを打ちましたが
決まらずにオーバータイムへ・・・
[Game 52 @ロケッツ【NBA_Pacers】]の続きを読む


New