10/30 開幕3ゲーム【NBA】

2012年10月31日 15:46

ペイサーズ的には出鼻を挫かれた感がありますが、NBAが開幕しました。
最初くらいはスタッツもチェックしてみようかと思います。

WAS 84 - 94 CLE
 ジョン・ウォールが怪我で出遅れの為、元INDのA.J.プライスが
 なんとスターター出場。序盤はそれなりに活躍していたのですが、
 終わってみれば7pts-6astでFG2/13。アシストは良いですね。
 二桁得点がジョーダン・クロフォードの11ptsとオカフォーの10ptsのみ。
 12-13シーズン初得点のアリーザも9点に終わりました。

 キャブスは選手紹介で最後に呼び込まれたアンダーソン・バレジャオが
 大活躍。9pts-23reb-9astとオールマイティな活躍。
 カイリー・アービングも29pts-6reb-3ast。
 ルーキーのディオン・ウェイターズも17pts。
 トリスタン・トンプソンが12pts-10rebのダブルダブル。
 プレシーズンでヒバートを苦しめたタイラー・ゼラーは
 15分弱の出場しかありませんでしたが、5pts-2rebを記録。

BOS 107 - 120 MIA
 レイ・アレンの古巣対決。BOSベンチに挨拶に行くものの、
 KGにガン無視される動画が人気のようです。
 BIG2.5なんて揶揄される時代もありましたが、今やクラッチタイムは
 ボッシュ様々。レブロンは足をつった(?)そうで最後出ませんでしたが、
 アレンをはじめ、ルイスも調子を取り戻しているようで、層の厚くなった
 ヒートは昨年以上にやっかいかもしれません。
 レブロン:26pts-10reb-3ast、ウェイド:29pts-3reb-4ast
 ボッシュ:19pts-10reb-3blk、アレン:19pts
 
 セルティックスは今やロンドを混ぜてのBIG3と言えると思いますが、
 6thマンのジェイソン・テリーが当たらず。代わりにバルボサが
 縦横無尽に得点を重ね、終盤の追い上げに貢献しました。
 ピアース:23pts-5reb-5ast、バス:15pts-11reb
 ロンド:20pts-7reb-13ast、バルボサ:16pts

DAL 91 - 99 LAL
 ドワイトが19pts-10rebでファールアウト
 コービーは22pts、ガソルは23pts-13reb-6ast-3blkと
 個人成績は悪くないようですが、ドワイトのFTは3/14。

 DALは6人が二桁得点で、他2人が8pts、1人が7ptsと
 バランス良く得点。元INDのコリソンは17pts-4ast-3stlと
 チームハイで牽引。
 

NBA開幕もダニーが膝の負傷で復帰時期未定・追記有り【NBA_Pacers】

2012年10月31日 08:03

ペイサーズはダニー・グレンジャーの左膝の怪我のため、
開幕を彼抜きで迎えることになりそうです。

チームは現地火曜日に、ダニーの膝についてのセカンドオピニオンを
求めていることを発表した。これにより、昨シーズン18.7ポイントの
スコアリングリーダーだった彼を除いて戦わなければならない。
PGのジョージ・ヒルも100%ではない。

当初開幕に間に合わないと言われていたヒルは、明日の
ラプターズとの開幕戦に出場するようです。ボーゲルは
30分程度の出場とさせる模様。

これによりロスターをどうするのかが焦点となります。
ポールをSFへスライドさせるのか。ダニーの代わりの先発は
プレ同様サム・ヤングなのか。

ルーキーのプラムリーとオーランド、そしてベンの誰かが
ベンチ入りできることになりました。今年はDリーグを有効に
活用するとのことなので、ベンチ入りは難しいと思っていましたが、
開幕からそのチャンスがやってくるとは。

アマレは手術をすることになったようですが、
ダニーは大丈夫でしょうかね。。。

Pacers' Granger out indefinitely with sore knee
---
追記
マイアミとのプレイオフシリーズの時の膝の腱の痛みは、オフに一度沈静化し、
大丈夫と思っていたものの、トレーニングをしていたところ、再発。
プレシーズンは最後の2試合以外は全て欠場し、先週の練習の後に
「様々な痛みと闘っている」と説明。左足からの着地もできないでいた。

ジョージ・ヒル(ダニーの欠場について)
「リーダーの1人であり、メインの1人を失うのはタフだ。しかし、
 それと同時にチャンスでもある。彼がいないことで他の誰かが
 ステップアップしてチームをより良くしていかなければならない。」

ボーゲルによると、ジェラルド・グリーンが代わりにスターターに入る
とのこと。(SF枠)

ジェラルド・グリーン
「このチャンスを待っていた。」

頼みます。グリーンさん。
Pacers Open 2012-13 Season Without Granger

と言ってもこれでベンチタイムのメイン得点源がいなくなってしまうのは
結構厳しいです。
D.J.、ランス、ヤング(?)、タイラー、マヒンミ。
マヒンミはプレシーズンで結構器用な所を見せていたけど、
彼に毎試合二桁得点を望むのはちょっと違うような。
サイコ君が当たってくれればいけるけど、D.J.からの
アリウープを受け取る人がいなくなってしまった。
これは勿体ない。

なので、ポールが第1Q5,6分位で下がって、ヤングと交代。
第2Qの序盤はD.J.、ランス、ポール、以下同じと繋げば
何とかいけるかもしれない。

スターター5人健在だとポールのMIPはないと思うと書きましたが、
いきなりポール飛躍の土台が揃ってしまいました。
プレシーズン彼をメインに戦っておいたのが吉とでるでしょうかね。

まぁウエストも本気出せば得点取れますし、ヒバートもヒルも
契約に見合った活躍が求められます。ポールの時間を少しずらすことで
ポールがエースの時間を作っておくことはプレイオフに向けても
大切な事だと思いますので、このピンチを上手く乗り切って貰いたいです。


New