Game 62 @ マジック【NBA_Pacers】

2013年03月09日 16:55

今日からフロリダ遠征。昨日はマイルズ・プラムリーと
オーランド・ジョンソンはユニバーサルスタジオに遊びに行ったとか。
昨年のプレイオフではディズニーランドに遊びに行った
ペイサーズの若手達ですが、こういう息抜きも良いですね。

さて、相手はオーランド・マジック。
前回の戦いではORLの3PT構成により、ぼこぼこにされ、
リングをくるくる回りながら入るボールに合わせて腰を
クネクネ回したグレン・デイビスへのお礼参りといきたいところでしたが、
当の本人は怪我で欠場でした。。。

また、ORLと言えば、最近トバイアス・ハリスが話題となっていますね。
MILでは使われなかったのに、ORLに行ってからブレイク。
今日はスターターとして登場しました。

レディックはいなくなりましたが、アフラロの3PTで始まると、
INDはヒバートで攻めて早速ファールを貰います。これを2本
決めますが、そのハリスも3PTを決め、2-6スタート。
ウエストが決め、スティールからのファストブレイクで
ヒルがプットバックを決めて6-6とすると、次のORLオフェンスも
TOでINDボールとなり、ウエストtoヒバートのアリウープが
決まって逆転。

その後、ファールを受けたアフラロがポールに突っかかり、
ダブルテクニカルを取られました。ダブルというのは納得いきませんね。

お互いにミスをした後、ヒルがタフレイアップを決めて10-6。
ウエストで攻め、噂のハリスを2ファールに追いやりますが、
ベンチには下がらず。逆にヒバートも2ファールとなり、こちらはベンチへ。

その後、元INDのアル・ハリントンが出てきます。
すっかりジャーニーマンとなった彼ですが、出て来てすぐに
プットバックを決めました。

マヒンミも早々に2ファールとなり、フロントコートの
ファールトラブルが心配となります。16-13の状態がしばらく続き、
更にINDは24秒バイオレーションを取られました。
残り2分を切り、ようやくヒルがミドルを決めて点が動くと、
ORLは3セカンドバイオレーションでオフェンスミス。
INDはオフェンスリバウンドからポールがミドルを決め、
ブーチェビッチもミドルを決めて20-15。
最後はINDのオフェンスリバウンドから、ブロックされても
拾い直してポールがレイアップで2点を追加。
ORLはシュートミスをして22-15で第1Qが終了しました。

第2Q、オーガスティンが3PTをミスしますが、またもや
オフェンスリバウンドを取り、オーガスティンのレイアップが
決まり(ゴールテンディング)24-15。

タイラーはレイアップとミドルを立て続けに決めますが、
この時間はORLも決めて28-19。
9分42秒にマヒンミが3つ目のファールを取られて、
早くもヒバートがコートに戻り、それに合わせてORLも
ブーチェビッチを戻してきました。

オーガスティンが3PTを決め、33-23。
6分半近くにはもう1本の3PTを決めて38-27としました。
この後、シューティングファールでは無いのに、何故か
3ポイントラインの確認をして2本のFTがネルソンに与えられました。
あれはどう見てもシュート前のファールでしたよ。

ヒバートのフックが決まった後、ブーチェビッチはオフェンスファール。
ランスが今日もタフレイアップを決め、42-29とリードを広げます。

更にタイラーが今日は好調で、オーガスティンも3本目の
3PTを決めてセカンドユニットで47-31と一気に突き放すことに成功。

INDの雑なオフェンスが続きますが、ORLは得点を加えることが出来ず。
リバウンドでハリスがよく目立ちました。ランスが何度も
レイアップに挑み、それが成功して49-31。

タイラーがもう一本決めて53-34。殆どがタフレイアップですが、
本当に良く決めました。結局このQ、ヒバートとランス以外の
スターターはプレイする必要がありませんでした。残り1分に
ポールが出てきましたが、特に出る必要も無かったと思います。

最後クリアパスでアフラロにFTを決められて53-38で前半終了。
[Game 62 @ マジック【NBA_Pacers】]の続きを読む


New