ウエスト通算1万得点達成:Game 28 @ ホーネッツ

2012年12月23日 12:39

今日はロード2連戦でニューオーリンズ・ホーネッツと対戦。
序盤、みんな不調で、特にウエストのシュートが全く決まらず、
前半だけで22点ビハインドとなり、更に昨日足首を捻った
ジェラルド・グリーンも欠場の為、層の厚さでも完敗モードに入りました。

しかし、第3Qを24-7と盛り返し、最後はデイビッド・ウエストの
タフショット連発で見事な逆転勝利。ランス・スティーブンソンの
大きなプットバックレイアップもありました。

<追記>
前回の対戦では怪我で欠場していたアンソニー・デイビス。
アリウープの派手なダンクに、プットバックダンク、更にディフェンスがいても
ミドルを決めるという、その能力を見せつけてくれました。
そして、ロビン・ロペス。オフェンスにディフェンスの両エンドで
素晴らしい活躍を見せました。

こちらがやりたいディフェンスをNOHにやられてしまい、前半は
なす術がありませんでした。

しかし、前半FG2/9で5得点だった、元ホーネッツのデイビッド・ウエストが
息を吹き返します。第3Qに5/7で12得点、17-0のランの立役者となります。
INDはこの12分、10/18でFGを決め、NOHは3/17で7得点に終わります。

同点で迎えた第4Q、接戦が続きましたが、残り3分55秒にロペスの
3ポイントプレイで65-70にされます。ここで決めないと、まずいという場面で
ウエストがステップバックのフェイダウェイ。更にヒルがFTを2本決め、
NOHはシュートが決まらず、ここでもウエストがターンアラウンドで決めて
71-70と勝ち越しに成功。メイソンJrが3PTをミスし、ここでもウエストの
フェイダウェイが決まり、ヒバートのスティールから
ヒルtoランスのレイアップが決まって75-70。終盤に10-0のランを決めます。

しかし、バスケスに3ポイントプレイを決められて、また2点差へ。
ポールの3PTが外れましたが、ランスが値千金のプットバックレイアップを決めて
77-73としました。残り38秒、眉毛をフリーにさせてしまい、レイアップを
決められましたが、残り16秒、ウエストがとどめのフェイダウェイを決めて
4点差をキープ。勝負所でルーキーに教育を施したウエスト先生。
こうやってまた、若者も学んでいくのでしょうか。

今日はノビダウェイやデュラントのフェイダウェイと
肩を並べる出来だったウエストダウェイ!なんという語呂の悪さ。

彼こそオールスターに選ばれるべきです。
といっても休養にできる方が嬉しいですが。。。

そのウエスト、今日の試合でキャリア通算10000得点を達成です。

IND 81 - 75 NOH 15042
[ウエスト通算1万得点達成:Game 28 @ ホーネッツ]の続きを読む


New