Get the Board.:Game 35 vs ヒート【NBA_Pacers】

2013年01月09日 15:26

今日はホームでマイアミ・ヒートと対決。
昨年のプレイオフでは途中まで良い戦いを繰り広げましたが、
最後は実力の差をはっきりと見せつけられて敗退してしまいました。

今シーズン103pts(4位)、FG49.0%(1位)、3PT39.3%(2位)という
オフェンスのMIAに対し、失点89.8pts(2位)、被FG41.4%(1位)、被3PT31.2%(1位)の
ディフェンスのINDとの対決となりました。

出だし、INDの8点の内、7点をランスが稼ぐという、これまでに無いスタート。
INDはシュートを外しながらも、オフェンスリバウンドを拾います。
しかし、それが全て得点に結びつく訳ではなく、接戦となりますが、
最後はタイラーが4本のFTを決めて19-20と1点リードで第1Qが終了。

第2Q、お互いにミスを続けた後、オーガスティンtoグリーンの
アリウープが決まり、更にタイラーのジャンパー、マヒンミのレイアップが
全てオーガスティンのアシストから決まり19-26となります。
マイク・ミラーに3PTを決められますが、ローテーション入りした
オーランド・ジョンソンからグリーンへのナイスパスで
アリウープレイアップがきまり、さらにスティールからグリーンが
3PTを決めて22-31とリードを広げます。
この後、ウェイド、ポール、ウェイドと3PT合戦となり28-34。
ウエストがリバウンドからのレイアップ、フェイダウェイを決め
残り4分半で28-38とリードを10点にしますが、ここから11-0のランを
食らって39-38と逆転されてしまいました。ウェイドの3PTへのファールで
3本のFTを決められましたが、その前後にヒバートのジャンプショットが
2本決まって42-42で前半終了。
ベンチで言い流れを作りましたが、スターターで潰してしまうという、
勿体ない終わり方でした。

第3Q、INDのオフェンスが悪く、MIAに点を取られ、51-44の7点ビハインド。
7分19秒にポールのレイアップで後半初得点をようやく決めますが、
せっかくのカウントワンスローもFTミスで46-51止まり。
しかし、レブロンのショットが外れた後、ポールからパスを貰ったランスが
3PTを決め、2点差。ボッシュもジャンパーで4点差へ戻しますが、
INDはボールが回ったあとに、何故か3PTラインでフリーになっていた
ウエストにボールが渡り、そしてこの3PTを決めて53-52へ。
そしてレブロンのバッドパスから再度INDオフェンスとなり、
ポールが外しましたが、ウエストがリバウンド。一旦仕切り直しとなり
ランスがボールを持ちます。3PTラインからは少し距離がありましたが、
ディフェンスが全く寄ってこないのを見てまさかのシュート。
外したら怒られそうなプレイでしたが、見事にこれを決めて53-55と逆転。

MIAがタイムアウトを取る中、ランスは叫びも喜びを露わにすることもなく
ベンチへ歩いて戻りますが、会場とチームメイトは彼を歓迎。
プレイオフではベンチで騒いでるだけの奴、でしたが、今日はプレイで
魅せました。

レブロンのポストからのフックで同点となり、ヒルのTOで
レイ・アレンに3PTを打たれますが、ミス。そしてウエストが
2点を取り、更にウエストがレブロンからスティールしますが、
このファストブレイクはレブロンのブロックによって阻止されます。
そしてまたアレンの3PTが外れ、ポールのステップバックジャンパーで
55-59。更にランスがスティールしますが、FTは2本とも外れます。
残り2分からポールの2連続3PTが決まり、57-67とリードを10点に
戻して第3Qが終了しました。

第4Q、MIAはアレンの3PTで攻めますがミス。今日は決まりません。
INDはポールのジャンパーで12点リードへ。さらにレブロンがTOで
ポールはシュートをミスしますが、オフェンスリバウンドの結果、
マヒンミがレイアップを決めて57-71。

コールとレブロンに3PTを決められますが、INDもポールが5点、
マヒンミが1点を稼ぎ、リードに変化なし。ヒバートがオフェンスリバウンドを
何度も取り続けますが、プットバックが決まらずに最後はオフェンスファール。
何とももどかしいプレイでしたが、リバウンドを取れている事自体は
良い事なのでしょうね。これを決めればもっと良いですが。
ポールとウエストが決めて、4分半で67-82。そろそろ勝利がチラつき
はじめます。するとボッシュのFT2本、ウェイドの3PT、更にウェイドのFT2本、
レブロンのFT1本を決められる間、INDは無得点となります。
75-82と7点差まで詰められますが、この時時間は既に残り40秒。
シュートが決まらないながらも、不調のヒルに替わって終盤も出続けた
オーガスティンは時間を使いながら攻めたおかげでした。
そのオーガスティンはファールゲームのFTをしっかりと決め、
最後にはMIAにオフェンスをさせずにウエストのスティール。
77-87でディフェンスとリバウンドの勝利となりました。

まだINDが何かをやり遂げた訳ではなく、レギュラーシーズンの1試合では
ありますが、ランス、ポールらの成長が見られた素晴らしい試合となりました。
勝利自体の喜びもありますが、彼らの成長の方が喜ばしいですね。

次はホームでニックスと対戦。
TNT放送で、レジー・ミラーが初めてインディアナで実況解説です。
何としても勝ちたいですね。

MIA 77 - 87 IND 18165
[Get the Board.:Game 35 vs ヒート【NBA_Pacers】]の続きを読む


New