双子と兄弟:Game 74 vs サンズ【NBA_Pacers】

2013年03月31日 16:41

今日もロードでフェニックス・サンズと対戦。
両チームの共通点といえば、
マーキーフ&マーカス・モリスの双子と
タイラー&ベン・ハンズブローの兄弟が所属しているということですね。

出だし、PHXのシュートが好調でしたが、ペイサーズは
序盤の連続ミス以降決め始め、しがみついていくと、
残り5分半、ヒバートのレイアップで16-15と逆転に成功。
そのまま23-15までリードを広げ、最後は少し詰められましたが、
27-21で終了。

第2Q、第1Q同様FTミスが目立ちますが、リバウンドが
面白い様に転がり込んできます。しかし、決めきれないせいもあって
残り6分を切った所でダドリーに3PTを決められ38-33となります。

しかし、7連続ポイントのランスが今度はドライブからマヒンミへの
パスでダンクを演出。良い形でオフェンスに貢献しました。
その後44-41とまた詰められましたが、ランス、ヒバートが決め、
ヒルが3PT、そして最後にはブザービーターのフローターを決めて
57-49で前半を終えました。

このまま突き放したい所ですが、PHXも粘り、1点差にまで詰められますが、
辛うじて逃げます。ヒルの連続FTやウエストのレイアップ、
そして3分半にはポールの3PTが決まり78-69。その後最大11点差を付けます。

第4Qに入ると元INDのジャーメイン・オニールが活躍し始めます。
レイアップにFT、フックで6連続得点をすると、ドラギッチが
3PTを決めて88-85とされます。

ここからポールのジャンパーとスティールからの3PTで93-85としますが、
残り5分には再びドラギッチの3PTで97-94と3点差にされます。

このQのドラギッチとJOには好き勝手やられてしまいましたね。
ウエスト対マーキーフ・モリスもウエストの負けでした。

3分28秒、ポールが3ポイントでのファールを受け、これを3本決めて
102-98としますが、JOがインサイドでカウントを決め再び1点差。

ヒルがポストからフックを打ちますがミス。しかしウエストが
リバウンドを取り、同時にファールを貰います。このFTを
2本決めて104-101とすると、ダドリーがミスしたものの、
ウエストがポストでボールを失い、PHXボール。

JOがレイアップに来ましたが、ヒバートがこれをブロック。
更にシュートミスがあり、INDはファストブレイクでポールが
ファールを貰って2本のFTを決めて106-101。

両者ミスした後、ドラギッチにファストブレイクで走られましたが、
ランスがこれをスティール。ファールを貰い、FT1/2で107-101とし、
時間を使ったあと、ウエストがミドルを決めてとどめをさしました。

ウェス・ジョンソンが3PTを決め5点差になりましたが、
ドラギッチもファールアウトとなり、反撃もそこまででした。

なかなか突き放せずに、最後まで接戦となりましたが、
ロード4連戦を3連勝とは素晴らしいですね。

相変わらずタッカーのディフェンスは素晴らしく、序盤は
全体的にディフェンスに苦しめられましたが、第1Qはヒバートが、
第2Qはランスがチームを引っ張り上げてくれました。

良く攻め込んだのでFT数が46-19と大差がついています。
34本しか決められなかったので、ミスがもったいなかったですが、
試合を落とさずに済んでよかったです。

IND 112 - 104 PHX 17090
[双子と兄弟:Game 74 vs サンズ【NBA_Pacers】]の続きを読む

ダニー・グレンジャーが膝の手術の為シーズンエンド【NBA_Pacers】

2013年03月31日 03:56

今更ですが、DAL戦の前に発表されたダニー欠場のニュースです。
次の試合までには書こうと思っていましたが、遅れた理由は
ショックだったから、とかではないです。

まずは負傷の経緯を。

5月:プレイオフで左膝を負傷
9月:血小板治療(?)を開始
10月30日:無期限の欠場を発表
11月6日:左膝蓋腱治療の為の注射
2月23日:アウェイのDET戦で復帰(55試合に欠場)
3月3日:CHI戦の前半に8分出場。後半戻らず。
3月6日:MRI検査後、新たな負傷はないものの2週間の欠場を発表
3月28日:手術のため、シーズン終了

