12-13シーズンの勝手な展望【NBA_Pacers】

2012年10月26日 14:50

昨シーズン前にもプレビュー的な事を書いていたので
今年も一応シーズン開始前にチーム状態をおさらい。

インディアナ・ペイサーズ
10-11 37勝45敗 .451 プレイオフ1回戦敗退
11-12 42勝24敗 .636 プレイオフカンファレンスセミファイナル敗退

他チームの主力選手の怪我が相次ぐ中、比較的健康な一年で
予想外の結果を残した昨年。ベンチメンバーの顔は半分以上変わったものの、
スターター5人は変わらないということで、今シーズンも期待ができそう。
そしてポール・ジョージの成長に期待をする人も多く、
MIP候補に挙げられることもあります。

うまく再建が進んでいる反面、ヒバートとヒルに結構な金額を費やした。
来シーズンはポール、ダニーの契約最終年となり、2人をどうするのかが
課題となります。そして、今シーズンで契約の切れるウエスト。
来シーズンも残す場合はサラリー面での調整も必要です。

<ポールのMIPの可能性について>
個人的にはINDは誰かが目立つチームではなく、チームバスケを
継続するはずなので、ポールの成長があったとしても、数字の上では
大きな上乗せは期待できないと思います。よってMIP投票で上位に入ることが
あっても受賞まではいかないかな、というところです。

ダニーの膝が悪化したり、他の誰かが怪我してしまったら
ポールのスタッツが伸びることもあるかもしれませんが、それは論外。
ボーゲルはきっと今シーズンもスターター30分前後で長いシーズンを
消耗少なくプレイさせるはず。ポールは若いのでその中でも多めに
時間をもらえるかもしれませんが、せっかく加入したグリーンや
D.J.、マヒンミにも頑張ってもらいたいところ。

ボーゲルにとってはHCとなって初の82試合のフルシーズン。
ブライアン・ショウという他でHCをやっていてもおかしくない
貴重な存在がACとしてついていてくれる、恐らく最後のシーズン。

難しいですが、昨年以上の進歩を見せて貰いたいです。
[12-13シーズンの勝手な展望【NBA_Pacers】]の続きを読む


New