乱闘の処分決定【NBA_Pacers】

2013年02月28日 11:22

先日のウォリアーズ戦、第4Q 6分10秒に起こった
デイビッド・リーvsロイ・ヒバートの小競り合いから始まった
ステフ・カリーのぶつかり稽古、その他の争乱に関する
処分が決定されました。

IND
 ロイ・ヒバート 1試合出場停止 (LAC)
 ランス・スティーブンソン 35,000ドルの罰金

GSW
 デイビッド・リー 1試合出場停止 (GSW戦)
 ステフ・カリー 35,000ドルの罰金
 クレイ・トンプソン 35,000ドルの罰金

お互いに厳しい対戦相手での欠場となりました。

・ウエストが何のお咎めなしは奇跡
 荒療治でしたが、仲裁に入ったと認められた様です
・きっかけを作ったヒバートとリーの処分は妥当

という印象を受けました。妥当と言いながらも、1試合で済んだのは
助かりました。大げさなものになりましたが、ステフが絡んでこなければ
ここまで大事になりませんでしたからね。

ステフは発端を見てなかったので、いきなりヒバートが
リーにつかみかかった様に見えたのかもしれません。
それでヒバートを止め行ったのですが、一回払われた事により、
今度はやり返しにいっています。それを見たクレイがヒバートを
突き飛ばす、と悪循環でした。

映像を見る限りではヒバートが悪者に見えますね。

ただ、乱闘=ペイサーズというのはどうも納得できません。
今いるプレイヤーはあの事件とは関係ありませんからね。
最近はそんなに乱闘もやってないですし。
あの一件のイメージが大きすぎて、今後も何かある度に
言われるのでしょうけども。

マーク・ジャクソン(リーの処分について)
「これが正当とは思えない。これには同意しかねる。
 まぁ言い訳はしないよ。我々がすべきことは変わらない。
 ニックスに立ち向かう。それだけだ。」

欠場=無給となりますので、
ヒバートは約124,000ドル、リーは115,800ドルを失う事になるそうです。
え?1試合で1000万円も貰ってるの?

ちなみに、ランスの今季のサラリーは915,243ドル。
この内の35,000ドルは結構痛手ですが、これはヒバートが
払うと言っているそうです。

ヒバートの試合後の言い訳
「誰かが自分の方にやってきたんだ。カリーかクレイかその時は
 分からなかった。これは自分とリーの問題だったのに、
 なんで他の男が自分の所に向かってくるのか謎だったよ。
 実際に彼に対しては何の感情も抱いていなかった。
 二人の問題だったのに加わりたかったのかい?
 本当は自分より小さい相手に関わりたくないよ。
 自分のプライドに反するからね。」

その後のコメント
「本当は物静かな人間なんだ。トラッシュトークもしないし、
 ただタフにプレイしたいだけさ。凶悪犯じゃない。
 のんびりした男なんだよ。」

自分も陽気なジャマイカン(現在はアメリカ国籍)というイメージだったので
いきなり切れたのにはビックリしました。INDファンのほとんどの方が
同じ感想になったのではないでしょうか。オフにはショッピングモールで
PSYの江南スタイルを踊ってしまうような男ですからね。。。

デイビッド・ウエスト
「自分たちを守りたかっただけで、大事にするつもりはなかった。
 ロイに2,3人でかかっていったのでそれを守りたかった。
 あれがロイであろうが、他の誰であろうが、チームを守る為に
 必要なことをやっただけだ。」

これが素直に認められたのは奇跡ですね。
また、両チームを通してベンチメンバーがコートになだれ込まなかったのも
良い点でした。こういう騒ぎで良い部分を探すのもどうかと思いますが、
両コーチがよく制したという感じでしょうか。
パンチもでず、押し合いに留まったのも不幸中の幸いでした。

リーもヒバートも早い段階で冷めていたので、周りが大事にしたのは
間違いありません。特にリーはすごいですね。あれだけやっておいて
すぐに止める側に回っています。謎です。

