3チーム間トレードとASロンドの代役決定【NBA_Pacers】

2013年01月31日 17:09

今日は慌ただしい一日ですね。ペイサーズのゲームデーだったので
チェックが遅くなりましたが、グリズリーズがゲイを動かしました。
数日前にサラリー減額のトレードをしたばかりだったので、今シーズンは
このまま行くのだろうと思っていましたが、どうにも収まらないトレード話。

すると、あっという間に決定してしまいました。
3チームが絡む大型トレードとなりました。

MEM-TOR-DET間
 グリズリーズ獲得
  エド・デイビス(from TOR)
  オースティン・デイ(from DET)
  テイショーン・プリンス(from DET)
  
 ラプターズ獲得
  ルディ・ゲイ(from MEM)
  ハメド・ハッダディ(from MEM)

 ピストンズ獲得
  ホセ・カルデロン(from TOR)

なんとなく、プリンスは巻き添えとなった感が強いですが、
DETのプリンス、そしてRIP(当時)といえばINDファンにとって
その能力を認めざるを得ない、貴重なプレイヤーでありました。

(追記修正あり)
レジーの引退が確定したあの日、試合後にわざわざとっつかまえて
アドバイスを送ったRIPはもちろんですが、その前の年のシリーズのゲーム2、
第4Q残り15秒、69-67のDETリード。レジーがファストブレイクで
どフリーのレイアップに行きましたが、後ろから現れたプリンスに
クリーンブロックされてしまいました。結局シリーズは1勝1敗となり、
その後、勢いを飲まれてしまったINDは2勝4敗で敗退。
レジーはコートから去りました。
 ※同じ年の出来事だと思い込んでいましたが、ご指摘いただきました。
  プリンスのザ・ブロックは2004年の事だそうです。

そんな事もあって、この二人には少しだけ特別な感情がありました。
RIPに関してはフランチャイズプレイヤーという訳ではありませんでしたし、
移籍に関して何も思うことはありませんでしたが、生え抜きのプリンスが
デトロイトを去ってしまうのは少し寂しいですね。これで優勝時の
メンバーは全てチームを去ったそうです。

DETはモンローにナイト、ドラモンドと若いチームになりつつあり、
再建の為に契約最終年のカルデロンを獲得。来季はサラリーが
大幅に空いている為、大きく動ける年でもあります。
シカゴ、インディアナに続き、90年代後半から2000年代中盤まで
セントラルディビジョンを制したチームの復活となるでしょうか。
今はミルウォーキーも参戦、そして今は勝てていませんが、
アービング率いるキャブスもいます。
来年以降のセントラルディビジョンは熱いかもしれません。

---
ACL断裂でオールスター欠場となったラジョン・ロンドの
補欠が決まりました。同じPGから選ばれるかと思いましたが、
ネッツのブルック・ロペスです。PGの場合、順位からいって
デロン・ウィリアムズが妥当でしょうから、同じチームから出たので
特に批判もないと思われます。
これにより、アービングorホリデーがスターターを務めることに
なると思いますが、強運の持ち主ですね。来季以降は
デリック・ローズ一択でしょうから、今後数年における
唯一の機会かと思われます。
 :Brook Lopez Replacing Rajon Rondo on East All-Star Team
---
[3チーム間トレードとASロンドの代役決定【NBA_Pacers】]の続きを読む

試合開始直前のドタバタ:Game 46 vs ピストンズ【NBA_Pacers】

2013年01月31日 14:54

今日はホームでデトロイト・ピストンズと対戦ですが、その前に2つほど
チェックしておくことがありました。

一つは、前のDEN戦での最後のジャッジミスをNBAが認めました。
認めたからといってどうにかなる訳でもありませんし、オーバータイムで
勝てた確信もありませんので、意味はありませんが。ちなみに、
2009年2月10日のIND-CLE戦でも同じ事が起こっています。しかも最後に2回。
この時は帳尻合わせだったでしょうけど、今回はディフェンスとオフェンスで
不利な笛2回だったので、どうも印象が悪いですね。
おかげでDENを応援できなくなりましたよ。NBAの罪は重いです。

さて、もう一つは開始直前にDETを含むトレードがありました。
ここでは詳細を省きますが、TOR-MEM-DETでゲイ、カルデロンらが
移動し、DETはテイショーン・プリンスとオースティン・デイが
出されるとのこと。両者ともこの試合には出場しないことが決まりました。
---
そんな中始まったこの試合。序盤シュートが決まらず、重苦しい雰囲気で
始まります。開始2分、ようやくランスのレイアップでポイントを決めると、
ウエスト、ヒバートが得点を決め、6-0のラン。DETにも点を決められますが、
ランスのウエストへのナイスパスやヒルの3PT、ランスのリバウンドから
一人でファストブレイクを決めて、5-13スタート。

タイムアウト明け、スティールからポールがファールを貰い、
FT1/2で開始5分半でスターターが全員得点。更に珍しいプレイが
飛び出します。なんとウエストからヒバートへのアリウープ。
初めて見たフロントコートのこんなプレイ。やはり11連勝中の
ホームは気持ちが入りやすいのかもしれません。

