Game 24 @ ピストンズ【NBA_Pacers】

2012年12月16日 23:59

本日はデトロイトでピストンズとの対戦がありました。

第1Q、2-6となった後に、15-0のランで17-6としますが、
いつもの様に詰められて26-22で終了します。
リードを奪った後もペイサーズは3PTに頼るオフェンスだったので
少し心配でした。

第2Qに入っても3PTを打ち続けるIND。ヤングが決めて32-27としますが、
ジワジワ追いつめられて、モンローおレイアップで38-38の同点とされます。
更にグリーンが3PTを打ってミスしますが、DETもスタッキーが外し、
ヒルがファールを貰って2点を追加。この後にもヒルがFTで2点を加え、
42-38で前半が終わりました。

が、残り50秒でモンローのシュートをブロックしたヒバートが負傷。
モンローの膝がヒバートの太ももに入り、ロッカーへ。
結局この試合中に戻る事はありませんでした。

後半、ヒバートに変わってジェフ・ペンダーグラフが出場。
ジェフは最低限の活躍を見せてくれましたが、さすがにヒバートと
比べると能力不足です。モンローに連続得点を許してしまいます。
グリーンが3PTを決めて55-49としますが、スタッキーとドラモンドに
レイアップを決められて55-53まで詰められます。この間、INDは
TO連発でした。

しかしここでもまたヒルがファールを貰い、リードを4へ戻します。
更にタイラーのフェイダウェイが決まり、59-53。この後、
モンローにオフェンスリバウンドで粘られますが、最後はディフェンス勝ち。

一方INDはブロックされますが、オフェンスリバウンドで繋いで
タイラーのレイアップが決まります。リードを保って第3Qを終えたい所でしたが、
シングラーの3PT、ドラモンドのプットバックダンクで63-60まで
詰められてしまいました。

第4Q、ヒルとポールは休まずにそのまま出場。
ドラモンドにレイアップを決められて1点リードになりましたが、
ヒルが3PTを決め、その後2点ずつ取り合うと、少しミスが続き、
シングラーのジャンパーで68-66となります。
ここからまた無得点が続き、ウエストがファールを貰いますが、
1本しか決められず。

両者TOとシュートミスで、重苦しい展開となりますが、
ポールのレイアップとウエストのランニングフックで73-66とします。
DETはシュートが決まらず、残り4分にポールからパスを受けたヒルが
3PTを決めて76-66とリードを10点に広げました。

更にポールのスティールでナイトがクリアパス。(未だによく分かってないです)
ポールにFT2本が与えられ、更にINDポゼッションとなります。
FTは1/2でしおたが、ウエストがタフショットのフェイダウェイを決めて
79-66。スタッキーが2点を返しますが、更にウエストのジャンパーが
決まります。残り2分1秒にポールのFTで82-68とすると、DETにも
点を取られますが、最後はウエストが6連続得点で逃げきりに成功。

ポンプフェイクからのダンクに、ステップバックジャンプショット、
更にポールのパスからダンクと勝負強さを見せつけてくれました。

IND 88 - 77 DET 13235人 Photo Movie
[Game 24 @ ピストンズ【NBA_Pacers】]の続きを読む


New