フランク・ボーゲル
「過去に起こった事とは比較にならないし、似てもいない。
 我々のプレイヤーはフィジカルにプレイし、正統なバスケットボールを
 するだけだ。攻撃的なものではない押し合いや小競り合いがあったが
 あの事件とは全く別のものだよ。」

水曜日の練習後、ヒバートは謝罪。
「母親が困惑していた。彼女は"自分はすぐに離れるべきだった"と
 いっていた。ビデオを見返したら、客席には小さな子供もいて
 逃げていた。コートサイドに座っていた人達には申し訳なかった。
 我々はファンを愛しているし、彼らを遠ざけたくない。」

タイトルでは乱闘(brawl)と書きましたが、小競り合い(skirmish)と
書いてある事が多いですね。いや〜NBAって英語の勉強になるな〜。。。

熱戦:Game 57 vsウォリアーズ【NBA_Pacers】

2013年02月27日 13:12

今日はホームでゴールデンステイト・ウォリアーズと対戦。
今シーズン成功を収めている元ペイサーズのマーク・ジャクソンHC、そして
元INDのジャレット・ジャックが戻ってきました。

ジャックに関してはそこまで思い入れはありませんが、マーク・ジャクソンの
成功はやはり嬉しいです。そして、この試合を観ていて思ったのですが、
GSWの層の厚さって半端じゃないですね。現在のロスターに加えて
ラッシュとボーガット。ウイングとフロントコートに更なる厚み。
怪我がちなのが残念ですが、強いはずです。

さて、試合ですが、いろんな意味で熱戦となりました。
序盤は正真正銘、試合の面白さで好ゲームだったと思います。
この試合はNHK BSで放送があるそうですが、よい試合を選んだと
思います。

第1Q、ステフ・カリーがFG4/4とパーフェクトで12-8、内10点を
カリーが稼ぎ出すと、ヒルが2本の3PT、その後もFG4/4と
応えて22-22とします。二人のPG同士が譲らない面白い展開となりました。
2分30秒にはダニー・グレンジャーがホームデビュー。

ポールの2点とヒルの3PTが決まり22-27。ここまでミス無しでした。
最後はGSWのシュートをブロックして25-31と化け物ステフを相手に
リードして終える事ができました。

第2Q、ダニーは2連続エアボールと冴えません。その間、GSWに
10-0のランを食らい、逆転されますが、ダニーの1/2のFTで32-32。
どうも調子が出ないようです。

ステフとクレイ・トンプソンに立て続けに3PTを決められ、38-32と
5分を経過した所でウエストがようやう第2Q初FGを決め、さらに
ダニーもFTを2本決めて同点に追いつくと、ウエストのポストが続き、
10-0のランを仕返して38-42としました。

ウエスト、ポール、ヒルが決め、更にヒルが決めて18-3のランを
成功させますが、ステフの3PTやレイアップで追いつかれて53-54で
終了。どちらもランが続く忙しいゲームでした。

第3Q、55-55となった所で、ランスの3PTが決まり3点リード。
ヒルへのクリアパスがあり、ヒバートもFTで稼いで、11pts-8reb-5blkと
活躍を見せました。ポールの3PTで64-74、ウエストのフックとミドル、
で64-78までリードを広げました。

しかし、オフェンスリバウンドを取られ、ジャックの3PTを決められたり、
FTミスも拾われてオフェンスを続けさせる等、少し追い詰められます。
ポールが残り7.2秒に3PTを決め、GSWボールをスティール。
73-85で第3Qが終了。

第4Q、ステフが止まらず、3PTを2本決めて83-89。
すると、ダニーがようやくミドルを決めて83-91とします。
ファストブレイクでも判断ミスや、シュートミスを繰り返しましたが、
徐々に慣れてくれることを願うほかありません。
結局最後のファストブレイクもブロックされてFG1/7、5ptsで
ベンチに下がりました。

