リベンジ:Game 64 vs ティンバーウルブズ【NBA_Pacers】

2013年03月14日 12:46

シーズン当初、ウルブズとの試合で試合終盤に同点に追いついたにも関わらず、
グリーンがバディンジャーを見逃してドフリーでレイアップを許して敗戦という
非常に情けない負け戦をしてしまったペイサーズ。

今日はそのリベンジをするべく、ミネソタの狼をホームに迎えました。
彼らは怪我人続出で、スティームズマがスターターという不本意な
布陣を組まなくてはならない状態ですが、INDとしては負けられない一戦でした。

ちなみに、ロイ57試合、バディンジャー56試合、ラブ44試合、ルビオ25試合
キリレンコ17試合、ペコビッチ14試合の欠場です。ほぼスターターですね。,,


前回のMIA戦に負けた後、ビデオミーティングを2時間行い、
ポールからは、現状を見直す良い敗戦となったというコメントがあったようですが、
気合いを入れ直したのか、タイラーが坊主頭に戻っていました。
やはりこちらの方が好きです。ランスもモヒカンに磨きがかかってきました。

さて、試合の方ですが、ヒバートがジャンプボールに勝ち、
最初のレイアップを決めると、ポールの3PT、ヒルの3PTとジャンパーで
10-0のランを成功させます。ポールが早々に2ファールとなりますが、
自らこのまま出るという意思表示をし、ルビオのマッチアップをやめました。

MINのシュートも決まりだし、8-12まで詰められると、
ウエストが決め、ポールの3PT、ディフェンスの成功から
ウエストのレイアップで8-19とします。

ヒバートのミドル即打ちという悪い選択も、ウエストがプットバックを決めて
尻をぬぐってあげます。序盤はシュートが好調でしたが、外しても
こういうプレイが出ていればリードを保つことができますね。
ランスもミドルを決めて、残り5分半の時点でスターターが全員得点。
シュベドのレイアップをヒバートがブロックするなど、素晴らしいスタートを
着ることができました。

しかし、ウエストも2ファールとなり、4分半で早くもタイラーが出てきます。
同じタイミングでポールとサムやんも交代しました。
MINも7/13と好調でしたが、INDは11/14と出来すぎでした。
そして時折見せるルビオのパスセンス。決める選手さえいればやはり
MINも強いチームだと思います。怪我人さえいなければ。

ヒバートがゴール下で力強いダンクを見せ、サムやんもゴール下から
レイアップを決めますが、その後、ミスが続き、25-29まで
詰められると、ヒバートがスティームズマからファールを引き出し、
FTを1本決めて、更にスティールからヒルの3PTミスを拾ったヒバートが
ダンクを決め、25-32。苦手ペコちゃんがいなければ好き放題できるようです。

しかし、タイラーもファールがかさみ、第1QでのFTの数が、
MIN:9/10に対し、IND:2/4と差が付いていました。
第1Qはサムやんの伝統芸能のポンプフェイクから外したリバウンドを
タイラーが押し込んで28-35で終了。
[リベンジ:Game 64 vs ティンバーウルブズ【NBA_Pacers】]の続きを読む

One more week 【NBA_Pacers】

2013年03月13日 15:30

膝の痛みが再発し、1週間程休んだダニー・グレンジャーですが、
更にMIN、LAL、@PHIの3試合は欠場と発表されました。

週末にもう一度チェックをするとのことです。

肉体的にも精神的にもリハビリ期間が必要だと感じた前回の復帰帰還。
プレイオフに調子を取り戻すには4月には復帰してもらいたいところですが、
どうなるでしょうかね。4月に戻った所で、どこまでできるようになるかは
不明です。

明日の対戦相手は今日、主力抜きとは言え、SASに快勝した
ウルブズです。リッキー・ルビオがトリプルダブルとのっています。
キリレンコとペコビッチはアウトの予定だそうですが、
前回の対戦では残り数秒からの手痛い敗戦をしている為、
遠慮せずに最初から飛ばしてもらいたいです。

