過大評価・過小評価【NBA】

2012年08月30日 17:20

ポジション別の過大評価、過小評価プレイヤーをまとめている
ページがありました。
The Most Overpaid and Underpaid Player
12-13シーズンのサラリーを元にしたものです。

過大評価組
PG MIL ベイノ・ウードリック 7,372,200ドル
 チームにはブランドン・ジェニングスとモンテ・エリスがいて
 健康であれば彼らを押しのけてスターターとなることはない。
 控えで多くのプレイタイムも期待できないのに7Mは高い。

SG BKN ジョー・ジョンソン 19,752,645ドル
 来シーズン、彼よりも高額なサラリーを受け取る選手は3人しかいない。
 能力どうこうというより、彼がリーグで4番目に優れた選手では
 ないだろうという理屈からでしょうかね。

SF DET コーリー・マゲッティ 10,924,138ドル
 旬は過ぎたよね、という感じ。

PF CHA タイラス・トーマス 8,000,000ドル
 チーム2番目の高給取りとなるトーマス。
 2010年に5年40Mという長期契約を手にした彼だが、
 ビヨンボという若手が育ちつつあり、居場所無くなるよ?
 という過大評価論。

C GSW アンドリス・ビードリンス 9,000,000ドル
 4年前に10.5pts、9.8rebという成績を残し、6年54Mという
 契約を勝ち取ったものの、昨年は35試合にしか出場できず。
 怪我のイメージを払拭できるか。

過小評価組
PG ATL ルー・ウィリアムズ 5,000,000ドル
 昨シーズンはPHIでベンチ出場で14.9ptsをマークしたウィリアムズ。
 時間を与えれば平均18ポイントをチームにもたらすであろう彼に
 年間5Mというのは安い。

SG MIA レイ・アレン 3,090,000ドル
 と言われても優勝する為に安い金額でOKを出しただけに過ぎない。
 過小評価とは違う気がする。

SF CHI ジミー・バトラー 1,066,920ドル
 サマーリーグで20.8pts、6.5rebの活躍を見せたバトラ。
 ローズの不在、デンの怪我and放出問題などがある中で
 彼がどこまで存在感をアピールできるかが鍵。

PF SAS ティム・ダンカン 9,638,554ドル
 これもアレンと同じような感じで、こちらは忠誠心からくる安さ。

C MIN ニコラ・ペコビッチ 4.640,000ドル
 これは納得の過小評価。昨年は13.9pts、7.4rebという成績を残し
 プレイヤー効率の評価ではパウ・ガソルやKG、ヒバートの上を行く。
 今シーズンが契約最終年。大型契約は目の前?

永遠の0(ゼロ) / 百田尚樹

2012年08月30日 16:39

百田尚樹の永遠のゼロを読み終えました。
amazonのレビューを見ると比較的評価は高いけど、不満な人は
とことん不満な様子。受け取る側によって分かれるのは仕方ないですね。
それなので自分も思った通りの感想を。ネタバレを含みます。

あらすじ
「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、
 なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は
 死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、
 1つの謎が浮かんでくるーー。記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。

 
この作品は2013年に映画化されるそうですね。
山崎貴監督、岡田准一、井上真央、三浦春馬主演だそうです。

阿川弘之さん雲の墓標を読んだ際に、偉くなれば良い食事が食べられる印象を
受けましたが、戦地では全く別の話でした。
[永遠の0(ゼロ) / 百田尚樹]の続きを読む

LAで自主練習【NBA_Pacers】

2012年08月30日 12:26

マイアミの後を追うのはインディアナ、ボストン、ブルックリン
ニューヨーク、その他どこのチームになるのでしょうか。

ペイサーズはこのオフ、FAで大型契約を結ぶことなく、
ロイ・ヒバート、ジョージ・ヒルの再契約に大金をつぎ込みました。
このメンツで勝てると信じた結果でしょう。

ペイサーズの8人のプレイヤーは先週コーチングスタッフや、トレーニング
スタッフと共にLAでワークアウトを行ったそうです。

最近ハリウッドに家を買ったらしいエースのダニー・グレンジャーを筆頭に
ロイ・ヒバート、ポール・ジョージ、ジェラルド・グリーン、
D.J.オーガスティンらが参加とのこと。

 オフシーズンは同じチームのプレイヤー6人までしか同時に
 コートに立ってはいけないというルールがあるのでしょうかね?
 こちらは良く分かりませんが、
 "The Pacers checked with the NBA to make sure they weren’t breaking any rules.
  They were only allowed to have six players on the court at a time."
 という記述がありました。

ドニー・ウォルシュ
「チームを良くしたいと思う兆候だ。」

また、クリッパーズの練習場でその他のNBAプレイヤーと一緒に
ゲームを行ったそうです。

冗談を交えながら食事やホテルで共に時間を過ごし、絆を深めたペイサーズ。
今回のワークアウトが来シーズンの勝ちに繋がるかは分からないが
正しい判断だったということは明確だ、とマイク・ウェルズ氏。
Pacers: A bonding experience out West

yahooの記事ではウェルズ氏は名前を明かしていないとなっていますが、
上に書いた5人は参加者ではないのでしょうかね。
Pacers beat the offseason blahs by gathering in Los Angeles for workouts
先週ポールは上海に来ていたので参加しなかったのかと思いましたが
名前は書かれています。

98-99シーズン前のロックアウトの年、レジー・ミラーが中心となり
ミニキャンプを行った事がありましたが、今の若いINDが集まって
キャンプ前に合同自主練習というのは良い流れですね。

ダニーもベテランとなりエースとしての自覚が出てきたのかもしれません。


New