Game 69 vs バックス【NBA_Pacers】

2013年03月23日 17:03

今日はホームでミルウォーキー・バックスと対戦。

ウエストが来週のATL戦まで欠場しそうということでちょっと心配ですが、
今日も替わりにスターターに入ったタイラー・ハンズブローが
大活躍をしてくれました。

第1Q、出だしはは少しもたつきましたが、タイラーが9得点
ポールが7得点とチームを引っ張り23-23で終えました。

第2Qも主導権の奪い合いがありましたが、最後に
ポールのスティールからファストブレイクでタイラーの
ダンクが決まって43-45と2点リードして前半を終えました。

第3Q、ヒバートが立て続けに決め、リードを広げると、
7分54秒になぜかサンダースが2個のテクニカルで退場となり、
一気に流れがこっちにきました。

ファールを受けたヒバートと、テクニカル2個分のFTをポールが
しっかりと決め、4点取って47-57とすると、両者ミスが続いたあと、
ランスのポールへのロングパスが決まってダンク。
MILはシュートが決まらず、54-73と大差がついてこのQが終わりました。

特に問題もなく終わるはずでしたが、事件は起こりました。
このシリーズ、毎回何かしらの揉め事が起こりますが、
元INDのマイク・ダンリービーがグリーンのダンクを阻止するために
顔に思いっきり腕を振り落としてフレグラント2で即退場。

こんなに陰険な野郎だとは思いませんでしたよ。
最低ですね。このダンリービーって奴は。
今日もボールを持つとブーイングが飛んできましたが、
これでもう今後ずっとブーイングを貰うでしょう。

その後はINDのベンチプレイヤーも心地よくプレイを続け、
プラムリー以外の全員が得点し、ブローアウトとなりました。

今日はジェニングスがFG1/15と大ブレーキ。
ORL時代によくやられたれディックも1/11と決まらず、
モンテの22ptsだけでは試合になりませんでした。
サンダースがいた時間は結構競っていたので、彼の
不在が響いたとも言えます。映像で見る限り、退場になるような
そぶりは見えなかったのですが、何かしたのでしょうかね。

序盤はダレンベア、ユドー、サンダースとMILのインサイド陣も
機能していただけに、大きな誤算だったことでしょう。

一方INDはヒルのシュートは決まりませんでしたが、他は
それぞれ好調で特にタイラーのダブルダブル、ヒバートの
7ブロック、安定のポールと、ベンチ3人の10ptsという
バランスの良さが出ました。

特にタイラーはスターター起用となってから絶好調ですね。
この組み合わせが合っているのかもしれません。
明日のCHI戦でウエストが欠場なのは痛いですが、
プレイオフに向けてタイラーのステップアップの場となれば
不幸中の幸いとなりそうです。

もちろん、プレイオフには健康な全員が揃わないと意味がありませんが。

そして、今日は何かのイベントだったのでしょうかね。
何故か満員という発表です。確かにINDのプレイに沸き、
MILのプレイにはブーイングが良く聞こえましたが、
ヒルのお願いが効いたのでしょうか(笑)

MIL 78 - 102 IND 18165
[Game 69 vs バックス【NBA_Pacers】]の続きを読む

3年連続プレイオフ進出決定【NBA_Pacers】

2013年03月21日 14:19

現在42勝26敗、11.5ゲーム離されながらも、イーストの2位を
なんとかキープしていますが、本日、9位のシクサーズが
破れた為、INDのプレイオフ進出が確定しました。

8位ギリギリで進出し、CHIに4-1で破れ、
翌年は3位通過、セミファイナルまで進んでMIAに4-2で敗北。
そして今年、今の所2位で通過が可能な順位にいます。

素晴らしい進歩ですね。

この2年間、CHIが圧倒的強さでセントラルディビジョンのトップに
君臨してきましたが、デリック・ローズの怪我により、03-04シーズン以来
初となるINDのディビジョントップが目前と成っています。

IND 42-26 残り14試合
CHI 36-30 残り16試合

今シーズン勝ち越しが決定している為、
CHIが残り16連勝の場合、INDは10勝4敗でディビジョントップが
確定します。どちらの勝敗も非現実的ですが、CHIが12勝4敗、
INDが6勝8敗でもOKです。まずは現地土曜に行われる直接対決で
勝利することができれば、グッと近付きますね。

まだ西のロードトリップも残されていますし、6勝8敗も
なかなか厳しいとは思いますが、今年は是非取って貰いたいです。

ただ、ウエストの腰の負傷がいつ治るのか不明で、
ダニーに関してはプレイオフを標準に合わせているという事で、
おそらく昨年の働きは期待できないと思われます。
レギュラーシーズンであの出来だったので、プレイオフで
通用するとは思えません。
彼が万全な状態で復帰してくれたら最高なのですが。。。
---
また、先日のLAL戦後、「紫の観客」に関してコメントを残したヒルですが、
誤解を解くためにコメントを追加しています。