怪我人続出【NBA】

2013年03月12日 11:03

最新情報ではありませんが、少し前から怪我人が
増え始めていて、既にシーズンアウトとなったプレイヤーも数人。
今日はそんな方々をチェック。

PHX マーチン・ゴータット 右足捻挫 3~4週間欠場(3/7)
NOH オースティン・リバース 右手骨折 4~6週間欠場(3/7)
CHA ラマン・セッションズ 左膝MCL捻挫 2~4週間欠場(3/7)
NYK アマレ・スタウダマイヤー 右膝の手術 6週間欠場(3/9)
CLE カイリー・アービング 左肩捻挫 3~4週間欠場(3/11)

アマレ以外はプレイオフから遠ざかっているので、次に見えるのは
来シーズンという可能性がありますが、アマレも6週間欠場して
プレイオフで復帰というのは体調を取り戻せるのでしょうかね。

NYKはメロやアマレがいなくても、起爆剤はいくらでもいるので
勝つ事はできるでしょうが、MIA相手には層の厚さで戦わないと
厳しいかもしれません。

また、CHIのデリック・ローズが医師の許可が下り、
day-to-dayとなった模様。しかし、ハムストリングの
不安がなくなるまでは、フルコンタクトの練習は再開しないという
コメントを出しているんだとか。

Game 63 @ ヒート【NBA_Pacers】

2013年03月11日 12:42

今日は今シーズン3度目にして最後の対戦、マイアミ・ヒートと
戦いました。昨年もこの日に同じカードだったのですね。

昨年は普通に試合内容を書きましたが、
今日はそんな気分にもなれず。
試合内容どうこうではなく、試合前から勝敗関係なく
結果のみにしておこうと思っていました。

ただ、MIAは強い。追いつけそうで追いつけない、
点差以上の負けでした。
オフェンス以上に彼らのディフェンスは脅威ですね。

今年は3試合しか組まれていないので、INDの勝ち越しが決定していたのは
今日知りましたが、まぁ、ここのレギュラーシーズンの
勝敗はさほど関係ないでしょうね。

1試合1試合なら、良い形で勝つ事もあるでしょうけど、
短期決戦で4戦を先に取れるか、というのはまた別問題です。

プレイオフまでにこの溝が埋まればいいのですが。。。

IND 91 - 105 MIA 20219

と、十分感想を書きましたが、時間が経つのは早いですね。
週末に多くの関連番組が放送されましたが、どれを見ても
辛いものでした。
[Game 63 @ ヒート【NBA_Pacers】]の続きを読む

Game 62 @ マジック【NBA_Pacers】

2013年03月09日 16:55

今日からフロリダ遠征。昨日はマイルズ・プラムリーと
オーランド・ジョンソンはユニバーサルスタジオに遊びに行ったとか。
昨年のプレイオフではディズニーランドに遊びに行った
ペイサーズの若手達ですが、こういう息抜きも良いですね。

さて、相手はオーランド・マジック。
前回の戦いではORLの3PT構成により、ぼこぼこにされ、
リングをくるくる回りながら入るボールに合わせて腰を
クネクネ回したグレン・デイビスへのお礼参りといきたいところでしたが、
当の本人は怪我で欠場でした。。。

また、ORLと言えば、最近トバイアス・ハリスが話題となっていますね。
MILでは使われなかったのに、ORLに行ってからブレイク。
今日はスターターとして登場しました。

レディックはいなくなりましたが、アフラロの3PTで始まると、
INDはヒバートで攻めて早速ファールを貰います。これを2本
決めますが、そのハリスも3PTを決め、2-6スタート。
ウエストが決め、スティールからのファストブレイクで
ヒルがプットバックを決めて6-6とすると、次のORLオフェンスも
TOでINDボールとなり、ウエストtoヒバートのアリウープが
決まって逆転。

