Game 30 : @ ホークス【NBA_Pacers】

2012年12月30日 10:12

今日はアウェイでアトランタ・ホークスと対戦。
アトランタでは10連敗という嫌な記録と、今日もサム・ヤングが
欠場でウイングプレイヤーの3人ローテーションが強いられました。

序盤からATLのシュートが外れず、アシストから良いシュートを
決められます。第1Qで既に12アシストをされました。
ペイサーズも悪くはなかったのですが、ATLが更にその上をいきました。

第2Q、今日もD.J.オーガスティンからは何も生まれずミス続き。
ATLにはジョン・ジェンキンスという伏兵が現れ、3PT2本で8点取られます。
それでもマヒンミやタイラーが何とか繋ぎ、ベンチタイム中に
41-44の3点まで詰めました。

しかしスターターを戻すと、ウエストのまずいディフェンスから
ホーフォードが14点目、これにはウエストも2点で返しましたが、
ここからヒバートの存在感が0となり、ザザ・パチュリアに
6点連取されます。その後、ウエストがFTを貰いましたが1本のみ、
更にヒバートがマッチアップに付いたコーバーが難なく3PTを決めて
44-55と一気に差を広げられてしまいました。

今日はフロントコートの出来の差が激しいです。
最後はポールからのアシストでランスのレイアップとウエストのダンクが
決まり、48-55としますが、INDのラストポゼッションではパスミスで
TOという悪い終わり方でした。

前半スタッツ
IND FG 19/40(.475) 3PT 1/5(.200) FT 9/10(.900)
ポール:10pts-4reb-5ast、ウエスト:11pts-2reb
ヒバート:0pts-1blk、ランス:7pts-4reb、ヒル:4pts-3reb

ATL FG 24/39(.615) 3PT 5/9(.556) FT 2/2(1.000)
コーバー:8pts ホーフォード:14pts-3reb-3ast
ザザ:8pts-7reb、ウィリアムズ:9pts-9ast、ティーグ:2pts-3ast

第3Q、点差を離された後にウエストの3PTと
レイアップで何とか食らいつきますが、コーバーのテイクチャージで
ランスがフレグラントを取られFT2本、更に3PTを決められて14点ビハインドへ。
ATLのシュートは好調をキープし、70-83で終了。

第4Q、このまま負けるかと思われましたが、徐々に詰め、
ウエストがこの試合2本目の3PTを決め、更にFT2本で85-91とすると、
ミスが続いた後にポールがレイアップを決めて87-91。更にファールを貰って
88-91と3点差にまで詰めましたが、ここから流れが悪くなります。

ルーが手を使ってスペースを作った後にホーフォードへのパスで
得点を許すと、次もヒルが押されて転んだのに笛が無くジャンプボールへ。
ここでヒルがボールを地面に叩き付けてテクニカルを取られます。
コーバーはこのFTを外しましたが、ルーなりティーグのペネトレイトに
最後まで対応することが出来ずに、ズルズルと敗戦。

ほんの少しの出来事で流れが変わってしまいました。
もっと大敗すると思いましたが、3点差に詰める力はあるようです。
相手は3PT10/20と大当たりの相手に対し、よくがんばったと言えます。

ただ、終盤ATLがシュートを落としてもリバウンドを取られる中、
ボーゲルはヒバートやマヒンミを戻さずにウエストとタイラーの
スモールラインアップで対抗。ここも敗因の一つでした。
自らのTOも多かったですね。

また、ランスがプットバックレイアップに行った際に
タイラーの肘が顔にヒットしてしまい、ロッカーへ。今日は
ランスの調子が良かっただけに、これも流れを失うキッカケの一つと
なったかもしれません。

しかし、ヒバートは今日何もしませんでしたね。。。

IND 100 - 109 ATL 16558
[Game 30 : @ ホークス【NBA_Pacers】]の続きを読む


New