Game 58 vs クリッパーズ【NBA_Pacers】

2013年03月01日 14:46

このチームがドアマットだった時代はどこへやら。
今や西の上位に君臨するロサンゼルス・クリッパーズと対戦しました。

ペイサーズは自業自得の乱闘により、ディフェンスの要
ロイ・ヒバートが欠場。大敗覚悟の一線となりました。

両チームともにここ6試合で5勝1敗。
LACは106.8得点 96.8失点 差10.0
INDは103.7得点 84.7失点 差19.0
と両チーム共に好調をキープしての対戦です。

今日は箇条書きで済ませます。

1.第1Q9、第2Q6の前半15TOが勿体なかった。
 インバウンドを2連続スティールされる等、酷いものもありました。
 前半のFGはLAC:46.8%、IND:52.9%だったので、ミスさえしなければ
 リードをできていた可能性が大きいです。

2.ダニー・グレンジャーの復活の兆しが見えた。
 あくまでもシュートタッチに関してですが。
 プレイタイム制限の為、まだ試合終盤には出ることができません。

3.デイビッド・ウエストの前半終了間際のブザービーター3PT。
 これにより。49-47の2点ビハインドで前半が終わりました。
 しかし、ウエストは試合を通してシュートが不調。
 GSW戦のウエストだったら勝てたかもしれません。

4.第4Q残り7分でこのゲーム最大得点さの17点ビハインド。
 89-72となり、ガベージタイム突入寸前でした。
 しかし、ここからポールとヒルの2連続3PT、ランスの
 ファストブレイクレイアップにポールの3PTで11-0のランを演出。
 残り3分52秒で91-85としました。

 その後、4点差にまではできますが、クリス・ポールがフェイダウェイに
 レイアップと外さず。INDも点を重ねたい所でしたが、
 ウエストがシュートにいかずに、細かいパスを狙ってTO。
 
 この後、もう一度4点差にしますが、CP3のフィンガーロールでまた6点差。
 ヒルがFTを得ますが、2本ともミスでどうにもならず。
 クロージングの出来の違いを見せつけられてゲームセット。

5.ヒバートがいない割にリバウンドは頑張ったものの、もしいたら
 LACのオフェンスリバウンドを減らせていたかもしれない。
 終盤のCP3のドライブに関してはヒバートがいてもいなくても
 決めていたでしょう。

6.マット・バーンズの天山チョップ
 反応しなかったウエストは偉いです。

7.デアンドレ・ジョーダンが鼻血で9分しか出場せず。
 マヒンミの腕が当たったようです。すまぬ。

ヒバートが欠場していなければ、と思うところはありますが、
敗因は別の所ですね。ウエストの不調、チーム全体としてのミスの多さ。

現状どう考えてもLACの方がチーム力は上だったでしょうし、
今日の状況で終盤の追い上げが出来たのは良かったと思います。

クリス・ポール
「ペイサーズのプレイを何度もビデオで見てきた。D-ウエストは自分の
 兄弟だ。彼らは最近とても強く、特にホームではそれが特に顕著だ。
 だから、今日の勝利は我々にとっても素晴らしい。
 我々はサンアントニオやマイアミのようなトップチームの
 仲間入りしつつあると思うよ。」

次は@TOR、CHI(NHK BS生放送あり)、BOSと負けられない相手が
続きますので、ここで負けを引き摺らなければいいですね。

LAC 99 - 91 IND 18165
[Game 58 vs クリッパーズ【NBA_Pacers】]の続きを読む


New