その後、ファールを受けたアフラロがポールに突っかかり、
ダブルテクニカルを取られました。ダブルというのは納得いきませんね。

お互いにミスをした後、ヒルがタフレイアップを決めて10-6。
ウエストで攻め、噂のハリスを2ファールに追いやりますが、
ベンチには下がらず。逆にヒバートも2ファールとなり、こちらはベンチへ。

その後、元INDのアル・ハリントンが出てきます。
すっかりジャーニーマンとなった彼ですが、出て来てすぐに
プットバックを決めました。

マヒンミも早々に2ファールとなり、フロントコートの
ファールトラブルが心配となります。16-13の状態がしばらく続き、
更にINDは24秒バイオレーションを取られました。
残り2分を切り、ようやくヒルがミドルを決めて点が動くと、
ORLは3セカンドバイオレーションでオフェンスミス。
INDはオフェンスリバウンドからポールがミドルを決め、
ブーチェビッチもミドルを決めて20-15。
最後はINDのオフェンスリバウンドから、ブロックされても
拾い直してポールがレイアップで2点を追加。
ORLはシュートミスをして22-15で第1Qが終了しました。

第2Q、オーガスティンが3PTをミスしますが、またもや
オフェンスリバウンドを取り、オーガスティンのレイアップが
決まり(ゴールテンディング)24-15。

タイラーはレイアップとミドルを立て続けに決めますが、
この時間はORLも決めて28-19。
9分42秒にマヒンミが3つ目のファールを取られて、
早くもヒバートがコートに戻り、それに合わせてORLも
ブーチェビッチを戻してきました。

オーガスティンが3PTを決め、33-23。
6分半近くにはもう1本の3PTを決めて38-27としました。
この後、シューティングファールでは無いのに、何故か
3ポイントラインの確認をして2本のFTがネルソンに与えられました。
あれはどう見てもシュート前のファールでしたよ。

ヒバートのフックが決まった後、ブーチェビッチはオフェンスファール。
ランスが今日もタフレイアップを決め、42-29とリードを広げます。

更にタイラーが今日は好調で、オーガスティンも3本目の
3PTを決めてセカンドユニットで47-31と一気に突き放すことに成功。

INDの雑なオフェンスが続きますが、ORLは得点を加えることが出来ず。
リバウンドでハリスがよく目立ちました。ランスが何度も
レイアップに挑み、それが成功して49-31。

タイラーがもう一本決めて53-34。殆どがタフレイアップですが、
本当に良く決めました。結局このQ、ヒバートとランス以外の
スターターはプレイする必要がありませんでした。残り1分に
ポールが出てきましたが、特に出る必要も無かったと思います。

最後クリアパスでアフラロにFTを決められて53-38で前半終了。
[Game 62 @ マジック【NBA_Pacers】]の続きを読む

2人の成長株【NBA_Pacers】

2013年03月08日 11:16

ペイサーズの成長株と言えば、もちろんポール・ジョージなのですが、
それよりもピックアップした方が面白い選手が二人ほどいます。
なかなかメディアには取り上げられないでしょうし、注目する人は
いても、まだそれほどではないはず。

その二人とはランス・スティーブンソンと、オーランド・ジョンソン。
ルーキーのオーランドを成長株として扱うのはどうなのかは、さておき、
2巡目指名のこのコンビ、なかなか素晴らしいものを持っています。

まずはオーランドから。

オーランド・ジョンソン (Orlando Vincent Johnson)
1989年3月11日生まれ カリフォルニア出身の23歳
身長は6-5(196センチ)、体重は220(100キロ)
サンタバーバラ大出身
2012年ドラフト 36位指名でSACが指名後現金とのトレードでIND入り

