ディフェンスからのオフェンス:Game 26 vs ジャズ【NBA_Pacers】

2012年12月20日 12:51

今日はホームでユタ・ジャズと対戦。両チームとも
Back-to-backです。

出だし、UTAにオフェンスリバウンドを取られ、リードを奪われますが、
今日はヒバートが好調でポイントを取り続けます。14-21と
リードを広げた後、少し詰められますが、ベンチから出てきた
ジェラルド・グリーンが2本の3PTとFTでいきなり7点を取る活躍。
不調の2人がチームを盛り上げます。
更に、ヒバートのブロックからタイラーのファール付のレイアップが決まり、
このFTは落としますが、ヤングが拾ってまたまたアンド1のレイアップ。
しかし、このFTもミスし、18-29。
2点ずつ取った後は、ナイスDでUTAに24秒バイオレーション。
いつもよりも早い時間にウエスト、ポールを下げましたが、
リードをキープし、第1Qを23-31で終えました。

第2Qは、ベン、ヤング、グリーン、タイラー、マヒンミでスタート。
INDはシュートミス、UTAはTOを繰り返し、タイラーが先に
レイアップを決めます。ヘイワードのレイアップをヤングがブロックし、
INDもミスしますが、UTAは更にTO。元INDのアール・ワトソンが冴えません。
UTAにはジャマール・ティンズリーもいて、地元のヘイワードといい、
何かとインディアナにゆかりのある選手が多いです。

その後もお互いにシュートが決まらず、3秒バイオレーションで
ヘイワードが決めた1点のみで、24-33で4分が過ぎました。
タイムアウト明け、ポールとウエストを戻しますが、
ウエストがフックをミス。INDはマヒンミがスティールしますが、
ベンが3PTをミス。今日は積極的に打ちますが、決まりません。

5分半が過ぎ、UTAは0/4、INDは1/9というFGでした。
ポールのファストブレイクダンクが決まり、ペイント内を
2-20と圧倒します。カンターのオフェンスファールで更に
INDポゼッション。スターターを戻します。
ヒル→ウエスト→ポールとパスが流れ、ダンクを決め26-39とすると、
UTAオフェンスはインサイドに入らせず、外から打たせてミスを
誘います。一回目は成功しますが、二回目は決められます。
直後、ポールがプットバックレイアップを決めて点差をキープ。

UTAはシュートを外すものの、リバウンドを取り、最終的に
ポイントに辿り着くようになります。リードをキープしていますが、
INDも流れは途切れて来てるなと思いましたが、ヒルが3PTを決めて
30-46とします。ミルサップにFTを与えますが1本しか決まらず、
15点のリードを守ります。ウエストがフックを決めましたが、
序盤好調だったヒバートはフックを外します。
2回連続ヒバートで攻めて、今度はファールを貰います。
どんな形でも点を取ることが求められるヒバート。
このFTを両方決めて31-50と19点リードへ。
最後にはヒルの3PTが決まって31-53と、これまでにない好調で
前半を終えました。

結局ペイント内は28-2と支配を続け、インサイド豊富のUTAに対して
本当によく頑張っていました。
ヒル:14pts、ポール:12pts、ヒバート:10pts、グリーン:7pts
モー:11pts、フォイ:7pts

第3Q、ヒバートのフックミスからスタート。
INDのディフェンスはまだ継続して成功していましたが、UTAにも
やられてしまいます。アル・ジェファーソンにFTを2本決められてしまいますが、
ディフェンス合戦の後、ウエストがプットバックレイアップ、そして"and one!"を
決めると、更にスティールからヒルのレイアップで33-58とします。
ポールが追加でTOを誘うと、またしてもウエストのレイアップが決まり、
インサイドの完成度を見せてくれました。

スティールからのレイアップなどもあり、ペイント内を4-38とし、
「中でばっかり打ってるけど、シュートタッチ自体は大丈夫か?」
と思ったら、ポールが3PTを決めてくれました。これで39-67。

その後、30点リードにすると、ウエストがタフなフェイダウェイを決めて
41-73。ヘイワードがミドルを決めますが、攻め急がないIND。良いですね。
自分たちが外したとしても、時間を使って相手の反撃の回数を減らす。
これをできない試合を何度も観てきました。

4分を切ってもスターターを全員出しているIND。
ディフェンスで苦しめ、最後はポールのブロックで2回目の24秒を取ります。
その後ヒバートのダンクをフェイバーズに綺麗にブロックされますが・・・
手をディフェンス側に伸ばし過ぎでしたかね。

すると、余り目立っていないランスがドリブルで相手を抜くと、
フロアが滑って自らアンクルブレイク。転んだ瞬間にボーゲルが
タイムアウトを取りました。
このタイムが明けてもスターター全員残ったまま。
ポールが3PTを決めて45-76とします。

さすがに疲れてきたのか、徐々にミスが出始めますが、
このQでも3点のリードを広げ51-76で終了。
12分間スターター出ずっぱりでした。

第4Qは、精彩を欠くベンを下げて、絶賛干され中のD.J.オーガスティンが登場。
ポールのみステイで、グリーン、タイラー、マヒンミと出場です。
ポールがジャンパーを決めて20pts-10rebのダブルダブル達成。

UTAにも得点を許しますが、
ポールのブロックからグリーンのレイアップ、D.J.の3PT、
タイラーのFT1本に、D.J.のミドルが決まり、得点を止めません。

しかしD.J.のピック&ロールから何も生まれない現象からのパスミス、
カンターにグイグイ押されこまれてゴール下にまで到達するマヒンミのD、
フェイバーズにエルボー(流れで)を食らうタイラーと、INDに
流れがきません。

グリーンは3PTを決めたりと、好調で、残り1.8秒からのインバウンドで
空中でキャッチしたボールをそのままシュートするなど、
久しぶりにイインダヨ!グリーンだよー!

残り5分当たりから、出番待ちレーンにジェフ君と
マイルズ・プラムリーの姿がありました。中々ボールが途切れませんでしたが、
グリーンがオフェンスファールを取られたおかげで、ほどなく登場。

ヤングからのお膳立てでプラムリーがミドルを打ちますが、ミス。
その後はグリーンとプラムリーのスクリーンプレーで、グリーンの
モンスターダンク and 1が決まります。プラムリーがしっかりかけた訳では
ありませんでしたが、彼のいるサイドから生まれたプレイなので嬉しいです。

更にフェイバーズのダンクをプラムリーがブロック。その後にフリーで
ダンクを打たれましたが、ミスとなり、プラムリーがリバウンドを取ります。
プラムリーの運は継続し、D.J.の3PTミスのボールが転がり混んできて、
グリーンに渡すと3PTを決めて72-100となります。

が、この時ベンチで喜んでいたヒバートが肩を痛めたようなそぶりを
見せていたのが心配です。ガッツポーズで負傷とか勘弁してもらいたい。

のってしまったグリーンは、ルーキーにボールを回すこと無く、
タフショットを打ちミス。長いこと不調だったので、これだけ
好き勝手できれば暴走するのも分かりますが・・・

その後はD.J.がキープしてジェフ君へのダンクを導きますが
ファールされてFTでの2得点になりました。
楽しめるガベージタイムの中、プラムリーがアリウープでダンクを
決めました。得点が取れたので良かったです。

試合後、ジェフとカンターがハグしてましたが、仲良しなのですかね?
ベンは肩を2度ぶつけた影響で負傷っぽいですね。

UTA 84 - 104 IND 13559人 Photo Movie
[ディフェンスからのオフェンス:Game 26 vs ジャズ【NBA_Pacers】]の続きを読む


New