ヒバート&ヒルの再契約完了【NBA_Pacers】

2012年07月15日 00:07

既報通り、ロイ・ヒバート:4年58M、ジョージ・ヒル:5年40Mでの
再契約でサインとなりました。同年NBAデビューのこの二人が
今後数年のインディアナの未来を担う事になります。

ペイサーズの本拠地、バンカーズ・ライフ・フィールドハウスで
会見が行われ、AREA55のメンバーの参加したようです。

ドラフト時に17位まで指名されずに、少なからず傷ついたというヒバート。
今の立場に満足しているようで、この責任を果たす準備は出来ていると
発言しています。怪我に強いのが最大の武器でありましたが、
今後も続けてもらいたいです。

ペイサーズからは交渉開始の7月1日の12時1分にオファーを受けた者の、
これにサインをせず。(詳細は明らかになっていません)
その後1時1分にエージェントのオフィスにブレイザーズのフロントが
現れて4年58Mのオファーを残していったそうです。

ペイサーズはすぐにマッチすると思われていましたが、
何の反応もありませんでした。
なかなか情報が出ない事から、ヒバートは赤と黒のユニフォームを
切る事になるのかと考え始めました。

ヒバート
「長く待たされたので、ここに戻ってくる事ができるか分からなかったよ。
 ラマーカス・オルドリッジに一緒にワークアウトをしようと
 電話するとこだった。
 ここに戻ってくる事ができて嬉しい。まだビジネスは終わっていない。
 開幕が待ちきれないね。」

7月9日、ヒバートはオファーシートにサインする為にワシントンの
空港に向かい、セキュリティエリアまで進んだ所で、ペイサーズが
同等のオファーをするという連絡を受けました。
HIbbert and Hill re-sign
約15Mのサラリーを受け取り、高給取りの仲間入りを果たしたヒバート。
毎年欠点を徐々に減らし、オールスター進出も果たしたビッグマン。
今後も成長を続けてくれる事を願います。

ヒル
「ホームで家族、友達やAAUプログラム(?)と過ごす事ができて嬉しいよ。
 チームに取って大切なのは同じメンバーでいっしょい成長することだ。
 ずっとこうなることを望んでいたし、実現して最高の気分だ。」

ちなみにデロン・ウィリアムズとは違い、書面にサインしていました。
土地柄を表している様です。


New