10/30 開幕3ゲーム【NBA】

2012年10月31日 15:46

ペイサーズ的には出鼻を挫かれた感がありますが、NBAが開幕しました。
最初くらいはスタッツもチェックしてみようかと思います。

WAS 84 - 94 CLE
 ジョン・ウォールが怪我で出遅れの為、元INDのA.J.プライスが
 なんとスターター出場。序盤はそれなりに活躍していたのですが、
 終わってみれば7pts-6astでFG2/13。アシストは良いですね。
 二桁得点がジョーダン・クロフォードの11ptsとオカフォーの10ptsのみ。
 12-13シーズン初得点のアリーザも9点に終わりました。

 キャブスは選手紹介で最後に呼び込まれたアンダーソン・バレジャオが
 大活躍。9pts-23reb-9astとオールマイティな活躍。
 カイリー・アービングも29pts-6reb-3ast。
 ルーキーのディオン・ウェイターズも17pts。
 トリスタン・トンプソンが12pts-10rebのダブルダブル。
 プレシーズンでヒバートを苦しめたタイラー・ゼラーは
 15分弱の出場しかありませんでしたが、5pts-2rebを記録。

BOS 107 - 120 MIA
 レイ・アレンの古巣対決。BOSベンチに挨拶に行くものの、
 KGにガン無視される動画が人気のようです。
 BIG2.5なんて揶揄される時代もありましたが、今やクラッチタイムは
 ボッシュ様々。レブロンは足をつった(?)そうで最後出ませんでしたが、
 アレンをはじめ、ルイスも調子を取り戻しているようで、層の厚くなった
 ヒートは昨年以上にやっかいかもしれません。
 レブロン:26pts-10reb-3ast、ウェイド:29pts-3reb-4ast
 ボッシュ:19pts-10reb-3blk、アレン:19pts
 
 セルティックスは今やロンドを混ぜてのBIG3と言えると思いますが、
 6thマンのジェイソン・テリーが当たらず。代わりにバルボサが
 縦横無尽に得点を重ね、終盤の追い上げに貢献しました。
 ピアース:23pts-5reb-5ast、バス:15pts-11reb
 ロンド:20pts-7reb-13ast、バルボサ:16pts

DAL 91 - 99 LAL
 ドワイトが19pts-10rebでファールアウト
 コービーは22pts、ガソルは23pts-13reb-6ast-3blkと
 個人成績は悪くないようですが、ドワイトのFTは3/14。

 DALは6人が二桁得点で、他2人が8pts、1人が7ptsと
 バランス良く得点。元INDのコリソンは17pts-4ast-3stlと
 チームハイで牽引。
 

NBA開幕もダニーが膝の負傷で復帰時期未定・追記有り【NBA_Pacers】

2012年10月31日 08:03

ペイサーズはダニー・グレンジャーの左膝の怪我のため、
開幕を彼抜きで迎えることになりそうです。

チームは現地火曜日に、ダニーの膝についてのセカンドオピニオンを
求めていることを発表した。これにより、昨シーズン18.7ポイントの
スコアリングリーダーだった彼を除いて戦わなければならない。
PGのジョージ・ヒルも100%ではない。

当初開幕に間に合わないと言われていたヒルは、明日の
ラプターズとの開幕戦に出場するようです。ボーゲルは
30分程度の出場とさせる模様。

これによりロスターをどうするのかが焦点となります。
ポールをSFへスライドさせるのか。ダニーの代わりの先発は
プレ同様サム・ヤングなのか。

ルーキーのプラムリーとオーランド、そしてベンの誰かが
ベンチ入りできることになりました。今年はDリーグを有効に
活用するとのことなので、ベンチ入りは難しいと思っていましたが、
開幕からそのチャンスがやってくるとは。

アマレは手術をすることになったようですが、
ダニーは大丈夫でしょうかね。。。

Pacers' Granger out indefinitely with sore knee
---
追記
マイアミとのプレイオフシリーズの時の膝の腱の痛みは、オフに一度沈静化し、
大丈夫と思っていたものの、トレーニングをしていたところ、再発。
プレシーズンは最後の2試合以外は全て欠場し、先週の練習の後に
「様々な痛みと闘っている」と説明。左足からの着地もできないでいた。

