Game 25 @ バックス【NBA_Pacers】

2012年12月19日 13:18

今日はアウェイでミルウォーキー・バックスと対戦。
昨年から何かと乱闘の起こる相手なので、不安でしたが、
今回は大丈夫でした。

出だし、両者共にTOが多めでしたが、ペイサーズは
最初の12分で9個のTO。FGを7本も多く打たれますが、
25-21とリードすることができました。ヒバートが好調で
6ポイント、ポールも8ポイントでした。

第2Qは、ベンがジェニングスからスティールして
マヒンミへのダンクへ繋ぐ等、活躍を見せました。
6分47秒に38-32とリードを広げはじめますが、
サンダースへのブロックかと思われたのが
ヒバートのファールになり、FTを1本決められると、
ポールが3PTをミス。MILはダンリービーが3PTを打ち、
決めますが、特に触れたとも思えないのにポールがファールを
取られます。結局4点プレイを決められて38-37へ。
2つの大きな笛で一気にリードを失ってしまいますが、
48-45と何とかリードを保って前半終了。

しかし、第3Qは立て続けに決められて逆転を許します。
何とか食らいつきますが、TOにシュートミスで一方的に
やられます。特にヒバートはオフェンスリバウンドを取っても
動きが遅くて決めきれず、ウエストもインサイドで攻めても
ファールを貰えない事からイライラしてテクニカルを貰います。

第4Q、MDJに3PTを決められて66-75と差が更に開きますが、
マヒンミとタイラーが頑張って繋ぎます。そして12-0のランで
78-75と逆転に成功。

モンテとバー・ア・モーテにFTを決められ逆転されますが、
タイラーもFT2本決めて80-81と追いかけます。
4分51秒にウエストがFTを貰いますが、1本しか決められずに
85-85の同点。ジェニングスにジャンパーを決められた後、
ウエストがサンダースにブロックされ、MILはジェニングスが
3PTを打ちますが、またしてもここで笛が吹かれます。
結局FTは2本しか決められませんでしたが、ウエストの
インサイドは吹かれないのに、こうも簡単に吹かれるとは。

ポールがダンクを決めた後、今度はジェニングスが3PTを沈め87-92。
ウエストはせっかくFTを貰っても1本しか決められず。時間が過ぎ、
MDJにチップを決められて88-94。

この後、1分17秒にヒルが3PTを決めて91-94としますが、
ここでこそ笛を吹くべきだったと思います。

しかし、ジェニングスが止まらず。同点のチャンスでポールが3PTを
打ちましたが、決まらず。最後もヒルがTOで試合終了。

IND 93 - 98 MIL 11739

<敗因>
・TO多すぎ
・ファストブレイクが壊滅的
 一方のMILはジェニングス、モンテがきっちり決める
・ウエストの不調
 これは彼だけが悪い訳ではありませんが、いつもなら決めるショットを
 外し、ファールも貰えない為、イライラしてしまいました
・ヒバートが中途半端
 せっかくリバウンドを取っても押し込めず
 プットバックを狙ってミス、一度持ち直してもミス

今日勝てばディビジョンで上に行くチャンスだっただけに
痛い敗戦です。試合は明日もあるので、切り替えて頑張って貰いたいですが、
相手はインサイド豊富のジャズ。苦戦が強いられそうです。
[Game 25 @ バックス【NBA_Pacers】]の続きを読む


New