ホーム10連勝を賭けて:Game 37 vs ボブキャッツ【NBA_Pacers】

2013年01月13日 10:15

今日はシャーロット・ボブキャッツとホームで対戦。
ホーム10連勝がかかる試合ですが、昨年から続く連敗記録を
相手の開幕戦でストップさせてしまい、更に今日はポール・ジョージが
Fluで欠場という厳しい状況に。代わりのスターターは10日間契約の
ドミニク・マグワイヤでした。

序盤早速彼がオフェンスリバウンドからファールを貰い、FTを得ますが、
2本ミス。チームも不調で8-0スタートという悪い流れとなりました。
しかし、ポールと同様に今シーズン成長中のランスが頑張り、徐々に
点差を詰めて行きます。なかなか同点にできませんでしたが、
残り1分48秒、ランスがスティールから3PTを決めて18-18の同点へ。
最後にヘイウッドに決められて24-23と1点ビハインドで終了。
立ち上がりを考えれば上々と言えますが、酷い試合になりました。

第2Q、ベンチの3PTが大当たりし、オーガスティン、グリーン、
オーランド、グリーンと4連続で12-0のラン。27-35としますが、
INDはその後も3PTに頼ったオフェンスばかりで、インサイドが
決まらず、点差を詰められ、ウォリックに2点を決められて
45-43と2点ビハインドで前半終了となりました。

ニックス、ヒートを70点台に抑えたのに、ボブキャッツ相手に
前半で45点は取られ過ぎな気がしますし、ポール不在が
後半にどう影響するか、不安です。

第3Q、ヒバートを中心に攻め、一度は同点になりますが、CHAが
5点リードとなります。しかし、そこからINDが13-0のランで
リードを奪い返し、マヒンミの3PTプレイで60-67とします。
セッションズに3ポイントプレイを決められ、ゴードンのレイアップも
決まり2点リードとなりますが、第3Q終了間際にウエストのミドルが
決まり65-69と、このQで6点上回り、リードをして第4Qへ。

第4Q、一度2点差まで詰められますが、タイラーの3ポイントプレイ、
マヒンミので69-76とリードを広げます。この間、タイラーの
ビッグブロックもありました。しかしそこからオフェンスが停滞し、
75-76とされると、ヒルのジャンパーとランスのチップで75-80と
リードをまた広げます。

タイムアウト明け、ケンバ・ウォーカーに3PTを決められますが、
INDはボールが良く回り、フリーでランスがダンク。78-82とします。

CHAにオフェンスリバウンドを取られますが、ヒルがスティールから
ファストブレイクでレイアップを決めて78-84と6点リードへ。
ニックス戦はオフェンスで見せたマヒンミですが、今日は
リバウンドやパス、ブロックで活躍をみせます。

インとアウトの収縮を続けた後、サイドでフリーになった
ヒルが3PTを決めて78-87とします。ウォリックにダンクを
決められて、残り2分強でインディアナがタイムアウト。

次のオフェンスはTOで走られますが、戻りが早く、ファストブレイクには
させませんでしたが、時間を使った後、ウォーカーにFTで2点取られます。
残り1分45秒で82-87となり、ここで時間を使い切ってオーガスティンが
3PTを決めます。アシストはウエストでこれが9個目でした。
トリプルダブルの可能性もありましたが、さすがに1分を切り、
もう無理かと思いましたが、CHAのFTが落ち、ウエストがリバウンド、
前を走っていたランスにパスをしてダンク。まさかのTD達成となりました。

最後はファールゲームをオーガスティンがしっかり決め、
ポール不在ながらもホーム10連勝となりました。3PTに助けられた感じは
ありましたが、前半の嫌なムードを後半払拭できたのは良かったです。

チャンスを得たマグワイヤでしたが、後半は出番がなく、次の更新は
ないかと思われます。オーガスティン、ヒルを同時に出す時間も多く、
動きも悪くなかったヒバートでしたが、22分程度の出場で
抑えられ、マヒンミが代わりに頑張ってくれました。もしかしたら
背中の影響があるのかもしれませんが、誰かが苦しい時でも
チームとして支え合えているのは良い兆候ですね。

次から8試合中、7試合がアウェイという苦しいスケジュールとなります。
ここの所ホームばかりでしたから、気合いを入れ直して頑張ってもらいたいです。

CHA 88 - 96 IND 13656
[ホーム10連勝を賭けて:Game 37 vs ボブキャッツ【NBA_Pacers】]の続きを読む


New