モンロー対ヒバートも白熱、ジョージタウン大のセンター対決は
毎回楽しみではありますが、トータル的にヒバートが負けています。(※後述予定)

DETは2/9という入りでしたが、その後6/6と立て直しに成功、
その後もリバウンドを粘られたりと、点を決められますが、
ポールがショットクロックギリギリの3PTと、ラストオフェンスで
2点をしっかり決めて23-29で第1Qが終了。

第2Q、FGは決まらなくなりますが、FTでコツコツ稼ぎます。
すると、セカンドユニットとして定着したオーランド・ジョンソンが
サム・ヤングばりのポンプフェイクでトラベリングを取られます。
サムやん、そういうのは教えなくてもいいんだよ。。。

リードをキープしたまま、スターターを戻しはじめますが、
チャーリー・ビラヌエバの3PTが決まり、32-36となります。
タイムアウト中、DET側の放送ということもあり、
ルーキーのアンドレ・ドラモンドが紹介されます。
なんでも20未満での18ポイント18リバウンド達成者は
3人しかいないらしく、ホークスのビル・ウィロウバイ(?)、
マジック時代のドワイト・ハワード、そして昨日のドラモンド
ということでした。サマーキャンプで活躍をみせていたドラモンド。
今後の成長に期待がかかります。

ウエストが決めきれず、ウィル・バイナムにジャンパーを決められて
34-36。ジワジワと追い上げられ、INDは24秒バイオレーションで
オフェンス失敗。しかしスティールからランスがタフレイアップを決めます。
更に、ポジション争いでランスがファールを貰い、INDポゼッションへ。
ここはヒバートがFTを貰って34-40とまたリードを作ります。
その後、15-2のランで36-51としますが、リバウンド争いで転んだ
モンローの顔にランスの足が入ってしまいます。痛がるモンローでしたが、
ファールを取られ、ランスのFTとなりました。これは1本しか決まりませんでしたが、
その後も彼は走り続け、シュートはミスってもヒバートが押し込んでくれたり、
DENにやられたような早いオフェンスを展開します。
34-36となった後、18-2という突き放しで36-54で前半終了。

第3Q、ささっと点を取って20点差にしたい所でしたが、ディフェンスが
崩壊し、9点差にされてしまいます。この間ヒバートは頼りになったり
ならなかったりと、両面を披露。残り5分を切った所で、そのヒバートを
マヒンミにチェンジ。
ディフェンスは成功するものの、オフェンスが雑でミスが続きます。
点差こそ詰められませんでしたが、こういう所を詰めていかないと
いけません。ランスtoウエストの3本目のナイスアシストが出て
52-68。また少しリードを作りはじめましたが、56-70で終了。
突き放すには至りませんでした。

第4Q、ポールはアウトサイドを外しましたが、次はタイラーとの
コンビネーションでダンクを決めます。その後もオフェンスは好調とは
言えませんでしたが、なんとか点差をキープ。ポールが外を
外し続ける中、ヒルは冷静に3PTを決めて60-77。
残り9分を切り、ヒバートが再びコートに出てきます。
ここまでモンローとの対決は互角。つまりヒバートにしては
頑張っていると言えます。

リードを広げてしまえば、主力を休ませる事も可能ですが、
どうしてもミスが続きます。タイラーがFTを2本決めて
更にヒルがファストブレイクの3PTを決め、62-82。

2点返された後、タイラーがスティールから駆け上がると、
シングラーにハードファールを受けます。特に怒った様子は
ありませんでしたが、シングラーがタイラーに対して
挑発的な態度を取ります。タイラーが詰め寄ろうとすると
レフリーが止めて収まりました。結局このファールは
フレグラントファールとなり、FT2本とINDポゼッションになります。

残り4分を切り、67-88となったところでようやくスターターを下げます。
ベン、グリーン、オーランド、ジェフ、プラムリーで
ルーキー二人とグリーンが久しぶりの登場でした。

ガベージタイムでも目立ったのはグリーンではなく、オーランドでした。
3PTにアンド1ありと、無理矢理シュートにいってブロックされた
グリーンとの差が出てしまいました。また当分ベンチを暖める
日が続くのかもしれません。

この試合、連戦の上、試合前にトレードで主力を失った
DETには酷な試合だったかもしれません。しかし、ロードで3連敗後の
ペイサーズも負けるわけにはいきませんでした。
これでホーム12連勝です。そして次はMIA。
前回は勝ちましたが、次は相手もいつも以上に熱を入れてくるでしょう。
タトゥーが入りすぎてちょっと気持ち悪い人になってしまった
バードマンもやってきます。ホームの連勝を続けたいですね。
その後はスターンの策略にはめられて3連戦です。

DET 79 - 98 IND 12137
[試合開始直前のドタバタ:Game 46 vs ピストンズ【NBA_Pacers】]の続きを読む


New