「他のチームのプレイヤーのファンになるな、という意味ではない。
 自分自身もマイケル・ジョーダンのファンだったからね。
 でも、試合を見に行くときはいつでもホームチームの応援をしたさ。

 もちろん自分自身の贔屓チームは人それぞれだ。
 でも、自分はマーケット・スクエア・アリーナの熱狂を知っている。
 あれこそが自分の夢であり、目標だ。
 自分がここに戻ってきた時、あの時のようにファンを取り戻したいと思った。
 それが全てなんだ。」

インディアナ育ちのヒルだからこそ言えるコメントですね。
実際MSAはNBAで一番騒がしいアリーナと言われる事もあったようで、
それを実際に体験しているからこそのコメントなのでしょう。

続・緑の日:Game 68 vs マジック【NBA_Pacers】

2013年03月20日 21:38

今日は2連戦二日目、オーランド・マジックをホームに迎えての
ゲームでしたが、デイビッド・ウエストが腰の痛みで2試合欠場。
大丈夫でしょうか。

試合の方は序盤、ORLのシュートがあまり決まりませんが、
ペイサーズも3PT乱発でそれが決まらず、ロースコアな展開となります。
最初はシュートタッチがあまり良くないと思われたポールでしたが、
3PTを決めて12-19で第1Q終了。

第2Q、両者合わせて5連続で決め、試合に動きが見え始めましたが、
INDがミス続きの間にORLは6点連取で21-25とされます。
ベンチからマヒンミがよく点を取り、グリーンが3PTを決めると、
今日もターンアラウンドのタフショットを決めて23-34と
リードを広げました。
スターター起用のタイラーもよく点に絡み、持ち前のしつこさが
良い方向に流れ、FTを獲得したり、リバウンドにも繋がりました。

最後はタイラーのチップインが決まり、29-42で前半終了。
やはりロースコアのままでした。

第3Q、しばらく突き放せない時間が続きましたが、
残り5分を過ぎてからポールのハイライトのサーカスショット、
ジャック・ボーンHCのテクニカル2回の退場のFTで点を重ね、
ポールとオーランドのショットで50-67と突き放しに成功。
第3Qの最後もタイラーのチップインで終了しました。

第4Qに入ると、INDのやる気スイッチが入り、ジェフ、
オーランドが2点ずつ決め、スティールからヒルの3PTが
決まって55-76とします。

残り6分半にはヒルのレイアップ、グリーンのターンアラウンド、
マヒンミのミドルで63-86となり、その後プラムリーやベンを出し、
実質勝敗が決定しました。

みんながプラムリーにお膳立てをしてどうにか得点させようとしますが、
結果FTの1点に終わってしまいました。
オーランドのピックがいかにラッキーだったかが分かります。

最後はグリーンの3PTで終了。
昨日程の爆発を見せた訳ではありませんが、ベンチから
19分に出場、これにより、ポールが28分と休みが多く取れたのは
この時期のチーム事情としては最適かと思います。

今日はランスとヒバートがいまいちでしたが、タイラーが
キャリアハイの14reb。セカンドユニットもマヒンミ9pts、
グリーン15ptsと良く取りました。

全体的に不調な流れでしたが、それの上を行く不調のORLが
相手だったのでなんとかなりましたね。

ORL 73 - 95 IND 14343

フランク・ボーゲル
「5日間で4試合目という今日、22点差で勝つというのは、
 よくやっている証拠だし、本当に、本当に彼らが努力している結果だ。
 今日の様な疲れの出る試合で、タイラーのような
 エナジーのある選手が必要となるんだよ。」

今後のスケジュール(現地時間)
金曜日 vs MIL
土曜日 @CHI
月曜日 vsATL

緑の日:Game 67 @ キャバリアーズ【NBA_Pacers】

2013年03月19日 13:16

今日はアウェイでクリーブランド・キャバリアーズと対戦。
デイビッド・ウエストが先日の試合で腰を痛めたため欠場し、
代わりにタイラー・ハンズブローがスターターとして登場しました。

序盤、またしても吹かれない笛にイライラしかけましたが、
今日は選手達が集中しており、ズルズル行くことはありませんでした。
ウエストの欠場で引き締まったのかもしれません。

11-18と出だしにやられてしまいましたが、ランスのステップバックや
ポールのブロックを挟んだ2本のショット等で追いつき、19-18とすると、
タイラー・ゼラーが完全にライン内にいるのにポールの
チャージングを取られるという不可解な笛がありました。
が、それ以後、笛がどちらかというとIND寄りになった感じがありました。

第2Qはベンチ陣の活躍で36-26としますが、C.J.マイルズの
大当たりによって40-38まで詰められました。
すると、今日ローテーション入りしたジェラルド・グリーンも
当たり日で、ステップバックに2連続3PTで51-41とすると、
スターター起用されたタイラーも今日は絶好調で
カウントを決め、54-41としました。更にグリーンのアリウープが
飛び出し、マイルズの活躍を目立たなくさせました。