ジョージ・ヒル(ダニーの欠場について)
「リーダーの1人であり、メインの1人を失うのはタフだ。しかし、
 それと同時にチャンスでもある。彼がいないことで他の誰かが
 ステップアップしてチームをより良くしていかなければならない。」

ボーゲルによると、ジェラルド・グリーンが代わりにスターターに入る
とのこと。(SF枠)

ジェラルド・グリーン
「このチャンスを待っていた。」

頼みます。グリーンさん。
Pacers Open 2012-13 Season Without Granger

と言ってもこれでベンチタイムのメイン得点源がいなくなってしまうのは
結構厳しいです。
D.J.、ランス、ヤング(?)、タイラー、マヒンミ。
マヒンミはプレシーズンで結構器用な所を見せていたけど、
彼に毎試合二桁得点を望むのはちょっと違うような。
サイコ君が当たってくれればいけるけど、D.J.からの
アリウープを受け取る人がいなくなってしまった。
これは勿体ない。

なので、ポールが第1Q5,6分位で下がって、ヤングと交代。
第2Qの序盤はD.J.、ランス、ポール、以下同じと繋げば
何とかいけるかもしれない。

スターター5人健在だとポールのMIPはないと思うと書きましたが、
いきなりポール飛躍の土台が揃ってしまいました。
プレシーズン彼をメインに戦っておいたのが吉とでるでしょうかね。

まぁウエストも本気出せば得点取れますし、ヒバートもヒルも
契約に見合った活躍が求められます。ポールの時間を少しずらすことで
ポールがエースの時間を作っておくことはプレイオフに向けても
大切な事だと思いますので、このピンチを上手く乗り切って貰いたいです。

開幕直前各チーム怪我人情報【NBA】

2012年10月30日 13:42

怪我の状態はProbable、Questionable、Doubtfulで記載。
それぞれ多分OK、微妙、多分無理といった感じでしょうか。

ATL
 ジェフ・ティーグ 足首 Probable

BOS
 エイブリー・ブラッドリー 肩 12月上旬まで欠場見込み
 ダーコ・ミリチッチ 手首 Questionable

BKN
 キース・ボーガンス 膝、尾骨 Doubtful

CHI
 カーク・ハインリック 足の付け根(Groin) Probable
 デリック・ローズ 膝 1月までは欠場(以降未定)

CLE
 カイリー・アービング 手 Probable
 ダニエル・ギブソン 足首、脳しんとう Questionable

DAL
 クリス・ケイマン 背中 Doubtful
 ダーク・ノビツキー 11月下旬まで欠場見込み

DEN
 ウィルソン・チャンドラー お尻 Questionable
 ダニーロ・ガリナリ 足首 Questionable
 ジュリアン・ストーン お尻 1月上旬まで欠場見込み

DET
 コーリー・マゲッティ アキレス腱、膝、ふくらはぎ Questionable

GSW
 デイビッド・リー 足の付け根 Probable
 アンドリュー・ボーガット 足首 Questionable
 ステファン・カリー 足首 Probable

HOU
 カルロス・デルフィノ 足の付け根 Probable
 ジェレミー・リン 膝 Probable
 テレンス・ジョーンズ 足首 Questionable
 マーカス・モリス 足首 Questionable

IND
 ダニー・グレンジャー 膝 Probable
 ジョージ・ヒル お尻、親指 Probable

LAC
 クリス・ポール 親指 Probable
 チャウンシー・ビラップス アキレス腱 11月下旬まで欠場見込み
 グラント・ヒル 膝 11月中旬まで欠場見込み
 ラマー・オドム 足 Questionable

LAL
 コービー・ブライアント 足 Questionable
 アール・クラーク 足の付け根 Questionable
 ジョーダン・ヒル 背中 Questionable
 ドワイト・ハワード 腰 Probable
[開幕直前各チーム怪我人情報【NBA】]の続きを読む

モサモサひげを叩いて見ればシーズン開幕の音がする【NBA】

2012年10月30日 12:18

NBAの他のプレイヤーのヒゲを全て足しても、ハーデンの髭には
勝てないという噂のある彼のHOUへの移籍劇にビックリしていたら、
NBAの開幕は明日まで迫っていたそうです。
ペイサーズの試合は現地31日が開幕なので油断していました。

