Game 55 vsサンダー【NBA_Pacers】

2012年04月07日 09:24

今日は西のトップチーム、オクラホマシティ・サンダーと
ホームで対戦。最近勢いのあるペイサーズは序盤からエンジン全開。

ヒバートやウエストがインサイドで頑張り、得点を重ねます。
デュラントにはインサイドで軽々とイージーショットを
連発されますが、ミドルはそこまで打っていませんでした。
あのサイズでフローターとか防ぎようがありませんね。
第1Qはまさかの20-32で二桁リードで終えました。

第2Q、ヒゲのおじさんがベンチから出てくる恐ろしさです。
20-35と15点リードになりましたが、7-0のラン、8-0のランを
成功されることもあり、INDも合間にポイントを取りましたが、
37-43と迫ってきます。するとダニーが3ポイントプレイを
決めて9点リードに。デュラントにバンクショットを決められると
24秒間際で打ったポールのチャレンジ3PTがヒット。10点差へ。
イバカがオフェンシブファールとなり、ウエストがフローティングを
決めて、パーキンスもヒバート相手にターンアラウンドを決めます。

ヒバートが2連続でFTを獲得し、3/4。OKCのオフェンスを
バルボサがスティールし、3PTをミスした所でヒバートのチップが
決まり41-56。最後のウエストブルックが外して15点リードで
前半を終えました。

イバカのブロックパーティがありましたが、ヒバートのそれに応えて
4ブロックと奮闘しています。

前半終了時スタッツ OKC 41-56 IND
デュラント 16pts ウエストブルック 3pts、6ast
ヒバート 16pts、5reb ウエスト 10pts ポール 10reb

第3Q、INDのオフェンスが停滞し、詰められそうになるものの
ダニーのタフショット連発で一桁差にはさせずになんとか粘る。
デュラントの3PTが遂にヒットしていまい、シュートタッチが
戻り始めましたが、61-75で終了。

第4Q、前のQでも9-0のランを食らっており、14点リードも
安心できませんが、4点決められた後、バルボサの3PT、
ウエストブルックのお返し3PT、そしてダニーも3PTを決めて
68-81。デュラントとダニーが決め合うと、5分28秒ヒルが
3PTを決めて77-90。

2分44秒にはヒバートがFTを2本決めて84-96と
そろそろ勝利が見えるかと思った所で、来ましたOKC。
デュラントのレイアップにスティールからのウエストブルックの
レイアップで4点を獲得。INDはティップのチャンスを3回得ましたが
ミス、するとファストブレイクでデュラントに3ポイントプレイを
決められて91-96。5点差にされてしまいます。50秒にヒバートが
ファールを貰いましたがFT1/2で91-97。

37秒、パーキンスにレイアップを決められて4点差になりましたが、
16.8秒、コリソンがフィッシャー越しにミドルを沈めて93-99。

OKCはタイムアウト明け、3PTを狙わずにゴール下でフリーになった
パーキンスへパスをしてダンクを決めます。ファールを貰ったDC。
HOU戦ではここでミスをしてオーバータイムへすすむ事になりましたが、
今日は2投とも決めて95-101。
しかしOKCはまだ沈まず。ウエストブルックが3PTを決めて
98-101と迫ります。が、猛攻もここまででした。
ダニーがしっかり2本のFTを決めて逃げ切り。
西のトップ相手に嬉しい勝利です。

最大リード24点を危うく追いつかれそうになりましたが、
第3Qに一桁差にさせなかったのが大きかったです。
ポールがキャリアハイの16リバウンド。ヒバートも
ここ一番でダブルダブルと活躍しました。
[Game 55 vsサンダー【NBA_Pacers】]の続きを読む


New