まず、手術どうこうよりも、「明日復帰するかも」と言われていた選手が
いきなり手術で欠場します、という経緯の方が不安です。
練習も詰んで来て、最終段階で「やっぱり手術します」っていうのは
どうも納得しにくいというか。
チームとダニー、医師の意思疎通がしっかりできていたのかが心配です。

で、今シーズン考えられたベストケースですが、
本来の調子のダニーが復帰してプレイオフに臨む形であったと思いますが、
ワーストケースについては2通りあったと思います。

1.ダニーが今シーズン戻ってこない。
 結果的にこれになりましたが、もう一つは、
2.戻ったけど本調子ではなく、逆にチームの良さが崩れる。

幸いにも、ダニーはシーズン当初から欠場していて、その状態で
今の順位まで上がる事に成功しました。健康な状態で戻るのであれば別ですが、
前回復帰時の様に中途半端で、周りが少し気を使ってしまうようなプレイでは
無理してプレイオフで出てくる必要はないと思いましたし、
層の薄さは気になりますが、流れを変えてしまう結果にならなかったのは
少なくとも悪い事ではなかったかと思います。

来年、どのようなロスターでシーズンが開幕するかは分かりません。
今のロスター+健康なダニーであれば、今年が勝負の年であったかもしれません。
来年以降はMIAに加え、ローズを加えた本調子のCHIや、NYK、BKNその他を
相手にしないといけない訳ですからね。

これまで、INDはダニーが戻ってくるものとして戦ってきましたが、
それがなくなったと分かって、プレイヤーのモチベーションが心配でしたが、
勢いづいてきたDAL相手にポールを中心として見事に快勝しました。
この1試合が全てではありませんが、もうやるしかないですからね。

ウエストの怪我をタイラーが埋めた様に、全員でダニーの欠場を
カバーしなくてはいけません。
2巡目指名のオーランドに取ってはこれ以上ないチャンスでしょう。
ポールもそうですが、彼もまたダニーが欠場していなければ、
今の彼は無かったでしょうしね。

若手にチャンスを与えられると前向きに考えるしかありません。

ヒルも「欠場判明のタイミングが今で良かった」と言っています。
まだプレイオフまで時間がある為、ダニーがいない場合の準備が
できるという事ですね。
戦力として計算していて、それが直前でなくなるよりも
確かに良かったです。
[ダニー・グレンジャーが膝の手術の為シーズンエンド【NBA_Pacers】]の続きを読む

Game 73 @ マーベリックス【NBA_Pacers】

2013年03月29日 13:16

テキサス2連戦の2日目はダラス・マーベリックスと対戦。

第1Q、良い流れでペースを掴みはじめましたが、DALはノビツキーが
復調し、追い上げてきます。それ以外のメンバーがあまり伸びず、
INDは再びリードを広げようとしますが、今度はビンス・カーターが
決めはじめ、結局23-18で終了。

第2Q、ポールとタイラーが決め、27-18としますが、
元INDのダレン・コリソンに連続してFTを決められるなど、
徐々に詰められ、ランスのファストブレイクミスからDCの
3PTで34-33と1点差にされると、ランスが3PTをミスし、
ビンスのシュートが決まって逆転されてしまいます。

DALが主導権を握りはじめましたが、最後のセットプレイで
ランスがタフレイアップを決めて41-41で終了。

第3Q、両者ミスをした後、ヒルが3PTを決めて44-41。
ノビツキーのFTを1本決められますが、ウエストのジャンパーや
ポールのシュート等で51-42までリードを広げると、
メイヨとノビツキーにも2点ずつ決められますが、ヒバートが
リバースレイアップとフックでお返しし、ポールの見事な
フィンガーロールレイアップ2本で59-46とします。

ヒルのスティールからマヒンミの凱旋ダンクや、
ポールの3PTなどでこのQだけで34-17とダブルスコアで
75-58で終了。ポールが13ptsと爆発しました。

第4Q、DALの9-2のランで77-67まで詰められますが、
6-2のランでお返しし、83-69。6分49秒からは
ヒバートが4連続でファールを貰い、FTを6/8で決めて
89-71になりました。

