ヒバート、実は手首を怪我していた【NBA_Pacers】

2012年12月25日 12:33

ディフェンスでの存在感はありますが、今シーズン期待はずれの
オフェンスを見せている、MAX契約のロイ・ヒバート。

12月14日にシュート不調の原因がようやく分かったそうです。
プレイオフで右手首を負傷していたとのこと。
レブロンをブロックしに行き、倒れる際に手を突いた時の
怪我だそうです。

「痛くはないんだ。ただ、力が入らなくて、シュートが外れていたようだ。
 この事を知ってから治療をしているので良くはなってきてるよ。」
とのこと。この5試合ではFG5割をキープしているそうなので、
改善はされつつあるのかもしれません。見ていても、前ほど酷くはないと
思えるプレイが増えましたしね。

いや、しかしこれ大丈夫ですか?
これまでも、鼻の骨を折ったり、足首を結構な角度で捻っても
その試合中に復帰してきて、鉄人っぷりには定評があった訳ですが
痛みが無かったとは言え、怪我に気付かないのはまずいですよね。
プレイオフから放置で、プレシーズン、そしてシーズンも1ヶ月を過ぎてから
発覚って。MMAトレーニングで打撃のトレーニングをしている場合ではないですよ。

何はともあれ、発見されて、治療しているということなので、
前向きに考えたいと思います。少しでも彼のオフェンスが向上し、
ダニーが帰ってくれば、初期の悩みも無用となります。

現在、シューター不足ではありますが、オフェンスがある程度機能している今、
ダニーを砲台として使う道もあるかと思います。プレイタイムも
あまり伸ばさずに調整させながら、プレイオフに進めたら良いですね。

ランス、グリーンの調子も良くなってきましたし、2月の復帰が楽しみです。

しかし、今年の残り試合は、CHI、PHX、ATL、MEMと強敵揃い。
4連敗で年越しとならないように頑張って貰いたいです。
---
また、コメントでも頂きましたが、先週CLE→NOHとロードでの連戦だったIND。
CLE戦終了後、すぐにニューオーリンズに飛び立つはずでしたが、滑走路が
凍ってしまった為、離陸ができなかったそうです。

朝の4時にニューオーリンズに着く飛行プランも出たそうですが、
チームは睡眠を優先と考え、クリーブランドで一泊。
試合日の朝10時45分に出発し、12時30分にニューオーリンズに到着。

そんな移動の結果、前半の不調だったのかもしれませんが、
ハーフタイムを挟んで見事に復活できたのは素晴らしかったですね。


New