インディアナの新しい顔:Game 36 vs ニックス【NBA_Pacers】

2013年01月11日 14:45

レジーが解説ブースに入る際にレジーコールが巻き起こった
今日のニューヨーク・ニックス戦。メロ不在という、INDに少し
有利な試合でしたが、そもそもこちらには本来のエースのダニー・グレンジャー
がいません。NYKはフェルトン、シャンパートも怪我で不在なので
やはりこちらに風は吹いていたのかもしれませんが。

第1Qはキャンビーとコープランドという、言わば伏兵にポイントを
取られ、ペイサーズは明らかに自分たちの為に集まった客ではない
ファンの前、そして全国放送で緊張していたのか、シュートが決まりません。
9-3という酷い立ち上がりでしたが、タイラー・ハンズブローが
4本のFTを決めて12-12と追いつきます。
更にジェラルド・グリーンのジャンパーとマヒンミのプットバックレイアップで
16-14として第1Qが終わりました。

第2Q、タイラーがリバウンドを頑張り、ダンクを決めると、ヒバートが
背中の痙攣ということで代わりに出てきたジェフ・ペンダーグラフも
出て早々にフックを決めます。接戦が続く中、残り2分にポールの3PTが
ようやく決まって29-35。一時は8点リードとなりましたが、最後に
ジェイソン・キッドに3PTを決められて34-39で終了しました。

第3Q、ランスとポールの時間ギリギリの3PTが幸運にも入り、更に
ポールのレイアップ、スティールからのダンクで38-49と素晴らしい
後半の立ち上がりとなりました。前半でロッカーに戻り、
試合復帰が微妙とされたヒバートでしたが、途中から戻っていました。

が、ここからNYKも立て直し、特にJ.R.スミスが爆発。なんとか
逃れるINDでしたが、ウエストがどうにも決めきれず、スミスに
ジャンパーを決められて残り1分26秒、遂に58-58とされ、残り31秒には
またもやスミスが決め手60-58と逆転されて第3Qが終わりました。

第4Q、チャンドラーにダンクを決められて4点ビハインドとなりますが、
ポールがレイアップで返して2点差。両者ミスした後、ポールが
またもやスティールからのダンクで62-62と追いつくと、
チャンドラーのダンクをヒバートがブロックし、グリーンが3PTを
決めて62-65と逆転に成功。このプレイでさらに腰を痛めたヒバートは
マヒンミと替わります。

そのマヒンミがミドルを決めて62-67とすると、INDのオフェンスが雑になり、
2連続スティールをされますが、NYKはシュートを外してくれ、
2本目のスティールの後にはポールがスティールを仕返してファストブレイクで
レイアップを決めて62-69と、運良く点差を広げる事が出来ました。

そこからまたしばらく無得点状態が続き、NYKを5分以上スコアレスに抑えます。
5分14秒には24秒バイオレーションを取り、ヒルからポール、そしてゴール下で
フリーになったマヒンミにボールが繋がりダンク。13-0のランを成功させると、
アマレが2点を加えますが、マヒンミがレイアップを決めて64-73。
更にディフェンスでNYKオフェンスを苦しめると、リバウンド争いで
押されたチャンドラーがノーコールにキレてテクニカル。ヒルが1点を加えます。

10点リードとなった3分34秒、自分がこの試合で一番印象的だったシーンが
やってきます。ポールのシュートが外れ、ランスがリバウンド、そのままゴール下を
狙いますが、ディフェンスに阻まれて一旦外へ、そしてフリーのヒルが3PTを
打ちますが、これも外れます。しかしリバウンドを取ったのはマヒンミ。
さすがにここで一旦立て直しとなり、ヒルがボールをキープすると、徐々に
立ち上がりはじめる観客達。試合を決めるのはここだという、場内の雰囲気。
みんなが見守る中でボールを託されたのは、FTラインの後ろの方でフリーと
なっていたマヒンミ。このミドルをしっかり決めて場内大歓声。
NYKはタイムアウトを取らず、そのままオフェンスを続けます。
ポールがスミスに対してしつこいディフェンスを続けますが、ここは決められて
INDがタイムアウト。観客はスタンディングオベーションで選手を賞賛。
ここの流れ、最高でしたね。

残り2分33秒、66-76で試合再開。
ポールが個人技でレイアップ、これは外れましたが、マヒンミがリバウンドを取って
ファールを貰いながらプットバック。3点プレイを成功させ、66-79。

しかしこれで終わらないのが今季のニックス。スミスが3PTを決め、
今度はマヒンミがチャージングを取られると、今度はキッドが3PTを
決めて残り1分26秒で72-79と7点差にされました。

INDは出来るだけ時間を使い、ポールがディフェンスの間を
すり抜けてレイアップを決めて72-81。このポイントは大きかったです。
この後、アリウープでチャンドラーにダンクを決められますが、時間は
どんどん過ぎ、次にNYKがボールを持ったのは残り24秒。
ここからオフェンスリバウンド連続で3PT連射となりますが、決まらず、
アマレがインサイドで2点を加えますが、タイムアップ。
時間がどんどん流れたのが幸いし、逃げ切りに成功。

ホームでの連勝を9に伸ばし、MIA(レブロンが足首負傷)、NYK(メロ不在)と
イーストのトップ2チームに連勝という形になりました。かっこ書きには
なりますが、苦しいと思われたスケジュールで勝ちを増やせたのは
大きいです。

レジー曰く、ポールは
「インディアナの新しい顔になりつつある。」とのこと。
オールスターのリザーブに選ばれるべきプレイヤーの一人との
お褒めの言葉も頂いたようです。

当初の目的ではレジー目当ての客が多かったかもしれませんが、
最後は自分たちのプレイで観客を虜にしましたね。

って満員じゃなかったのか・・・

NYK 76 - 81 IND 16568
[インディアナの新しい顔:Game 36 vs ニックス【NBA_Pacers】]の続きを読む


New