その後、DALのメンバーは得点を決める事ができず、
残り7分から残り2分まで無得点で14-0のランとなりました。
主力を下げた後は点が動きましたが、勝利を脅かすものではなく、
ロードトリップを2連勝で残り2試合です。

この試合、DALが勝つと勝率5割に戻り、ノビツキーの髭を剃れるという
条件があったそうですが、INDはこの試合には負けられない訳がありました。

試合前に発表された突然のニュース、ダニーが膝の手術で
シーズンエンドとなってしまったのです。
これまでは、彼が戻る事を信じてプレイしてきたメンバーですが、
その望みは0となりました。モチベーションが心配されましたが、
今日の様にチーム一丸となって勝利することで、再度結束を強めたい所でした。

前半はもたついたものの、後半にその強さを発揮し、
好調となっていたDALをディフェンスで封じ込めることに成功。
昨年の30点ゲームに続き、ポールがダラスで活躍を見せました。

この日から復帰のウエストはまだ本調子とはいきませんでしたが、
タイラーが好調をキープ。昨日に続いて、らしからぬカウントを
見せました。

IND 103 - 78 DAL 20037
[Game 73 @ マーベリックス【NBA_Pacers】]の続きを読む

矛盾対決:Game 72 @ ロケッツ【NBA_Pacers】

2013年03月28日 12:41

今シーズンリーグ1の攻撃力(106.4pts)を持つヒューストン・ロケッツと
リーグ1の守備力(89.6pts)のペイサーズとの対戦。
ホームに強いHOUとロードに弱いINDという対決でもありました。

この試合から、ヒルとランスが復帰し、明日のDAL戦には
ダニーとウエストも復帰するのではという噂があります。

第1Q、10-2のランが成功し、オフェンスで勢いにのると、
ディフェンスもなかなか素晴らしく、一時25-9と圧倒します。
特に残り5分前後の3連続スティールをすべて得点に繋げたのは
良かったですね。

第1Qを35-19としましたが、HOUは外していたシュートを
決めはじめ、ベンチタイムで少し点を縮められますが
オーランドのback-to-back 3pointで48-29。

しかし、ビバリーの3PTから9-0のランを食らい、50-42と
一桁リードに変わってしまいました。最後はランスのカウントが
決まり、58-49で前半終了。

第3Q、最初はリードをキープしますが、2連続TOから失点が続き
68-64となります。早くも崩れるかと思いましたが、ランスが3PTを決め、
その後もジャンパー、そしてタイラーのレイアップで75-65と
落ち着くことができました。

ポールの3PTにはハーデンの3PTをお返しされましたが、
残り1分半にヒバートが21点目となるフックを決めて82-71。

第4Q、5点を取られ、また6点差になりますが、オーガスティンの
ドライブからペンディのダンクで84-76。両者ミスが続いた後、
髭の3ポイントプレイが決まり、84-79とまた攻められますが、
HOUはここからミスが続き、タイラーとヒバートがFTを2本ずつ
しっかり決め、6分14秒にヒバートのフックが決まって90-79。

大量リードにはならないものの、しっかりとリードを保つことが出来ました。

4分半にはヒバートの連続ブロックから、ファストブレイクでランスの
レイアップ。ハーデンやリンが3PTを決めて来ますが、ポールも3PTを決め、
寄せ付けず。終盤はじっくりと時間を使い、危なげない勝利を収めました。

危なげない、ことは無かったですね。最大19点リードを
危うく食いつぶす所でした。しかし、ヒバートが絶好調だったのに加え、
リンとハーデンの機動力を活かしたオフェンスには苦労しましたが、
全体的によくディフェンスが出来ていたと思います。

ディフェンスチームのINDが100点を取り、オフェンスチームのHOUを
91点、FG39%に抑えたのは素晴らしいです。ウエスト抜きですからね。

ただ、プレイタイムが伸びてしまったので、連戦となる明日のDAL戦は
ちょっと厳しいかもしれません。シーズン当初はもたついたDALですが、
最近は持ち直してきて、プレイオフの可能性もあるとのことです。