個人的には「おにぎりくん」というニックネームを付けたいと思っていますが、
オーランドの母親は彼が1歳の時に殺人事件に遭い、他界しています。
祖母が面倒を見てくれましたが、その彼女も6歳の頃に亡くなり、
4人の家族を火災で失い、11歳の頃、もう一人の祖母も死亡。
絶望的な人生を歩んできました。しかし、二人の兄(何人家族だったんだろう)が
オーランドを大学に入れるまで面倒を見て、無事にNBA入りを果たしました。

ペイサーズに入団後、最初はプレイタイムを貰えず、Dリーグに行くことが
多かったのですが、ダニーの欠場とグリーンの不調により、お試し期間で
起用される事が増えました。
最初はディフェンスがイマイチに思えたのですが、出場時間が増えると
みるみる内に成長を見せ、ボールハンドリング、3PT、リバウンドと
2巡目としては当たりの部類に入るピックとなりました。

スター選手にはならないでしょうが、優秀なロールプレイヤーに
なれる可能性大です。なんでも、6-5という身長なのに6-11という
長いウイングスパンを持つ彼。リバウンドが強いはずですね。

また、最近は自ら3PTを打つ場面も多くなりましたが、当初は
セットオフェンスの中でフリーで打つ機会が多く、ボーゲルの
システムの理解度が高いと思われます。
もちろん、ディフェンスがよさそうと言っても、まだ若く、経験も
少ない彼はベテランの餌食になることでしょう。

現在のスタッツ
10.5min 3.5pts FG.429 3PT.463 FT.708 2.0reb 0.8ast

ダニーが復活するとプレイタイムは減りますが、シーズンが終わる頃には
今よりも上がっているかもしれません。
今では完全にグリーンよりも信頼されています。
---
ランス・スティーブンソン (Lance Stephenson, Jr.)
1990年9月5日生まれ ニューヨーク ブルックリン出身の22歳
身長は6-5、体重228(103キロ)
シンシナティ大出身
2010年ドラフト 40位指名でIND入り
[2人の成長株【NBA_Pacers】]の続きを読む

Game 61 vs セルティックス【NBA_Pacers】

2013年03月07日 12:49

今日はホームでボストン・セルティックスと対戦。
試合の前にダニーがまた1週間様子見の状態に変更されたことが
発表されていました。

余りにも酷い試合だったので適当に。

最大14点もリードしながら、第4Qに大崩れ。
6分半まで過ぎるまでオーガスティンのFT2点のみで11-2とやられ
69-70と1点差にされしまいます。

この後、ヒルの3PT、ヒバートのブロックからのファストブレイクで
ヒルのダンクが決まり、72-78とし、更にポールが3PTを決め、
4分36秒で72-81としました。

しかし、そこから1点も取れず、最後の2プレイは
グリーンに裏を付かれてレイアップと同じ事をされて
同点にされ、逆転で敗退。

勝つチャンスは大いにあったのに自ら取りこぼしました。
第4Qに入ってBOSのディフェンスが厳しくなったのは分かりますが、
3PTに頼りすぎ、最後もTO3回でシュートすら打てず。
情けないですね。

ただ、オーランドのKGへのブロックはノーファールでしたし、
ピアースが確実に出しているのにBOSボールとなったのは
納得いきませんでしたが。敗因とは言い難いですけどね。

終盤のシュートの決まらなさは異常でした。
ポールも3PTばかりでファールを貰うプレイができず。

ヒバートは第1Q、最高の出だしを切ったにも関わらず、
その後はパットしませんでした。ディフェンスでは
頑張っていたと思いますが、あのスタートを見せられたら
キャリアハイの得点を更新するくらいやってくれても
良かったと思います。
そうさせなかったBOSのディフェンスが凄かったということでしょう。

第3Qのランスも素晴らしかったですが、最後は何もできず。

やはりBOSは苦手なチームに変わりないようです。

BOS 83 - 81 IND 17833
[Game 61 vs セルティックス【NBA_Pacers】]の続きを読む


New