開幕日は3試合
 WAS vs CLE
  ウォール対アービングが見られるかと思いきや、壁さんは
  怪我で出遅れ。12月と3月にも対戦があるので楽しみですね。

 BOS vs MIA
  関係がもつれてチームを出たレイ・アレンがいきなり古巣と対決。
  ヒートのホームで良かったですね。

 DAL vs LAL
  ノビツキーとコービーの欠場が予想される開幕戦。
  ノビは確実ですが、コービーはどうなのでしょうね。
  新生レイカーズはマローン、ペイトンを加えたBIG4時代を
  乗り越える事ができるのかが楽しみなシーズンです。
---
ペイサーズの初戦はアウェイでラプターズ戦となります。
プレシーズンを6勝1敗の好調で終えたTOR。昨シーズン
マグロワのおかげで勝てた試合がありましたが、その彼も
カットされてしまいました。実力で勝たねばなりません。

ファンジャムも楽しませて貰いましたが、その後にチームアカウントから
出されたこの動画には更に楽しませて貰いました。

アリウープの練習とのことですが、最後にみせたジェラルド・グリーンの
大ジャンプ。チームメイトも大受けです。

身長から考えるとネイト・ロビンソンも相当なジャンプ力ではありますが、
グリーンも頑張りますね。

12-13シーズン ペイサーズビデオ【NBA_Pacers】

ペイサーズ Fan Jam 2012【NBA_Pacers】

2012年10月29日 16:19

ペイサーズの2012年のFan Jamが行われました。
試験的に画像や映像をNAVERまとめで作成してみました。
Indiana Pacers Fan Jam 2012のまとめ【NBA】

行われたのは、現役プレイヤーとリック・スミッツ、
オースティン・クロージア等によるサイン会、12分の試合形式、
ダンスコンテスト、3ポイントコンテスト、ハーフラインシュート、
ルーキーのカラオケ大会とダンクコンテスト。

基本的にはまとめの方で書きましたが、
気になった点をいくつか。

スクリメージ
 これまでプレシーズンずっと休んでいたジョージ・ヒルが登場。
 膝の痛みが残るダニーはお休み。ヒルは開幕間に合わないかもという
 話でしたが、まだ無理をせずにオーガスティンのお試し期間でも
 よいと思います。ダニーは痛みと闘いながらのシーズンとなりそう。
 こちらもプレイオフを標準にして他プレイヤーに任せる事は
 任せて成長を促したいところ。

3ポイントコンテスト
 優勝は22/24で決めたヒル。
 試合とは状況が違うにしても決めすぎです(笑)

カラオケコンテスト
 ベン・ハンズブローのジャスティン・ビーバーの歌が
 なかなか受けたそうです。(歌というよりも状況が)

ダンスコンテスト
 マイルズ・プラムリーが身体のでかさに反して
 起用かつ機敏な面を披露。一輪車にのってピョンピョン
 飛び跳ねたり、華麗に漕いだりとチームメイトも大受け。

ダンクコンテスト
 そしてここでも意外な一面を見せたのがプラムリー。
 ポール、グリーンという大本命がいるなか、360度ダンクを
 見事に決めて見せました。見慣れない&でかいのにここまで
 動けると思っていなかったので一番ビックリでした。
 掘り出し物ピックとなってくれるといいですね。

ジョージ・ヒル
「良い感じだよ。初のコートだった。まだ完璧じゃないし、
 先は長いけどね。」

フランク・ボーゲル(ヒルについて)
「良く動けていたけど、まだ様子を見ながらだね。」

ということで開幕ロスターは15人のまま行くようです。
ベン・ハンズブローがロスターに残りました。
デイビスブラザーズ、ラッシュの入れ違いブラザーズの
道のりを経て、ペイサーズに真のハンズブロー・ブラザーズが
誕生することになりました。

が、まだ安心することはできません。保証外のベンは
いつでも切られる可能性があります。2013年の1月10日まで
残る事ができれば契約は保証されることとなります。
---
一方ワシントンではA.J.プライスが加わった事により、
元バトラー大のシェルビン・マックが解雇されました。

プレシーズン第7戦 @ブルズ【NBA_Pacers】

2012年10月27日 22:39

プレシーズン最後の相手はここ数年同ディビジョンで
ライバルをさせてもらってるシカゴ・ブルズ。
デリック・ローズがいない、そしてベンチが大幅に変わったから
予想順位を下げる方もいると思いますが、舐めてました。