ウエストのロングパスからポールがカウントをゲットしますが、FTミスで
85-95。残り7分となります。

すると、違う意味での熱戦が始まってしまいます。
残り6分10秒、ポジション争いで小競り合いが続いていたリーとヒバートが
揉めて乱闘を引き起こします。

リーが腕をだし、ヒバートが切れて突き飛ばし。周りが集まって
ごちゃごちゃという形でしたが、当のリーは一番最初に飽きてしまっていました。
ヒバートは止めに入ったカリーを振り払ってこけさせると、カリーが
もう一度チャレンジ。しかし2回とも振り払われてしまいました。
ここの印象が悪かったですね。後の処分に響くかもしれません。

両者がぶつかりあった後、距離が空き、収まりそうでしたが、
このカリーのぶつかり稽古により、乱闘が長引きました。
こういう時はお互いにチームメイトを止め合うようにして貰いたいですね。

この前のDETでも乱闘が起こりかけ、今日は実際に起こってしまいました。
周りの過剰反応が無ければここまで酷くならなかったと思いますが、
ヒバートには出場停止が科されるでしょうね。1試合で済めばいいのですが。

この試合、とても良い調子だっただけに、こんなことでプレイ終了は
勿体ないです。これが短期決戦のプレイオフでなくて本当に良かったです。
実は乱闘に関してはウエストの方が派手にやってますし、ランスに至っては
カリーの胸ぐらを掴んで、「本物」らしさをアピールしてしまっています。

=乱闘部分=
ヒバートとリーがダブルテクニカル
ヒバートとクレイがダブルテクニカル
ウエストとカリーがダブルテクニカル
結果ヒバートが退場。FTは相殺。

こまかくチェックされたらINDにとって厳しい処分となるかもしれませんが、
カリーもクレイも結構やってるので相殺してください。

これで流れが悪くなると、ヒバートの責任というのはとても重くなりますが、
その後はウエスト先生の独壇場でした。しっかり締めてくれ、最後は
ファールゲームにもならずに完勝。

乱闘さえ無ければ最高の試合でした。残念です。

GSW 97 - 108 IND 14426
[熱戦:Game 57 vsウォリアーズ【NBA_Pacers】]の続きを読む

Danny is back【NBA_Pacers】

2013年02月25日 16:57

12-13シーズン開幕直前に聞かされた突然のニュース、ダニー欠場。
そして数日後、左膝蓋腱と3ヶ月の欠場との情報が流れ、早くも
その3ヶ月が経ちました。

出だしこそ躓いたものの、現在はイースタン2位と健闘中。
エースの不在は厳しいものでしたが、そんな中、ポールとランスの飛躍、
ウエストの安定感、そして何よりもチーム力でここまで頑張ってきました。

出来ればホームで復帰して貰いたかったですが、昨日のデトロイトで
今シーズンデビューを飾りました。

ダニー・グレンジャー
「復帰できて嬉しい。全てが恋しかったよ。」

18分の出場でFG 1/10と素晴らしい復帰戦とはなりませんでしたが、
復帰できたことは喜ぶべきことでした。

この2点を決めた瞬間をまだ見ていない方はこちらをどうぞ。

ようやく決めたFGに喜ぶダニー。
そしてそれ以上に喜びを爆発させたベンチメンバー。
全員が飛び出して彼を迎えた、あの冷静なヒルが両腕を上げてジャンプしている。
ヒバートは全員を迎えた後、改めてガッツポーズで喜びを表現する。

そして、第4Qにダニーがベンチに下がる時、ヒバートは
かなり前の方まで出て行ってダニーをお迎えのハグ。
ファン以上にチームメイトが彼の復帰を待っていたのですね。

得点シーンよりも、このチームメイトの反応に感動しました。
本当に良いチームになりましたね。

ダニー自身、今シーズン中に復帰するつもりでいたものの、
実際にいつ復帰できるのかが分からないシーズンを過ごしてきた。
左膝の痛みにイライラする時期もあった。

「本当にきつかったよ。これまでも痛みに耐えながらプレイすることは
 あったけどね。だんだん良くなって来ても、本当に大丈夫か不安になる。
 しかし、チームは本当に良く頑張ってくれた。その中に自分が
 いることが出来なかった件についてもフラストレーションを感じた。