ウエスト対ノビツキーのPF対決も楽しみですが、
やはりインサイドで主導権を握りたいですね。
ポールは今日4/17でしたが、ヒバートの11/17に助けられました。

IND 100 - 91 HOU 18134

HOU
 リンよりもビバリーの方が嫌らしいプレイをしてきた
 4番と41番のリバウンドが強い
 序盤のオフェンス不調の中、パーソンズはしっかりと点を取ってきた
[矛盾対決:Game 72 @ ロケッツ【NBA_Pacers】]の続きを読む

ペイサーズの怪我人情報【NBA_Pacers】

2013年03月27日 11:29

急に怪我人が続出のペイサーズ。
デイビッド・ウエストは腰を痛め、ここまで5試合連続欠場。

前のATL戦からはジョージ・ヒル(足の付け根)と
ランス・スティーブンソン(股関節の痛み)が追加。
そして、前から欠場しているダニー・グレンジャー(膝)と
4人の主力がいなくなってしまいました。

フランク・ボーゲルによると、ヒルの怪我はランスよりも重いようです。

HOU戦には恐らくランスは出場、他2人は次戦以降に
復帰予定みたいです。

そして、同じ様なタイミングでダニーの復帰についてもコメント。
このトリップ中のどこかで出すかもしれないそうです。
既に練習にもフル参加しているというダニー。
今度はシュートタッチを戻してから復帰できるでしょうか。

復帰順はランス→ヒル→ウエスト→ダニーという感じでしょうかね。
ヒルとウエストは今日の練習には参加していないとのことです。
ランスとウエストでこの程度のドリルは行っていたそうですが。→動画


また、ポール・ジョージも左手の小指を突き指しているそうですが、
こちらはテーピングで処置。シュートとは関係ない手ですが、
彼もドリブルを多用するため、少し不安が残ります。
---
ヒルの穴をオーガスティンが埋めることはできませんでしたが、
ここまでウエストのカバーはタイラーが、ランスの穴はグリーンが、
繰り上がりでスターターに入った2人の代わりにペンディとオーランドが
ステップアップしてみせました。

健康になって戻ってくるまで、これが続くといいですね。

入りゃいいんだよ:Game 71 vs ホークス【NBA_Pacers】

2013年03月26日 13:15

ウエストの腰に続き、ランスが股関節、ヒルが足の付け根の負傷で
スターター3人が欠場となった今日のアトランタ・ホークス戦。
ただでさえ苦手な相手で、スターターからすでにセカンドユニットみたいな
布陣で戦う前から諦めてしましたが、ATLはヒバートが苦手はザザ・パチュリアが
欠場。唯一攻められるのはここという感じがしました。

オーガスティン、グリーン、ポール、タイラー、ヒバートというスタートで
試合が始まってみると、開始5分でスターター全員が得点を決め、
ヒバートも良い形で試合に入りました。最初はリードを奪いながらも
後半にかけて追いつかれ、コーバーの4ポイントプレイで26-22とされますが、
直後にオーランド・ジョンソンも4ポイントプレイをお返しで26-26で終了。
珍しい事があるものです。

第2Qはペンディことジェフ・ペンダーグラフとオーランドが
予想外の活躍を見せ、ペンディは3PTまで決めて見せます。
途中、11-0のランもあり、43-58で前半が終わりました。

第3Q、外してもタイラーとヒバートがリバウンドを取り続け、
オフェンスを続けます。グリーンのタフなアリウープレイアップや、
ヒバートのスティールからのポールの3PTが決まって48-72。
が、この時、ヒバートの足はラインの外に出ていましたね。。。
続くアンソニー・トリバーも3PTを決めたのですが、そこでは
ラインクロスをしっかりと取っていました。ATLとしては
納得いかないでしょうね。。。

最大28点差を付けますが、最後はヒバートのレイアップで
63-85の22点リードで第3Q終了。

楽勝モードかと思いましたが、第4Qで大崩れします。
13-2のランで76-87となり、ジワジワ攻められます。
残り5分34秒でオーガスティンが3PTを決め、79-92と
一旦落ち着くかと思いましたが、INDはパスミスにシュートミスが
続き、残り1分には90-94と4点差まで詰められてしまいました。