ローズ以外のスターターが安定して強いですし、ネイト・ロビンソンが
思った以上にマッチしていました。ポイントもアシストもお任せ状態。
ビッグマン二人はタフショットが良くきまるし、デンもRIPも
大事な所で決めるしと、手が付けられず。そして全体的にオフェンスを
取られ過ぎ。50-37では勝てないです。これはセントラル首位奪還は
相当頑張らないと厳しいですね。

ペイサーズは15点差付けられたりと、大敗モードかと思いきや、
ランを成功させて追いすがったりと頑張り所もありました。
試合を通してランの応酬で最後はブルズのディフェンスに
やられた感じでした。ラスト3分くらいからミス連発、
シュートが入らないというのはここ数年の課題がクリアできていない証拠です。

ダニーは膝の負傷の為出場を抑え、ヒルも開幕に間に合わない事が
ほぼ確定。D.J.がスタートPGということになりますが、
第3のPGを決めていないINDには試練の開幕となりそうです。
ランスが仕上がって来ていません。入らない3PTを打ち、
アシストに徹する訳でもない。ベンも母校での記念出場となりましたが、
ガチ試合になってからは出してもらえる事も無く。

一方でインサイド陣はなかなか頑張っていました。ヒバートは
ちょっと無理したなと感じるシュートも決まり、チームハイの17点。
ウエストも後半の3ポイントプレイなどで追い上げをみせ16点。
ベンチからマヒンミが14点といい動きを見せていました。

ポールは7点に終わりましたが、10リバウンド、3スティール。
ダニーは22分で10点でした。

そしてD.J.オーガスティン。最終戦にきて10ポイント、13アシストで
ダブルダブル。INDのPGでダブルダブルはあまり出ないので嬉しいです。
チームメイトがうまくシュートを決めてくれたというのもありましたが、
ハーフラインと3PTラインの間くらいからグリーンに出した
アリウープパスはお見事でした。スクリーンを貰ってからの
ミドルも決めていたり、今日みたいなゲームが続けば良いですね。

IND 90 - 97 CHI 9149

12-13シーズンの勝手な展望【NBA_Pacers】

2012年10月26日 14:50

昨シーズン前にもプレビュー的な事を書いていたので
今年も一応シーズン開始前にチーム状態をおさらい。

インディアナ・ペイサーズ
10-11 37勝45敗 .451 プレイオフ1回戦敗退
11-12 42勝24敗 .636 プレイオフカンファレンスセミファイナル敗退

他チームの主力選手の怪我が相次ぐ中、比較的健康な一年で
予想外の結果を残した昨年。ベンチメンバーの顔は半分以上変わったものの、
スターター5人は変わらないということで、今シーズンも期待ができそう。
そしてポール・ジョージの成長に期待をする人も多く、
MIP候補に挙げられることもあります。

うまく再建が進んでいる反面、ヒバートとヒルに結構な金額を費やした。
来シーズンはポール、ダニーの契約最終年となり、2人をどうするのかが
課題となります。そして、今シーズンで契約の切れるウエスト。
来シーズンも残す場合はサラリー面での調整も必要です。

<ポールのMIPの可能性について>
個人的にはINDは誰かが目立つチームではなく、チームバスケを
継続するはずなので、ポールの成長があったとしても、数字の上では
大きな上乗せは期待できないと思います。よってMIP投票で上位に入ることが
あっても受賞まではいかないかな、というところです。

ダニーの膝が悪化したり、他の誰かが怪我してしまったら
ポールのスタッツが伸びることもあるかもしれませんが、それは論外。
ボーゲルはきっと今シーズンもスターター30分前後で長いシーズンを
消耗少なくプレイさせるはず。ポールは若いのでその中でも多めに
時間をもらえるかもしれませんが、せっかく加入したグリーンや
D.J.、マヒンミにも頑張ってもらいたいところ。

ボーゲルにとってはHCとなって初の82試合のフルシーズン。
ブライアン・ショウという他でHCをやっていてもおかしくない
貴重な存在がACとしてついていてくれる、恐らく最後のシーズン。

難しいですが、昨年以上の進歩を見せて貰いたいです。
[12-13シーズンの勝手な展望【NBA_Pacers】]の続きを読む


New