 全てのゲームを見て、出来る限りの事をインプットしてきた。
 でも、プレイもできず、練習すらできない日々は気の滅入るものだった。

 まだ100%ではなく、3週間前から練習を始め、その時は少し痛みがあった。
 翌週は痛みがかなり引いて、この調子で良くなっていくはずさ。」

ダニーの復帰で、今シーズンリーグ下位レベルのオフェンスの改善が
期待される。

デイビッド・ウエスト
「彼のサイズと、IQは我々のバスケをよりハイレベルなものにしてくれる。
 一旦自分自身のリズムを取り戻せば、我々はもっと強くなるだろう。」

ダニーも自分がリーディングスコアラーだった5シーズンと、今シーズンは
変わったと認識をしている。オールスターとなったポール・ジョージが
1stオプションとなり、それを支えるウエストという構成である。

ダニー
「誰がスコアリングリーダーであろうが、自分には関係がない。
 これまでは自分がそうだったが、ただ勝ちたい。自分の得点が
 どうであろうと、問題はない。デイビッドとポールは
 強力なタッグでチームを導いてきた。スロースタートなシーズンだったが、
 デイビッドが引き上げてくれ、ポールもオールスターにまで成長し、
 チームを助けてきた。彼らの貢献は口だけで説明できるものではない。」

チームとしては、ダニーのプレイタイムは試合毎に決めていく予定とのこと。

ダニー復帰:Game 56 @ ピストンズ【NBA_Pacers】

2013年02月24日 10:47

back-to-backで同チームの対戦。今日はデトロイトでの試合です。
開始前から、ダニー・グレンジャーがベンチから復帰という事もあり、
ワクワクしながら観戦。

第1Q、10-0とまたしても一方的な展開でリードを奪いましたが、
ウエストとヒバートが2ファールでベンチに下がり、ペイサーズの
オフェンスはTO連発で得点が伸びず。ピストンズも最初は
ミス続きでしたが、次第に決め始めました。

思ったよりも早い段階でダニーが投入されますが、DET側の放送なので
気付いたらいた、という感じでした。最初のDETオフェンスの時に
ディフェンスコールが起こっていましたが、エリア55とG2ゾーンの
メンバーらが観戦にいっていたようです。

ダニーは3PT2本を含む、FG0/4で10分間なにもせずにまたベンチへ。
チャーリー・ビラヌエバの3PTで一度は逆転されましたが、
第2Q終盤にはスターターを戻し、ヒバートの左右のフックや
ランスのスティールからのレイアップ等で12-0のランを成功させ、
39-28で前半が終了しました。

第1Q、第2QともにラストオフェンスはINDでしたが、両方とも
酷いセットでした。

第3Qも開始3分くらいはお互いにグダグダでしたが、ポールの
2本の3PTミスをマヒンミが2回とも広い、ヒルがお手本とばかりに
3PTを決めると、ウエストがアンド1で3点追加、シングラーに
フックを決められますが、その後、ランスも3PTを決めて50-33とします。

ポールも3PTを決めて53-37とし、勝利へ一直線かと思われましたが、
ここからスタッキーのアンド1とミドルトンの3PTで10点差まで
詰められます。しかし、ウエストが5点連取で再び差を開き、
63-48で終了。

第4Q、ダニーのシュートは8連続で外れ、微妙な空気に。
ポールがリバウンドから前線のダニーへタッチダウンパスを
放りますが、届かずにTO。無理に走らすなよ、と思いましたが、
続いてのリバウンドでもダニーへのタッチダウンパス。
レイアップやダンクに行けるタイミングではありませんでしたが、
キャッチしてそのまま近距離のミドルを決めて70-50とします。

この時、ベンチは大はしゃぎで、DETがタイムアウトを取ったため、
まるでゲームウィナーを決めたかの様なお出迎えでダニーを祝福。
本当に良いチームなんだなと感動しました。

決めたダニーも笑顔でベンチへ。みんな待ち望んでいたのですね。
去年から戦っているメンバーも今年から加入したメンバーも、
みんな彼の復帰を待っていました。

と、ここでいい気分で試合が終われば良かったのですが、タイラーが
ウィル・バイナムにボディブローを食らい、退場処分となります。
それなのにチームのミーティングに参加していたりして、なかなか
出て行かなかったので、例のパレスでの乱闘が思い出されました。

