Game 66 vsブルズ【NBA】

2012年04月26日 14:31

昨シーズン久しぶりのプレイオフ進出に沸き、最初の3戦、
終盤まで良い形で進めながらも最後の最後で逆転され3連敗。
しかしホームでの4戦目、同じ展開になりながらも逃げ切ることに成功し
若いチームに念願の1勝。次の試合はぼろくそにやられましたが、
それから早一年。補強でメンバーチェンジはあったものの、コアメンバーは
そのまま、暫定だったヘッドコーチも正式にヘッドコーチになり、
スタッフにブライアン・ショウも追加、ラリー・バードと愉快な仲間達は
短縮シーズンを3位で走り抜き、チームのファンも驚きと一年となりました。

3位シードを確定させたIND、今日の試合でマジックがボブキャッツを破った為、
6位ORLとの対戦が決定しました。昨シーズンはホーネッツに所属していた
デイビッド・ウエスト、怪我の為プレイオフに出場することができませんでした。
スパーズのジョージ・ヒルは8位グリズリーズにアップセットを食らい、
初戦敗退。その悔しさをINDの一員として爆発させて下さい。

と、シーズン終了なのでつい思い出話になってしまいました。
今日はシカゴ・ブルズと対戦がありました。

お互いに調整試合という形付けですが、膝を少し痛めているというダニーは
欠場。代わりにポールがSFに周り、ランス・スティーブンソンがキャリア初の
スターターとして出場しました。ブルズはプレイタイムこそ抑えていますが
デン、ブーザー、ノア、RIP、ローズの5人がスターター。

調整という中でもウエストの好調さ、ヒバートの何もさせて貰えない感、
DCのシュートは良いけど、ゲーム作りが今ひとつな所、ハンズブローの
ミドルのミス連発、ポールのシュート不調等々、良い所悪い所が出ました。

一方のブルズはしっかりとオフェンスを組み立ててシュートが入らなくても
リバウンドを取るなど、格の違いを見せつけられました。

一時は15点リードをされましたが、後半一桁差に詰めました。
しかし一定以上近寄れない大きな壁がありました。ベンチからコーヴァーが
20ptsと好調、ブーザーのミドルも良く決まりました。

INDは第3Q以降セカンドユニット中心の布陣となりましたが、
そこからよく頑張ってCHIに食らいついていました。
中でも一番頑張ったのが、初スターターの"Born Ready"ランス・スティーブンソン。

FG10/15、3PT 2/4で22ポイントを獲得。
第4Qのランスvsコーヴァーは面白かったですね。
INDはどれだけ頑張っても点差を縮めることができませんでしたが、
大敗を避けることに成功したのです。

今シーズンの締めくくりはノアのTOから残り0秒丁度で
ダンテのダンクが決まって92-87で終了。

点差ほど接戦ではありませんでしたが、2nd中心に
戦ったにしては上出来なゲームでしたね。
インディアナでの試合なのにシカゴファンが多かったのが気になりますが(笑)
[Game 66 vsブルズ【NBA】]の続きを読む


New