第3Q、ポールからヒバートへのナイスパスでイージーダンクが決まり、
タイラーのバスケットカウント、ポールのダンクで69-50とすると
残り8分からはヒバートのショット、ポールのスティールから
ファストブレイクでタイラーがファールゲット、更にヒルのスティールから
ランスのダンクが決まり、74-54とCLEにオフェンスの機会を与えません。

タイムアウト後のオフェンスもエリントンがパスミスでTO、
INDはヒバートがブロックされますが、タイラーが拾ってファールを
貰いながらフェイダウェイを沈めます。今日のタイラーはすごかったですね。
普段は取れないリバウンドも彼の所に転がってくるようでした。

最後にはジェフ・ペンダーグラフの3PT(!?)が決まり、87-62で終了。

第4Qは控え選手による育成の場となり、タイラーに触発されたのか
マヒンミもインサイドで強さを見せ、グリーンがもう1本のアリウープ、
ジェフも引き続き点に絡み、大崩れすることなく試合を締めました。

久しぶりの快勝を見る事ができて良かったです。
試合後、天候不良で飛行機が飛ばず、バスで待機という
時間が続いていたそうなので明日のホームでのORL戦に
影響がでないといいのですが。

ウエストは出場できる見込みということです。
今日は全てがうまく行きすぎました。これが実力だと
変に過信しないで、次に望んでもらいたいですね。

IND 111 - 90 CLE 13016
[緑の日:Game 67 @ キャバリアーズ【NBA_Pacers】]の続きを読む

先行き不安の黄色信号【NBA_Pacers】

2013年03月18日 17:31

LAL、PHIと酷い2連敗を喫しましたが、敗戦の理由は
選手達の心理状態にあるかもしれません。

LAL戦後、地元出身のヒルが漏らした心境。
「最低だね。70-30だよ。(LALファンが70)
 サインを求める人の数も同じさ。
 俺たちはオンコートでもオフコートでもこのコミュニティに
 所属している。何かが変わらなければいけない。
 特に今日の様な重要なゲームではこういう気持ちになるようでは
 いけない。」

良くないプレイが生まれるのは、ファンのサポートが十分に
得られないからなのかもしれません。

ボーゲルも「(LAL戦は)勝ちに値する試合をすることが出来なかった。」
と良いながらも、ヒルを擁護しています。
「(ヒルの発言を)悪い事だとは思わないよ。
 彼はファンに対してネガティブなことをいっているのではない。
 もっと多くのサポートを求めているんだ。何も間違ってはいないよ。
 彼は社会活動をとても熱心に行っているし、我々は良いチームで
 このコミュニティは誇るべきものだと思う。」

その後、twitterでインディアナを愛しているからこそ言うんだ、
サポートをしてくれているファンへのコメントではなく、紫色の
ファンへのコメントだったということを追加しています。
ヒルはインディアナ出身だからこそ思うところもあるのでしょう。
[先行き不安の黄色信号【NBA_Pacers】]の続きを読む

Game 66 vs シクサーズ【NBA_Pacers】

2013年03月17日 14:36

連日の試合、今日はフィラデルフィアに移動してシクサーズと対戦。
昨日はLALのチームにやられた感じでしたが、今日はアウェイ、というか
「ホームコートアドバンテージ」で敗戦ですね。

酷いものでした。あれではディフェンスも出来ませんし
リバウンド争いもできませんよ。

第4Q序盤のPHIは確かに素晴らしかったです。
が、本来であれば同点で第4Q序盤を迎えた?という
ところを疑問に感じますね。
よって今日も短めです。

INDとしてもミスの多いポールで攻めさせて本当にTOしたり、
確率の良いとは言えないヒバート一点張りのオフェンスで
他に打開策はなかったのかと思いますが、ボーゲルが
テクニカルを取られた時点でチーム的にもフラストレーションが
貯まっていたでしょうし、今のチームではそこから盛り返しはできないようです。

やはりベンチの薄さが気に成りますね。
第4Q頭もスターターが出ないといけない状態では
勝ち試合に持って行ける気が正直しないです。

IND 91 - 96 PHI 18587

Game 65 vs レイカーズ【NBA_Pacers】

2013年03月16日 17:37

今日はホームでレイカーズと対戦。

が、特に書く事はないですね。
LALも調子良いとは思えませんでしたが、INDも最初の
良い流れを活かせずにズルズルといってしましました。
第3Qに逆転し、第4Qも最後まで競りましたが、肝心な所で
ヒル以外の誰も点を決める事ができず終了。
試合を通してウエスト、ヒバート、ポールのシュートが
外れ過ぎました。

そして要所要所でLALの効果的な3PTが決まってしまいましたね。
連戦なので明日に響かないといいですが。

まだまだヒバートはドワイトには敵いませんね。

LAL 99 - 93 IND 18165


New