幸いにも、乱闘にはならずに済みましたが、この試合、やけに
つっかっかってくる、ビラヌエバもいましたし、不安でした。

最後は何故かスターターを戻してクロージングとなりましたが、
ヒルはいやらしい3PTを決めていました。あれは敵だったら
嫌いになると思います。今後5年間はインディアナ所属のはずなので
良かったです。

何はともあれ、ダニーの復帰戦を勝利で飾れたのは嬉しいです。

ダニー
「ここにいることができて本当にうれしい。少しばかりナーバスだったけど、
 走る事ができて、戦う事が出来て嬉しい。
 (チームメイトの歓迎について)あれだけ外したからね(笑)、あの時点で
 0/8で決められなかったが、得点することができてよかった。」

フランク・ボーゲル
「まだ荒いけど、想定内だ。確かに練習での方が良いプレイを
 していたけど、復帰初戦としてはこんなものかな。まだ彼を
 30分コートに戻す段階ではないからね。今は調整する時期だ。」

ロイ・ヒバート
「みんなが喜んでいる。我々はチームだ。
 セルフィッシュではない。全員の成功を望んでいる。
 彼は我々の新たな武器だよ。」

IND 72 - 90 DET 17509
[ダニー復帰:Game 56 @ ピストンズ【NBA_Pacers】]の続きを読む

Game 55 vs ピストンズ【NBA_Pacers】

2013年02月23日 22:42

今日は今シーズン3度目の対戦、そして明日が4回目の対戦となる
デトロイト・ピストンズとのホームでの試合がありました。

ヒバートがなにかとグレッグ・モンローを苦手としていたため、
DETは少し苦手意識がありましたが、今シーズンはここまで2勝と
相性が良いみたいでした。

そしてこの試合も、先日のNYK戦と同じく、第1Qで
ほぼ試合を決めてしまいました。今シーズン最多の34点を叩き出し、
DETを17点に抑え、ダブルスコアとすると、第2Q、第3Qにも
それぞれリードを広げ、最大43点のリードを奪い、第4Qには
スターターが出る必要もなく、明日の連戦に備える事ができました。

ポール、ウエスト、ヒバート、ヒルが26分前後、ランスが20分と
短いプレイタイムでしたが、全員二桁得点を記録。
ポールはハンドリングミスとパスを狙い過ぎて7TOという
結果に終わりましたが、ビッグブロックに3/4の3PTで
しっかりと仕事をし、ヒバートもインサイドでの強さを
見せるシーンもありました。

久しぶりにアリウープがでたジェラルド・グリーンも良かったですが、
その他のシュートは外れており、ルーキーのオーランド・ジョンソンを
抜き返すのは当分難しいかもしれません。

というのも、そのオーランド、今日は大当たり日で
FG5/5、3PT3/3で14pts-3reb-3astと大活躍。
ランス→オーランドという2巡目指名の交代も見事に機能し、
快勝の勢いを作りました。

出だしからDETはミスが多く、INDはファストブレイクによる
得点でリードを広げて行きましたが、INDのシュートの好調と
真逆のDETのシュートでした。

リバウンドを取りきれずに何度もチャンスを与えることもあったので
明日はそこを注意して、徹底的にやり抜いてもらいたいです。

DET 82 - 114 IND 17750
[Game 55 vs ピストンズ【NBA_Pacers】]の続きを読む

トレードデッドラインまでに起こったトレード:追記あり【NBA】

2013年02月22日 07:34

噂のあった超大物級は動きませんでしたが、やはり噂にも
なっていなかったレベルのトレードが多数起こっていました。
サラリーと契約期間を追記。

バックス-マジック
 MIL獲得 J.J.レディック(6M最終年)、グスタボ・アヨン(1.5M 13-14シーズン)
      イシュ・スミス(1M 14-15シーズン)
 ORL獲得 ベイノ・ウードリー(7.8M最終年)、ドロン・ラム(ルーキー)
      トバイアス・ハリス(1.5M 15-16シーズン)

