レジー・ミラー vs ダニー・グレンジャー【NBA_Pacers】

2012年09月20日 13:52

Reggie Miller vs Danny Granger
新旧ペイサーズのエースの3ポイント記録を見比べてみました。

レジーはトータルで2560本を決めていますが、最初の7シーズンでは
840本しか決めていません。ダニーは7シーズン終わった所で
931本と大きくリードしています。これはダニーに記録更新の期待が
かかりますが、レジーのすごさはこれ以降に表れます。
RM.jpg DG.jpg
(Getty Images / Frank McGrath)
ダニーは年平均133本ですが、レジーは8年目から11年間の
平均を156本で沈めています。8年目:195本、10年目:229本という
数の多さだけではなく、計18年試合に出続けたというのも素晴らしい所です。

一方のダニー、これまでの最高は4年目の182本と中々の記録ですが、
チームにはヒバートやヒル、ポールという若手が育っており、
チームバスケが主体となってきます。ジム・オブライエン指導下の
パスを回して3ポイントという作戦はもうありません。

レジーと同じ18年のキャリアを送る事ができたとしても
平均150本を決め続けなければ2560本には到達しません。

歴代1位のレイ・アレンはもちろんですが、とんでも無い記録ですね。
ダニーに関しては昨シーズンは仕方無いとしても、2年目以外は
82試合フル出場ができていません。
得点もレジーは10879(平均19.3pts)に対し、ダニーは
9302(平均18,2)と少しですが劣ります。

記録的には無理ではないと思いますが、ダニーはシューターではありませんし、
レジーの様にスクリーンを使ってフリーになるオフェンスというのが
ファーストオプションではないので、やはり難しいでしょうね。
打たせ続ければ可能でしょうが、それではチームは勝てません。

ちなみに7年目は両者とも123本とおそろいでした。


New