ロンド、シーズン終了・イースト順位チェック【NBA】

2013年01月28日 12:43

先日、ホークスのルー・ウィリアムズが右足ACLでシーズン終了となりましたが、
今度はセルティックスのラジョン・ロンドがACLです。。。
 Anterior Cruciate Ligament; ACL(前十字靱帯)
 torn ACL でACL断裂

ウォリアーズのブランドン・ラッシュも開幕直後に同じ怪我で終了となりました。
キャブスのバレジャオも種類は違えど、肺血栓でシーズン終了、
サンズのチャニング・フライも心臓の病気でコートにすら立っていません。

BOSのジェフ・グリーンは大動脈瘤からの復活を見せていますし、
フライの心臓肥大とは別ですが、来シーズンは戻ってくると期待したいです。

ACLに関してはここ数年NBAと切っても切れない話題となりつつあります。
怪我自体は昔から起こっていますが、2001年のジャマール・クロフォード、
2002年のアル・ハリントン、2009年のアル・ジェファーソン、
2011年のデイビッド・ウエストと復帰後に活躍を続けている選手も
大勢いますので、頑張って治療して戻ってきて貰いたいです。

昨年のシャンパート、ローズの連続にはファンでなくても
暗い気持ちになる出来事でしたが、今季も続くようです。

特にローズやロンドの様に機動力を活かしたプレイの場合は
復帰後も能力が戻るか、本人が恐怖心を克服できるか等の
問題も生じます。ビッグマンならOKという訳ではありませんが。
−−−
[ロンド、シーズン終了・イースト順位チェック【NBA】]の続きを読む


New