ボブキャッツ-マジック
 CHA獲得 ジョシュ・マクロバーツ(3M最終年)
 ORL獲得 ハキム・ウォリック(4M 13-14シーズン)

サンダー-ブレイザーズ
 OKC獲得 2.2Mトレードエクセプション
 POR獲得 エリック・メイナー(2.3M 13-14シーズン)

サンダー-ニックス
 OKC獲得 ロニー・ブリュワー(1M最終年)
 NYK獲得 2巡目指名権

マブス-ホークス
 DAL獲得 アンソニー・モロー(4M最終年)
 ATL獲得 ダンテ・ジョーンズ(3M最終年)

セルティックス-ウィザーズ
 BOS獲得 ジョーダン・クロフォード(1.2M 14-15シーズン)
 WAS獲得 リアンドロ・バルボサ(1.3M最終年)
      ジェイソン・コリンズ(1.3M最終年)

ラプターズ-サンズ
 TOR獲得 セバスチャン・テルフェア(1.5M最終年)
 PHX獲得 ハメド・ハッダディ(1.3M 13-14シーズン)

グリズリーズ-ヒート
 MEM獲得 デクスター・ピットマン(0.8M 13-14シーズン)、2巡目指名権
 MIA獲得 リッキー・サンチェスの交渉権

ウォリアーズ-ホークス
 GSW獲得 将来のドラフト権
 ATL獲得 ジェレミー・タイラー(0.7M 13-14シーズン)

ウォリアーズ-シクサーズ
 GSW獲得 プロテクト付2巡目指名権
 PHI獲得 チャールズ・ジェンキンズ(0.7M最終年)
 

結局少し前に行われたルディ・ゲイ関連のトレードが
一番大きなトレードとなりました。

モンテ・エリス、ジョシュ・スミスらはシーズン終了後にFAとなります。
お金に余裕のあるチームがどう補強するかが楽しみですね。

個人的にはあと1回対戦が残っていたかと思いますが、
レディックのMIL入りが脅威に感じます。

プレイオフで当たらなければいいのですが、控えからMDJとイリャソバ、
そこにレディックと3PTを打てるプレイヤーが多いです。
加えて爆発力のあるジェニングスとモンテですからね。
来シーズンのテコ入れはありそうですが、気になるチームです。

また、ケニオン・マーティンがNYKと10日間(?)契約とのこと。
---
契約最終年を書きましたが、それぞれオプションが違うので、
今季限りで切れる選手もいます。が、省略。

トレードデッドラインまであと14時間【NBA_Pacers】

2013年02月21日 15:16

トレードデッドライン
 現地時間 2/21 15:00PM
 日本時間 2/22 3:00AM

デッドラインが近付いてきましたが、さっそく3チーム間トレードが
発生しました。これにより、サンズには双子が同じチームに所属という
親にとってはハッピーな出来事が起こりました。

HOU-PHX-SAC
 ロケッツ獲得
  トーマス・ロビンソン from SAC
  フランシスコ・ガルシア from SAC
  タイラー・ハニーカット from SAC
  2013年の2巡目指名権 from PHX
 
 サンズ獲得
  マーカス・モリス from HOU

 キングス獲得
  パトリック・パターソン from HOU
  コール・オルドリッジ from HOU
  トニー・ダグラス from HOU

 カンザス大で一緒にプレイしていたマーキーフとマーカス・モリス。
 2011年のドラフトで13位、14位指名と続けて指名され、生き別れとなっていた
 双子がまた同じチームでプレイすることになりました。
 ドラマチックですね。
---
また、トレード前には試合に出ない事が多いため、
今日の試合でインアクティブな選手をチェックしてみると、、、
OKCのケンドリック・パーキンスがプレイせず。怪我等の情報は
知りませんが、加えて、エリック・メイナーもコーチデシジョンで
プレイせず。もしかしたらセットでトレードということが起こるの
かもしれません。(あくまでも妄想です)


New