2人の成長株【NBA_Pacers】

2013年03月08日 11:16

ペイサーズの成長株と言えば、もちろんポール・ジョージなのですが、
それよりもピックアップした方が面白い選手が二人ほどいます。
なかなかメディアには取り上げられないでしょうし、注目する人は
いても、まだそれほどではないはず。

その二人とはランス・スティーブンソンと、オーランド・ジョンソン。
ルーキーのオーランドを成長株として扱うのはどうなのかは、さておき、
2巡目指名のこのコンビ、なかなか素晴らしいものを持っています。

まずはオーランドから。

オーランド・ジョンソン (Orlando Vincent Johnson)
1989年3月11日生まれ カリフォルニア出身の23歳
身長は6-5(196センチ)、体重は220(100キロ)
サンタバーバラ大出身
2012年ドラフト 36位指名でSACが指名後現金とのトレードでIND入り

個人的には「おにぎりくん」というニックネームを付けたいと思っていますが、
オーランドの母親は彼が1歳の時に殺人事件に遭い、他界しています。
祖母が面倒を見てくれましたが、その彼女も6歳の頃に亡くなり、
4人の家族を火災で失い、11歳の頃、もう一人の祖母も死亡。
絶望的な人生を歩んできました。しかし、二人の兄(何人家族だったんだろう)が
オーランドを大学に入れるまで面倒を見て、無事にNBA入りを果たしました。

ペイサーズに入団後、最初はプレイタイムを貰えず、Dリーグに行くことが
多かったのですが、ダニーの欠場とグリーンの不調により、お試し期間で
起用される事が増えました。
最初はディフェンスがイマイチに思えたのですが、出場時間が増えると
みるみる内に成長を見せ、ボールハンドリング、3PT、リバウンドと
2巡目としては当たりの部類に入るピックとなりました。

スター選手にはならないでしょうが、優秀なロールプレイヤーに
なれる可能性大です。なんでも、6-5という身長なのに6-11という
長いウイングスパンを持つ彼。リバウンドが強いはずですね。

また、最近は自ら3PTを打つ場面も多くなりましたが、当初は
セットオフェンスの中でフリーで打つ機会が多く、ボーゲルの
システムの理解度が高いと思われます。
もちろん、ディフェンスがよさそうと言っても、まだ若く、経験も
少ない彼はベテランの餌食になることでしょう。

現在のスタッツ
10.5min 3.5pts FG.429 3PT.463 FT.708 2.0reb 0.8ast

ダニーが復活するとプレイタイムは減りますが、シーズンが終わる頃には
今よりも上がっているかもしれません。
今では完全にグリーンよりも信頼されています。
---
ランス・スティーブンソン (Lance Stephenson, Jr.)
1990年9月5日生まれ ニューヨーク ブルックリン出身の22歳
身長は6-5、体重228(103キロ)
シンシナティ大出身
2010年ドラフト 40位指名でIND入り
[2人の成長株【NBA_Pacers】]の続きを読む


New