28点が4点・・・
ディフェンスに苦しみ、タイラーの3PTというオフェンスを強いられ、
ミス、ATLがリバウンドを取って攻め上がりますが、ここでオーガスティンが
スティール。残り38秒で4点リード。

通常であればボールキープが最善策かと思いますが、フリーになっていた
グリーンにパスを出し、時間を使わずに3PTを放ちました。
愚策中の愚策でしたが、なんと、グリーンはこれを決めてしまいます。

残り34秒で90-97。結果的にこのポイントが勝敗を分けました。

が、ダメですよね。これは。残り38秒からだいたい20秒使って
残り20秒以下にさせるほうが良いと思いました。

決まったから良いのですが、外れていたら相手にチャンスを多く与えるだけですし、
時間を使ったあとに決めれば一番良い訳ですからね。
フリーでダンクができるならともかく、3PTを狙うシーンではありませんでした。

ボーゲルも「悪いショットではなかったよ。決まったからね。」と
結果論でしかコメントできていませんし、グリーン自身も
「疑問の残るショットだった。決まって良かったよ。」と
一応ミスは認めています。

大量リードから詰められて、ギャンブルというのでは
プレイオフを勝ち抜くのは厳しいかと思われます。
ベストメンバーではない中で、良いゲームをしましたが、
第4Qの崩れっぷりはCHI戦と全く同じでした。

続くATLのオフェンスですが、結果的に決められますが、
一度はヒバートがブロックで時間を使わせました。
何とか勝利しましたが、褒めにくい内容でしたね。

ただ、今日の勝ち自体は非常に大きいです。
プレイオフでATLと当たっても大丈夫(かもしれない)という
自信は作れたかもしれません。

ATL 94 - 100 IND 14336
[入りゃいいんだよ:Game 71 vs ホークス【NBA_Pacers】]の続きを読む

Game 70 @ ブルズ【NBA_Pacers】

2013年03月24日 23:59

今日はシーズンスイープを狙ったシカゴ・ブルズ戦でした。
アウェイなので、例のごとくオープニングで赤牛軍団にバスを
ぶっ壊されて試合開始。

ペイサーズはウエストが4試合連続で欠場、CHIも
ノアが欠場となり、これがどちらに影響するかが気がかりでしたが、
第3Q終盤と第4Q以外は頑張っていたと思います。

で、一番まずかったのが、第3Qの最後でしたね。
ネイトのフレグラント退場の後、ポールが3PTミス、
ディフェンス崩壊でクックにブザービーターレイアップを決められ
67-68と逆転されてしまいました。
ここの二つのミスが最後まで響いたと思います。

第4Qスタートにもたつき、あっさりと9点ビハインドになり、
一気に敗戦ムードへ。それでもヒルが3PTと4ポイントプレイで
3点差に追いつき、ハインリックが最後のレイアップをミス。

最後にオーバータイムにするチャンスを得ましたが、ポールがフリーの
3PTをミス。良いセットだったと思います。弾いたボールを
自ら拾ってもう一回打ちましたがこれもミス。

結果的にネイトの退場でCHIが勢いづいてしまいましたが、
最後勝負できる所まで持って行けたのは唯一よかった所ですかね。
最後当たってたヒルが打った方が良かったのかもしれませんが、
ポールがこういう経験を詰んで行くのも大切でしょう。

こういうのを決めてこそ、スター選手と認められていくものです。
オールスターに出るだけでは足りません。良い勉強になりましたね。

ウエストがいれば、、、と思いますが、それをいうと、CHIは
ローズにノア、そしてRIPもいなくて、総力戦みたいな感じになっています。
そういう状態でも勝てるチームというのは素晴らしいですね。
ぜひそうなってもらいたいです。

IND 84 - 87 CHI 22494

TOは7と非常に少なかったですが、FGが4割を切っていては勝てませんね。
そしてノアがいないのにリバウンドで負けてはいけません。
このタイミングでタイラーのブレークもストップ。
ここまでが出来過ぎでしたね。


New